まるで船に乗っていて波に揺られている時のようにゆらゆらと揺れている感覚が伴う。今地震が起きていると、勘違いしてしまうような揺れを感じたり、じっとして座っている時でも体が揺れている感覚を持つこと、日常の中でありませんか?
このような症状は「めまい」である可能性が高く、様々な症状を伴う更年期障害でも体に揺れを感じるようなめまいの症状は起こりやすいことです。揺れやめまいの症状は大変不快なことであり、何らかの病気ではないかと不安な気持ちにもなります。
そこで今回は、更年期障害と揺れるようなめまいとの関係を良く理解し、急な揺れでも落ち着いて対応できるようにセルフケアについてもご紹介しましょう。

スポンサーリンク


更年期障害によって揺れる感覚が起こるのはどうして?

フラフラする女性

心身に変化が起こりやすくなる40代半ばころの女性が言われる更年期では、ぐらぐらと頭が揺れたり、船に乗って揺れているような「めまい」を感じやすくなり、このような症状は更年期障害である可能性が高くなります。
めまいには回転性、非回転性の2種類があり、更年期障害が原因として考えられる揺れるような感覚のめまいは、フワフワ浮いたように感じる「非回転性めまい」になります。
女性ホルモン「エストロゲン」の減少によるホルモンバランスの乱れによって引き起こされる更年期障害では、自律神経の働きも低下しやすくなります。自律神経が正常に働かないことで血流が滞ったり血圧が安定しにくくなり、揺れやめまいなどの症状が起こりやすくなります。
突然の揺れやめまいは、揺れる幅が強くなると転倒してしまうケースもあり、適切な対応が大切です。もし揺れるようなめまいを感じたら、無理に動かず安静にすることを第一に考えましょう
もし、外出中であったり、道で、公共の場所で起きた場合は、転倒を避けるためにも揺れやめまいが治まるまで、安全な場所にゆっくりしゃがみこんだり、横になり安静を保つようにしましょう。
また、更年期障害が影響している揺れやめまいでは、根本的な原因となっている更年期障害の症状を緩和させてあげるようなこともケアにつながります。食事は一日3食バランス良く摂るようにし、寝不足を防ぐように生活習慣を整えましょう
ストレスは更年期障害の症状を悪化させてしまうので、ストレスを解消する自分なりの方法を身につけておきましょう。
更年期障害による揺れるという症状であれば、一時的なことで時間とともに治まるケース多く見られます。あまりに長く揺れが続いたり一日の中で頻繁に何度も起こるようであれば、ほかの病気が関わっていないかどうか、きちんと診察を受けて検査しておく必要があります。

まとめ

何もしていないのに、緩やかな自身が自分だけ起きているような感覚が時々あります。まさに余震を感じているような揺れが起こります。そのような時はいつも自分だけなので、私の感覚がおかしいのだと自覚できます。

今のところ強い揺れを感じるめまいではありませんが、外出中に起こったらと思うと早めに改善しておきたい症状です。めまいくらいと安易に考えてしまうかもしれませんが、血圧の関係や貧血などの疾患も関係しているかもしれません。
揺れるという不快な症状がされにストレスを引き起こさないように、セルフケアなどによって更年期障害の症状を穏やかにしておきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います