母親が40代半ばから50代を迎える息子、娘さんは、母親が精神的に不安定でいつもイライラしている、常に攻撃的な口調で、子供に八つ当たりする、顔を合わせればうるさく文句ばかり言ってくるなど、このような母親の言動に対して「うるさい」と感じ悩んでいる方が多いようです。
毎日うるさく言ってくる母親にうんざりし、逃げ出してしまいたくなるほどお悩みの子供からの相談は後を絶ちません。母親が愚痴を言うようになったり、口うるさくなるのには、50代にかけて迎える更年期障害が関係しているかもしれません。
もちろん症状には個人差がありますが、更年期障害が考えられる場合には、お互いが衝突するのではなく上手に対応することが大切です。
そこで、今回はうるさいと感じる母親の言動と更年期障害との関係を取り上げ、対策方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


更年期に親をうるさいと感じてしまう理由

耳をふさぐ女性

女性は、50代中ば頃に迎える閉経に向けて、女性ホルモンが減少していきます。この女性ホルモンの変化によっておこる様々な不調を更年期障害と呼びます。
うるさいと感じてしまう母親がもし更年期障害を感じる更年期世代だとしたら、母親がイライラしたり怒りっぽくなる原因として更年期障害が考えられます。
更年期障害によってあらわれる症状は非常に様々で、症状の軽重も人によって異なります。
更年期障害の症状には、疲れやすくなった、思うように物事が進まない、ほてり、めまい、頭痛、腹痛、眠れない、イライラする、うつ症状などが主にあり、これらの症状が引き金になり、母親が子供に八つ当たりしてしまう、口うるさく言ってしまうというケースが起こりやすくなります。
母親自身が自分の言動に違和感を感じ、更年期障害を疑っている場合はいいのですが、全く気付いていないパターンもあります。
うるさいと感じる母親との関係を解決させるには、まず母親に更年期障害を自覚してもらうことが先決です。しかし、子供が母親が更年期障害ではないかと疑問を抱き、母親に直接伝えようと試みても逆に怒られてしまったり、病院にかかることをかたくなに拒否するケースも少なくはありません。
そのような場合には、母親の身近な人で、更年期障害の経験者がいれば協力してもらう、同居が耐えられないのなら家を出て独立するなどの対策が考えられます。

まとめ

母親がもし更年期障害なら、きっと苦しい時期なのではないでしょうか。仮に母親が更年期障害を自覚していても、周囲への八つ当たりやイライラをコントロールすることが非常に困難で、母親自身も悩んでいる可能性もあります。

私は更年期障害です、と自ら周囲にアピールするケースはごく稀で、母親一人で抱え込むことが多くなります。出来れば、あなたから心配しているよと、寄り添うことで母親を治療に前向きにさせたり、何らかの対策をしようと改善に向けて自ら動き出すきっかけになるかもしれませんね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います