近年は晩婚化によって40代での妊娠や出産を希望する夫婦が増えています。

しかし、女性の40代というのは初期の更年期に該当し、女性生殖器は活動しているので妊娠も可能です。
妊活をしている夫婦であれば、生理のサイクルが乱れて、悪心(気分障害)や吐き気を催すようになると妊娠したと期待を持ちたくなりますが、更年期障害でも同様の症状を起こすことは珍しくありません
これは妊娠も更年期障害もホルモンバランスの異常からくる自律神経視聴状態からくるものだからです。
今回は更年期頃に起こる吐き気がつわりなのか更年期障害なのか、判断に困った場合はどう対処すると良いのかについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


40代からの吐き気、これは更年期障害?それともつわり?

吐き気を堪える女性

つわり」とは妊娠初期に起こる気分障害や吐き気、嘔吐、食欲不振などのことです。近年は高齢化や晩婚化という社会的な背景もあり、40代でも妊娠出産を希望する夫婦の割合が増えています。
しかし、40代といえば閉経に向けてホルモンバランスの乱れから生理周期も不安定になり、その影響でつわりとよく似た症状を起こすことは以外と知られていません。
40代近くになって妊活をしている人であれば一瞬つわりかと思い喜んでいたら実は「更年期障害」だったということもあるので、まずは婦人科でホルモンの状態を検査してもらいつわりなのか更年期障害なのかを医学的に判断してもらうようにしましょう。
特に40歳以降の妊娠は母体へのリスクも高いので、妊活する際は婦人科のドクターと相談の上で行うことをお勧めします。(妊活のための検査費用や不妊治療は基本的に保険証の使えない自由診療になります)
ところでどうして妊娠時のつわりと更年期障害では同じ様な症状を起こすのでしょうか?そこには意外な共通点があるので説明していきたいと思います。

妊娠のメカニズム

人が最も妊娠に適しているのは男女共20代と言われていますが、これは男女共に性ホルモンのバランスが一番安定しているからです。妊娠とは受精した卵子が子宮に着床して細胞分裂を起こし、胎児になることです。

受精する前は卵巣で作られている二種類の女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)はそれぞれ生理周期に合わせた働きをしますが、受精をすると卵胞ホルモン(主にエストロゲン)は妊娠中に胎児を守り育てるために、黄体ホルモンは出産後に授乳を行うための準備を行うために性ホルモン自体の性質と分泌量が変化します。
この過程でホルモンバランスが一時的に崩れ、特にエストロゲンの「分泌過多」が起こるのですが、そのほとんどが胎児を育むために使われていくため、他の用途に回す分が不足し、自律神経のうちエストロゲンによって活性化する副交感神経の働きが鈍り、自律神経失調状態になります。
つわりが起こるのも脳幹(自律神経をコントロールしている箇所)に回るエストロゲンの量が不安定になることで発生する自律神経失調状態とエストロゲンが本来持っている消化器を制御する役割が鈍るからです。

更年期障害のメカニズム

ウィンクする白衣男性

一方の更年期障害とは更年期になると発生する体調不良の総称です。いろいろな症状がありますが、つわり同様、悪心、吐き気、嘔吐、食欲不振なども起こりやすくなります。
医学的な更年期とは「閉経をはさんだ前後5年間の計10年間」と定義されています。平均的な閉経は50歳頃になりますので一般的な更年期とは45歳頃から55歳頃までとなります。
そして閉経というのは連続して12ヶ月以上生理がこない状態であり、これを持って女性は妊娠のできない体つきになります。したがって閉経前の5年間では女性器官の働きが緩やかに鈍くなっていきます。
特に卵巣は更年期障害と深い関わりのある臓器であり卵巣機能の低下によってエストロゲンの量が減ると、副交感神経の鈍化がおこります。
この神経は心身の修復やメンテナンスを行う重要な中枢神経なので、不活性化するとさまざまな不具合が起こることになります。
主な症状には
  • ホットフラッシュ
  • 生理不順
  • 不正出血(生理以外に出血が認められること)
  • 不定愁訴(イライラしたり、怒りっぽくなること)
  • 悪心(気持ち悪くなること)、嘔吐、吐き気、腹痛などの消化器症状
  • 肩こり
  • 頭痛
など全身性の症状を起こしやすくなります。
つわりと共通しているのは「自律神経失調状態」であるということです。特に更年期障害の初期ではつわりのような症状が起こりやすいので40代付近で妊活をしている人は混同しやすくなります。

更年期の妊娠リスク

上記のように妊娠や更年期はホルモンバランスが崩れることで自律神経にとってはとてもストレスフルな状態であり、副交換神経は胃腸機能を制御する作用もあるので、ストレスの影響を受けやすい胃や腸に症状が起こりやすくなるのです。
また、更年期は女性器官全体の機能低下を起こすため、妊娠しにくかったり流産を起こすリスクが高まるので、高齢出産を希望する場合は婦人科のドクターとよく相談の上計画的な妊活を行うようにします。

突然の吐き気に見舞われた時の対処法について

もし、突然吐き気に見舞われたらできるだけ安静を心がけて早めに婦人科を受診するようにしてください。妊活中ならば更年期障害と妊娠の識別診断が必要になります。

そして妊娠以外にも40代以降に起こしやすい胃腸障害が神経性の胃腸炎です。
これは年齢的にも相続問題や子供の自立、夫の転勤や単身赴任、親の介護問題などのライフイベントが重なりやすく精神的なストレスが増すことが原因で起こります。
妊娠と更年期障害、そして神経性胃炎とは症状が似ていますが、治療法が異なるためきちんとした区別が必要なのです。
加えて20代後半からは女性ホルモンの分泌量が次第に低下し、更年期になると急激に低下するという特徴があるので、普段から心がけることとしてはエストロゲンとよく似た働きをするフィトエストロゲン(代表的なものが大豆イソフラボン)と呼ばれる成分を多く含んだ大豆加工食品を意識して食べる様にして、少ないエストロゲンでも自律神経の切り替えがスムーズに行われるように規則正しい生活を心がけ、ストレス解消やリラクゼーションも実践する様にしてください。
具体的にはスポーツで汗を流したり、趣味を楽しむ、旅行に行ってリフレッシュするなどです。
妊娠した時も安定期に入ったら安静よりもストレスケアを心がけるようにすることが重要です。

まとめ

「つわり」と「更年期障害」で起こる消化器症状とは非常によく似ていて、一見すると区別がつきません。近年は晩婚化によって更年期でも完全閉経する前なら妊娠を希望する人も多く、40代で妊活を行う人も増加している傾向にあります。

しかし、妊娠は新しい命を授かることであり更年期障害は病気ですので対処の仕方が全く異なります。さらにライフイベントが重なる40代〜50代はストレスから神経性の胃腸炎をおこしやすいので、似た様な症状でもしっかりと検査した上で区別し、適切な治療を受ける必要性があります。
もし、更年期で妊活をしている時に突然吐き気に襲われたら自己判断せずに婦人科を受診してまずは検査を受けることが重要です。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います