女性の場合、ネットや新聞よりも気軽に読める雑誌から情報を得る人が今でも多数います。活字離れが言われるようになって久しい現代でも女性向け雑誌はとても人気があり、書店でも多くの雑誌が平積みにされています。

また健康ブームや高齢化の波を受けて、更年期の女性向け雑誌も人気が高く多くの雑誌で更年期障害を特集しています。しかし、種類が多すぎるというのも何を選んだらいいのかわからなくて悩みどころになりがちです。
そこで今回は40代〜50代をターゲットとした女性向け雑誌を幾つか紹介しますので、更年期を元気に乗り切るための愛読書にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期の女性向け雑誌、「クロワッサン」、「ゆほびか」など

雑誌

40代〜50代のいわゆる「更年期」向けの女性雑誌として度々更年期障害を特集して取り上げているのが次にあげる三つの雑誌です。
他にも更年期向けの女性雑誌には幾つか種類がありますが、どれを読んだらいいか迷ったときはまずはこの3誌から手に取ってみると良いでしょう。
・クロワッサン(マガジンハウス):生活に役立つ情報が満載で、頻繁に健康的な食生活のためのレシピなどがおしゃれに紹介されています。更年期に関する健康情報も満載で気軽に読めてかつ役立つ情報がぎっしりなので愛読者も多い更年期向けの女性雑誌の代表格と言えるでしょう。
またムック本も多く出版されていて「更年期を乗り切る食べ方」や「血液をきたえる食べ方」などのヘルシーメニューが満載の関連雑誌が数多くリリースされています。現在は書店だけでなくアマゾンや楽天からも定期購入することが可能です。
・ゆほびか(マキノ出版):マキノ出版といえば「壮快」や「特選街」など中高年向けの雑誌が中心の老舗出版社です。そのマキノ出版から発刊されているのが更年期の女性に向けた雑誌「ゆぼびか」です。
公式サイトにはヒーリング音楽の無料視聴など更年期のイライラに効果的なコンテンツもあり、雑誌をめくりながらヒーリング音楽を聴いてさらにリラックスしてみてはいかがでしょうか?
・日経ヘルス(日経BP社):「日経」と聞くとちょっとお固いイメージがありますが、日経BP出版では日経トレンディなどトレンドを先取りしたファッション性の高い雑誌や女性向けにはこの「日経ヘルス」が刊行されています。
特にヨガの特集が充実していて、きつい筋トレやジョギングは無理だという人でも室内で簡単にできなおかつ自律神経を整えてくれるヨガのポーズが紹介されています。
さらに日経の女性専門サイト「Woman Online」との連携企画も多数掲載されていますのでネットと合わせて活用されることをお勧めします。
それ以外にも「ゆうゆう(主婦の友社)」、「eclat(集英社)」などが50代からの女性が生き生きと輝ける情報を発信している雑誌として人気があります。

まとめ

更年期の女性はちょうどバブル期を経験し、女性雑誌が急増してきた時に成人を迎えて社会を過ごしてきたことから今でも雑誌愛読者が数多くいて、各出版社ともこの年代に合わせた女性向け雑誌をたくさん出版しています。

なかでも「クロワッサン」、「ゆほびか」、「日経ヘルス」は更年期障害や更年期対策を数多く特集していて、ムック本などもたくさんリリースされているので、まず何を読んだらいいのか迷ったらこの3冊のうちいずれかを選択することをお勧めします

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います