更年期障害の症状の一つに「体重増加」があります。

ちょうど中年期と更年期とが重複するために更年期障害ではなくても加齢からくる代謝異常の影響で中年太りを起こしくなり、多くの人が「太る事」にのみ注意を払いがちですが、実はこの年代になると病的に痩せていくいわゆる「激やせ」を起こす人も一定数存在するのです。
健康的に痩せていくのなら問題はありませんが、特にダイエットをしているわけでも無いのに急に痩せこけていくのは非常に心配です。
しかし、これもまた更年期に起こりがちなので、更年期の激やせは更年期障害を発症しているサインと考えることができます。
では、どうして更年期になると激やせを起こしてしまうのでしょうか?今回は見落とされがちな更年期の激やせについて考えていきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期になり太るのかと思っていたら痩せてしまったのはどうして?

体重計に乗って驚く痩せた女性

更年期というのは閉経の前後5年ずつ、合計10年間であると定義されています。
閉経の平均年齢は50歳前後なので一般的に更年期というのは45歳からの10年間を意味しているのですが、閉経年齢には個人差があり40歳を超えたら更年期障害に対する対策が必要という意味で「更年期」とみなすとされています。(更年期障害の治療適齢期が40歳〜60歳になることに由来しています)
閉経前後では卵巣機能が低下することでホルモンバランスが大きく乱れ様々な健康被害をもたらす様になります。これを「更年期障害」と言います。
どうしてホルモンバランスが乱れると更年期障害を起こすのかといえば、エストロゲンという女性ホルモンには直接自律神経に働きかけ、副交感神経を活性化させるという働きがあるからです。
副交感神経とは主に入眠中やリラックス中に優位に立ち疲れやストレスを癒し、また病気や怪我からの回復を促す神経です。ぐっすりと眠れた翌朝は気分爽快になるのもこの副交感神経の働きによるものなのです。
ところがエストロゲンが不足することで副交感神経の働きも鈍り、疲れやストレスが解消されずに体のあちこちで不具合が生じる様になります。これが更年期障害を起こす一つ目の原因になります。
二つ目の原因は卵巣や子宮などの女性器官の機能が衰えることで生理周期が乱れてしまうことです。
生理周期も自律神経によって司られているため、女性ホルモンのバランスが大きく乱れる更年期になると自律神経失調状態を起こしやすくなり更年期障害を発症します。
そして三つ目の原因が更年期に起こりやすいストレスフルなライフイベントです。
この「ストレスフルなライフイベント」というのは例えば親の介護であったり遺産相続問題、またローンの見直しや子供の独立などが当てはまります。
自律神経やホルモンバランスはストレスの影響を強く受けてしまうため、ストレス過多になるライフイベントが立て続けに起こると自律神経失調状態になり更年期障害を発症します。
引いている女性
このように一口に更年期障害といっても発症する原因は多岐にわたることから40代・50代のおよそ60%が発症するという高いアベレージをマークしています。
そして現出する症状も非常に多彩で、「体重変化」もその一つに数えられています。
また40代・50代といえばちょうど「中年太り」が気になる年齢ですが、これはその後の老年になるにつれて基礎代謝がますます落ち込み、エネルギー消費が低下することでさらに代謝が落ちるという負の連鎖を起こすのに備え体が自然にエネルギー源の備蓄である脂肪をさらに蓄積させようという意識を働かせるからで、更年期障害からくる体重増加とは少し原因が異なります。
更年期の体重増加の場合はエストロゲンの減少によって脂肪が代謝されにくくなることで起こるとされているからです。しかしその一方で体重が激減してしまうという症状も起こります。
いわゆる「激やせ」という状態です。近年では女医でもありテレビタレントとしても人気のある西川史子さんが50歳になった頃から激やせをしてレギュラー番組の多くを降板したことで話題になりました。
その理由が「更年期障害」だったのです。この病気はちょうど閉経の年齢になると症状が最も悪化するという傾向があります。
西川さんも50歳になって急に食欲不振や腹痛に悩まされる様になり、またストレスから周囲に当たり散らしたりというヒステリックな状態になったと復帰後の番組で告白されています。
診察を受けたところ原因が更年期による急性胃腸炎と不定愁訴で1ヶ月以上の入院を余儀なくされたのです。
このように更年期障害には幾つかの症状が複合的に起こる重症例もあります。その中でも「胃腸障害」と「不定愁訴」は更年期障害を代表する症状と言っても過言ではありません。
胃腸障害には幾つかの症状があります。
  • 下腹部痛(腸の異常もしくは生理痛などの女性器官の異常の可能性があります)
  • 胃痛(上腹部痛)
  • 下痢や便秘
  • 胃もたれ、胃酸過多、胸焼け、呑酸、腹部膨満感などの逆流性食道炎
です。そこに精神的な症状である
・不定愁訴:ちょっとしたことでヒステリックになったり、強い不安感に苛まれたりする
・食欲不振(精神的ストレスが原因の場合は精神症状になります)
・うつ状態:強い倦怠感や虚脱感、抑うつ状態(無意識に不定愁訴を押し殺そうとする精神反射)などの精神症状以外にも肩こりや腰痛、頭痛といった具合の身体的な症状が重複して起こります。
・不眠
なども重なって起こり、さらに消化器症状が進行して激やせを起こすことがあるのです。さらに食欲が落ちていなくても消化器症状によって消化吸収がうまくいかずに痩せていくケースもあります。
このように病気によって痩せていくのは「やつれていく」と言われるほど見た目にも病的で、消化器や精神以外にも肌荒れを起こす、脱毛症などさらなる不調を起こす原因になるので要注意です。
ため息をつく女性

更年期の痩身対策

健康的なダイエットに成功したのなら喜ばしいことですが、更年期の病的な痩身にはしかるべき対策が必要です。

まず50歳頃に更年期障害の症状がピークを迎えるということを念頭に置いて、更年期である40代を迎えたら次のような対策を立てる様にしてください。
・生活習慣を規則正しくする:女性の場合生理周期という独特の生体リズムを持つことからも分かるように自律神経は規則正しい生活習慣を送ることによって調整が楽になります。
その理由は自律神経を切り替える時のパターンを脳が記憶するからです。いわゆる「慣れ」であり、ルーティンワーク(同じ動作、習慣)を心がけることで自律神経が切り替わる時の性ホルモンの消費量が少なくてすみ、自律神経が乱れにくくなるのです。
特に寝る時間を一定にしておくと入眠時に消費されるエストロゲンの量を節約することになります。
・ストレスを適宜解消する:ストレス性胃炎や過敏性腸炎(ストレス性腸炎)、食欲不振といったようにストレスには神経に異常をもたらし栄養やカロリー不足を招いてしまう特徴があります。
趣味を持ったり、旅行に行く、スポーツを楽しむなどでリフレッシュしてストレスを溜めない様にしましょう。
・婦人科や精神科を受診する:上記のようなセルフケアを行っても激やせの傾向を止められない場合は更年期障害が進行しているかもしくは精神症状を起こしている可能性が高いと考えられますので、できるだけ早い段階で婦人科や精神科(心療内科)を受診するようにしましょう。
精神症状が進行して「うつ」や「パニック障害」、「統合失調症」を起こすと自力で解消するのはほぼ無理と言えます。

更年期障害以外の病気で激やせするケース

鏡を見るガリガリの女性

40代の女性に多い疾患として甲状腺機能関連疾患があります。
甲状腺とは首の両側にある免疫系の組織で、ここからは甲状腺ホルモンが分泌されていて性ホルモンとよく似た働きをするため、甲状腺機能関連疾患を起こしていても自律神経が乱れ体重が不安定になります。
甲状腺機能関連疾患として慢性化するのは主に次にあげる二つの疾患です。
・バセドウ氏病:慢性甲状腺機能亢進症とも呼ばれ、甲状腺が過敏に反応しホットフラッシュ、冷え性、体重増加や体重減少など更年期障害とよく似た症状を起こします。特徴的な症状としては眼球突出があります。
・橋本病:慢性甲状腺機能低下症とも呼ばれています。バセドウ氏病とよく似た症状を起こしますが、こちらは甲状腺の機能が慢性的に低下するもので、感染症にかかりやすくなったり血流障害から貧血やめまいを起こす場合があります。この疾患でも体重の増減が激しくなる傾向があります。
・糖尿病:糖尿病=肥満というイメージがありますが、進行すると膵臓の機能が低下し、インスリン不足からエネルギー代謝が行われなくなるため激やせします。糖尿病は他の生活習慣病(高血圧症や動脈硬化症)と非常に高い確率で合併し日本人はもともと糖尿病リスクが高いと言われています。そして50代以降に患者数が急増する病気なので更年期になったら食事の内容に気をつけ、栄養をしっかりと取りながら高タンパク低カロリーな献立を考えるようにしましょう。
・腎臓病や肝臓病:腎臓や肝臓は代謝に関わる非常に重要な臓器です。腎不全や肝不全(肝硬変など)でも体重が激減します。またかなり病状が進行しないと具体的な症状が出てこない臓器のため、定期検診は必ず受ける様にしましょう。
・心臓病:心臓に負担がかかると血流障害を起こし基礎代謝が落ちて痩せていきます。心臓病を抱えている人の多くが痩せているのもそのためです。更年期以降は特に冠動脈が詰まる狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患に気をつける様にしてください。
・認知症やうつなどの精神疾患:認知症も自律神経失調症の一種ということが近年判明しています。精神疾患を発症すると意欲が低下し、それに伴い基礎代謝が落ち食欲が減退していきます。ひどくなると拒食症を発症し命に関わる場合もある危険な症状です。
・がん:がんは年齢が上がるほど罹患リスク(病気にかかるリスク)が上昇します。特に多いのは胃がんや大腸がんなどの消化器がんですので発症すると激やせを起こします。がんは早期発見早期治療が鉄則ですので、自治体や企業で行われているがん検診は定期的に受ける様にしましょう。女性の場合は乳がんにも要注意です。
胸を抑える女性
・COPD(慢性閉塞性肺疾患):ヘビースモーカーの人がかかりやすい呼吸器疾患です。ダイエットを目的で喫煙をする女性が多いのですが、更年期になり代謝が落ち込んでくると肺や気管支などの呼吸器に蓄積されたダメージから呼吸が細く荒くなり、肺でのガス交換がうまくいかなくなります。
代謝とは体内で行われている熱化学反応でそのためには酸素が必要であり、COPDを発症すると基礎代謝が落ち体重が落ちやつれていきます。老化を一気に促進させる病気でもあるので更年期からは禁煙を心がけることが大事です。
このように更年期からは更年期障害以外にもさまざまな病気へのケアが必要となる年齢ですので、体調不良を感じたら無理をしないでお医者さんに相談するように心がけましょう。

まとめ

更年期障害にはエストロゲン不足によって脂肪の代謝が落ち太りやすくなる反面、消化器症状や精神症状などの影響によって痩せていく場合もあります。

また、更年期は老化の始まりでもあり、更年期障害以外にも生活習慣病やがん、甲状腺機能関連疾患などへの罹患リスクが上昇するため、生活習慣のあり方やストレスを上手に解消するなどの工夫を行う必要があります。
自治体や企業が行っている定期検診は必ず受け、体調が悪いと感じたらあまり無理をせずに早めに医療機関を受診する様にしましょう。
更年期障害が不安な場合は婦人科、特に理由もないのに食欲がわかなくてやる気がでない場合はうつの可能性があるので精神科や心療内科、腹痛や下痢、便秘、胸焼けなどの消化器症状が強い場合は消化器内科を受診します。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います