よもぎ蒸しは、韓国では数百年以上の長い歴史がある民間療法です。産後によもぎ蒸しをすることで肥立ちが良くなる効果があるということで、各家庭ではじめられたのがきっかけです。
よもぎは、日本でも万能薬として古くから重宝されてきて、草餅や草団子などの食用としても馴染みの深い野草です。よもぎ蒸しは、産後の肥立ちだけでなく、デトックス、ダイエット、美容効果まで女性に嬉しい働きがたくさんあるそうです。
特に注目したいのが、よもぎ蒸しは、特に更年期障害などの女性特有のトラブルへの効果が高いということです。今回は、このよもぎ蒸しがどのように更年期障害に効果をもたらすのかを詳しくお話ししていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害を楽にする、よもぎ蒸しとは

よもぎ

よもぎを中心に他のハーブを煮立たせて蒸気を作り、スチームで身体を温めながら吸収の良い粘膜を直接温めることによって、よもぎなどの生薬の成分を吸収させ血行を促進させ健康を整える方法であるよもぎ蒸し。
首から下がすっぽり隠れるマントのようなものを着用し、マントの中によもぎの蒸気を閉じ込めます。穴の開いた椅子に座り、穴の下で作ったよもぎなどの蒸気を陰部や膣へ直接送り込む方法です。
更年期障害の症状緩和の他にも、冷え性を改善、月経トラブル、便秘や痔、さらには、不妊症対策にも効果を発揮します。
サロンへ通い行う他にも、自宅で手軽に出来るよもぎ蒸しパット、よもぎ温座パットがあります。よもぎの成分が入ったナプキンのような使い捨てカイロのようなパッドを下着につけて温めます。
使用時間を2~3時間に抑えないと、デリケートな部分が低温火傷をしたり、雑菌が繁殖しやすくなります。くれぐれも、ずっとつけっぱなしにすることがないように使用しましょう。

よもぎ蒸しが更年期障害を和らげる効果とは

嬉しそうな女性

よもぎ蒸しが実際に更年期障害に与える効果をご紹介します。
●下半身の血行をよくする
更年期障害では、下半身の冷えが影響をするほてりやのぼせなどのホットフラッシュ、便秘やむくみといった症状にも悩まされます。よもぎ蒸しによって下半身が温められ、血流が促されることでこれらのツライ症状が改善されやすくなります。
●イライラを解消する
よもぎに含まれる成分のシネオールには、交感神経の働きを抑え自律神経を整えたり、イライラを解消しリフレッシュさせてくれる作用があります。
●ストレスを溜めない
ヨモギの香りには、リラックス効果が期待できます。更年期は、身近に起こりすい様々な生活環境の変化によって、ストレスや疲労が蓄積しやすい時期になります。ストレスは更年期障害を悪化させる原因にもなり、ストレスを軽減させるためによもぎの香りでリラックスするのは大変効果的です。
●ヨモギの成分がホルモンバランスを調整する
よもぎには、内分泌系(ホルモンを分泌させる腺)をサポートする働きがあり、女性ホルモンのバランスを整えることから更年期障害や生理不順といった、女性ホルモンが関係する症状に効果を発揮します。

まとめ

下半身を体の内側から温めてくれるようなよもぎ蒸しは、冷えが影響する様々な疾患に効果的です。冷えは万病の元とも言われるように、年齢とともに関係してくる不調も多くなり早めに解消していきたい事でもあります。

よもぎ蒸しが体験できるサロンは、人気がゆえに数も増えているようです。まだ未経験なので、まずは専門の場所でよもぎ蒸しを受けて更年期障害への効果や美容効果を実感してみたいですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います