髪をシャンプーしている時に、手についた抜け毛の量にびっくり、また室内に落ちている自分の髪の毛が抜けた後を目にして先々を不安に思う、このような薄毛や抜け毛が気になるというシーンは、更年期障害が近づく40代以降の女性に多く見られることです。
抜け毛が増え薄毛になると髪のボリュームがなくなり、見た目の部分でも大変気になる問題です。このままの勢いで抜けていってしまい、さらに薄毛が進行してしまうことを考えるとぞっとしてしまいます。更年期障害で起こる様々な不快な変化にプラスして髪の毛にも変化が起こるということは知らない方もいらっしゃるかもしれませんね。
そこで今回は、悩める方もこれから更年期を迎える方にも参考にして頂けるように更年期障害と薄毛との関係を取り上げていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害の症状を引き起こす女性ホルモンは、薄毛にも影響する

薄毛を気にする女性

女性が迎える閉経に向けて、個人差があるものの40代中ばくらいから更年期障害として心身に様々な変化が起こりやすくなります。
このような変化が起こる原因は、加齢に従って卵巣が老化し機能が低下することで女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少するからです。女性にもわずかながら男性ホルモンが分泌されているのですが、女性ホルモンの減少によって今までうまく保っていきたホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが優位になります。
女性ホルモンには、女性らしさを守るでけでなく、髪の毛の発育を促しヘアサイクルを正常に保つ役割もあります。エストロゲンが少なくなると、毛髪の成長が遅れ新しい髪の毛が生えてこなかったり、髪の質が細くなりハリ、コシが失われていきます。
更年期障害による抜け毛の場合、どこか一部分が薄くなるというより全体的に量が減り薄くなっていくのが特徴で、髪のボリュームがなくなり分け目が目立つことで気が付くことが多くあります。

男性ホルモンが薄毛を引き起こす?

女性ホルモンの減少によって増加した男性ホルモンであるテストステロンは5αリダクターゼによって代謝されるとジヒドロテストステロンという物質に変化し、毛乳頭に入り込むことで抜け毛や薄毛を促進させる原因になります。さらに髪の毛を作る働きをしている毛母細胞に入ると毛母細胞の活動が制限され、毛髪が育ちにくくなります。

また、ヘアサイクルが乱れることで髪の毛が成長する期間が短くなり、十分に髪の毛が生えそろわなくなります。そして、進行はゆっくりですが次第に薄毛が進行していくことになります。

まとめ

いつまでもボリュームのある髪の毛で、ヘアチェンジを楽しんで行きたいですね。加齢に伴って薄毛になるというのは否定できない事実ですが、実際にはすべての女性が薄毛であるわけではなく健康な毛髪をキープさえている方も大勢いらっしゃいます。

薄毛になってしまった…と嘆き悲しむだけでなく、今以上に進行しないようにし頭皮への刺激を少なくし、薄毛をカバーするような工夫をしてみる必要もあるでしょう。
そして、一番大切なのはエストロゲンの減少スピードを穏やかにし男性ホルモンを必要以上に増やさないことです。その為には、女性ホルモンを保てるように食生活に気を配ったり、規則正しい生活を送ることも大切です。
更年期障害によって薄毛が進行するだけでなく日常生活にも支障が及ぶようになった場合は、速やかに婦人科などを受診するようにしましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います