40代半ば頃から始まるケースが多い更年期障害は、体の不調だけでなく心にも変化を及ぼします。穏やかだった母親が急に攻撃的になり、ヒステリックになった。
毎日、グチグチと文句ばかり言ってくる母親がうざい!このような経験を持ち、母親を「うざい」と感じている子供達は多いようです。
なぜ、うざいと感じさせてしまうのか、というと、更年期障害の心の乱れは、なかなか自分では修正しにくく普段から近くにいる子供や家族に感情の波をぶつけてしまうからです。
なかなか理解しにくい更年期障害ですが更年期障害のメカニズムを知り、母親のうざい行動に対して上手に対応する術を学んでいきましょう。

スポンサーリンク


更年期の母親を「うざい」と感じてしまうのはどうして?

うんざりしている女性

40代~50代にかけての女性は、50代半ばくらいで起こる閉経に向けて女性ホルモンのエストロゲンが減少していきます。女性ホルモンが減少すると自律神経が乱れ、心身に様々な不調が起こります。これらの不快な症状をまとめて「更年期障害」と呼びます。
頭痛、吐き気、倦怠感、ほてり、のぼせ、不眠など体に及ぼす影響に加え、気分が落ち込む、イライラ、ヒステリー、攻撃的になる、うつ症状など心にも大きな変化を与えます。
些細なことでもイライラしたり愚痴るようになってしまう母親の、「うざい」と感じる行動には更年期障害が影響して起きているのかもしれません
母親自身に更年期障害かもしれない、という自覚があれば、すでに何らかの対策を行っている可能性があります。しかし、中には全く自覚がないケースもあり、その場合は家族から「更年期障害ではないか?」と指摘されると、逆切れして激しく怒り出したりする母親もいます。
そのような時には母親との距離を置き、身近にいる更年期障害を経験した人に相談してみてはいかがでしょうか。
また、母親の愚痴が激しい時には上手に聞き流す、という方法もあります。「うざい」と感じる側も精神的に苦痛で辛いでしょうが、感情のコントロールが出来ずそんな自分に母親も悩んでいるかもしれません。
更年期障害は一生続くわけではないので、母親の心の中も理解しお互いに上手に乗り越えられる工夫をしていきましょう。

まとめ

イライラして当たる矛先は、どうしても子供に向いてしまいがちです。子供の年齢によってはお互いに衝突してしまうこともあるでしょう。

母親の大半はそのような自分に嫌気が指して自己嫌悪に陥っているのではないでしょうか。わけもなくイライラして愚痴ってしまった後は、どうしてあのようなことを言ってしまったのかと猛反省します。
でも、また次の機会には同じようなことを繰り返してしまう・・・更年期障害の心はとてもコントロールしにくいのです。もし可能であれば、母親に通院することを勧められるといいですね。自分の力だけではどうにもできないことですが、適切な治療によって回復する見込みがあるからです。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います