医学的に更年期というのは閉経をはさんで前後5年間を指すと定義されています。
日本人女性の平均的な閉経年齢は50〜51歳ですので、女性の更年期というのは45〜55歳あたりまでを意味することになります。
しかし、実際の閉経には個人差があるので、これはあくまで目安ということになります。
ところで、自分が更年期かどうかを知るための分かり易い目安というのはあるのでしょうか?
これは100%誰もが経験するということで「生理不順」が一つの大きなサインとなります。なぜなら、女性の更年期の最初の5年間というのは閉経に向けての準備期間になるからです。
この時閉経に向けて必ず起こるのが「生理不順」です。しかしこれにも個人差があり、重い人もいればほとんど自覚症状のない軽い人もいます。ただし、必ず月経周期は乱れてきます。
今回は生理不順以外にもある更年期になると現れる前兆症状について説明していきます。

スポンサーリンク


更年期障害に前兆はあるの?

額に手をあて体調の悪そうな女性

40代になって自分が更年期かも?と思える最初の症状として「生理不順」があります。
生理不順は30代後半から徐々に始まり40代になると頻発するようになります。これは女性の更年期障害が「閉経」に向けての卵巣機能の低下から起こる症状であることからも全ての女性に起こる最も顕著な前兆だといえるでしょう。
通常の月経周期は概ね25日〜38日周期で起こります。
もともと月経周期が安定している人は少しでも周期に乱れが生じると自分にも更年期が訪れたのかも?という自覚を持ちやすく、早めの対処が可能ですが、平素から月経周期が乱れがちな人は単に生理が始まったのかも?と思う程度ですので、その分対処が遅れてしまい更年期障害の自覚症状が重くなってしまう可能性があります。
そのためにも「月経周期と閉経の関係性」については正しい知識を身につけておくと良いでしょう。

月経周期と閉経の関係性

閉経とは50歳を過ぎて基礎代謝が落ち込むことで体力的にも妊娠、出産に耐えらえなくなると、妊娠、出産そのものができない体つきになります。
また、閉経とは一年以上無月経の状態が続くことと定義されているため、生理に関する女性機能の多くが機能停止を迎える前に緩やかに月経サイクルに乱れが生じるようになります。

最初の頃は生理が頻発するようになり、次第に不正出血(生理でもないののダラダラ出血している状態や、生理時に出血が多すぎたり少なすぎたりすること)が目立ち始めやがて次の生理を迎えるまでの時間が長くなり、そうして生理がこなくなると閉経を迎えたことになります。
このように閉経は女性であれば誰もが迎えることなので、月経不順は必ず起こる生理現象であると言えるのです。
更年期障害は月経不順から始まり閉経すると女性ホルモンの供給先が卵巣から副腎皮質に切り替わるため、閉経後もしばらくの間はホルモンバランス異常が生じることになり、自覚症状が継続します。
そのため閉経の前後5年間を目安とした期間のことを「更年期」と呼んでいるのです。
つまり、
“月経不順は更年期最大のサイン(前兆)である”
と言えるのです。

更年期前半に起こる更年期障害の症状とは

眼鏡をかけた女性の医師

前述した通り「更年期」は一般的に10年間続くことになり、更年期障害もだいたい10年程度は継続すると言われています。
これだけ長期間にわたるものですから、更年期障害には段階があり、「前期」、「中期」、「後期」に分けられ、その時々によって自覚症状が若干変わってきます。
ただし、どんな症状がどれだけ継続するのかについては個人差があるので、これから述べることはあくまでも統計的な目安であると認識しておいてください。
今回は特に更年期の前兆について言及しているので、ここでは更年期前半に起こる自覚症状にスポットを当てて解説していきたいと思います。

更年期前半に起こる自覚症状について

  • うつ
  • 更年期障害前半に起こる代表的な症状の一つです。エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が減ることで自律神経のうちリラクゼーションをもたらす副交感神経の作用が鈍り、イライラして怒りっぽくなったり、強い不安感を覚えたり、緊張状態が続いてしまうことからやる気や集中力がなくなったりします。
    また肉体的には頑固な肩こりや首筋のこり、腰背部の痛み、倦怠感、易疲労感、頭痛などが起こりやすくなります。

  • ホットフラッシュ
  • これも更年期障害を代表する症状で、更年期障害を発症する人のうち80%以上の人が経験すると言われています。具体的には突然顔がほてり、大量の汗をかくという症状です。また、上半身がほてっているにもかかわらず。下半身は冷えてむくむなど矛盾した症状を起こす場合もあります。
    ホットフラッシュは暑い時だけでなく冷房の効いている室内や冬場でも起こる原因不明の症状です。

  • 不眠
  • 「うつ」と合併しやすい精神症状で、エストロゲンの分泌不足から自律神経が異常興奮を起こし安眠できな状態になると「不眠」になります。
    眠れないというストレスから「うつ」を悪化させたり、他にも集中力の欠如や日中に強い眠気に襲われるなど日常生活に大きな支障を及ぼしかねない症状です。

  • 物忘れ
  • 人は年齢とともに物忘れを起こしやすくなりますが、そのきっかけがホルモンバランスの乱れからくる自律神経失調で、血流のコントロールがうまくいかずに脳に十分な血液供給ができなくなることから、物忘れが酷くなると考えられています。

青ざめる女性

それ以外の更年期障害の自覚症状について

上記以外にも更年期障害には数多くの自覚症状があります。
その中でも代表的なものを幾つか紹介しておきましょう。

  • 便秘
  • 体重増加
  • 生活習慣病(高血圧、糖尿病、動脈硬化症など)
  • 動悸、不整脈
  • ドキドキする(頻脈)
  • 抜け毛、薄毛
  • 不感症
  • 歯周病、口臭
  • 膣乾燥
  • 肌荒れ(しみ、しわ、ソバカスなど)
  • むくみ
  • 腰痛
  • 消化器症状(むかつき、吐き気、嘔吐など)
  • 貧血
  • 低血圧
など。

来るべき更年期障害にはどうやって備えれば良いのか?について

くびを傾げる女性

更年期障害は自律神経の乱れが直接的な原因となります。自律神経は人が生きていくことそのものを制御している最も重要な中枢神経なので生活習慣とは密接に関連しています。
つまり、生活習慣が乱れがちな人は自律神経も乱れやすく、規律正しい人は自律神経も乱れにくいのです。
実際に生活のリズムが比較的一定で運動習慣を身につけている人は更年期障害にかかりにくく、また発症した場合でも自覚症状の程度は軽くて済むというデータが報告されています。したがって来るべき更年期障害に備えるにはまずは生活習慣を見直すことがとても重要になってきます。
それでは具体的な生活習慣の見直し方を説明していきましょう。

食生活を改善する

食事とは人間が生きていく上で欠かせない重要な作業です。
また「ものを噛む」という習慣が唾液腺と脳を刺激して、大量の唾液を分泌させることで口腔内の環境を良くして歯周病や虫歯、口臭などを予防してくれる上に、顎関節が動くため脳に適度な刺激を与え、自律神経の働きが乱れにくくなります。

さらに更年期障害の根本的な原因であるホルモンバランスを調整するために
  • 大豆イソフラボン

大豆イソフラボンはフィトエストロゲンと呼ばれる物質で、体内に吸収されるとエストロゲンとよく似た働きをすることが知られています。したがって、更年期になって分泌量が減ってしまうエストロゲンの代替え物質として効果的に働き、更年期障害の諸症状を緩和してくれます。
文字通り大豆加工食品(豆腐、納豆、豆乳など)に多く含まれています。

  • サポニン

大豆などに多く含まれている成分で、「抗酸化作用」、「血流改善効果」、「抗血栓作用」、「免疫力向上作用」などが確認されています。
大豆イソフラボン同様、大豆加工食品に多く含まれています。

  • ビタミンE

優れた抗酸化作用のある物質です。体内の細胞を劣化させる活性酸素の働きを抑制したり、血流を改善させる効果、血管の細胞を保護する作用生殖機能の維持または改善作用生理痛の予防改善効果などがあります。
ナッツ類に多く含まれていて特にヘーゼルナッツやアーモンドには豊富に含まれています。ただし、過剰摂取は死亡率を高めることが知られているので、サプリメントなどを併用する際には十分に注意をしてください。

  • ビタミンB1

代謝を上げ、疲労回復や脳機能の向上改善などに効果がある栄養素です。
豚肉に豊富に含まれています。

  • ビタミンB12

細胞の活動を助け代謝を上げてくれる成分です。体内では補酵素(酵素の働きをサポートする役割=コエンザイム)として働きます。ビタミンB群の中でも特に葉酸と連携して赤血球を作り出し、貧血を予防する効果が高いことが知られています。
また脂溶性の物質で脳にはコレステロールによって運ばれていき、脳や脳神経の代謝を活性化させる作用も報告されています。このことで胃腸不良(内臓は自律神経によってコントロールされています)や不眠を改善することがわかっています。
シジミなどの貝類やノリなどの海藻類に多く含まれている成分です。

  • ビタミンC

おなじみの抗酸化作用成分ですが、医療用にも指定されているほど高い効果があります。活性酸素を強力に抑制し細胞の劣化を防いでくれることから内臓や皮膚の細胞を保護する作用に優れています。
柑橘類やイチゴなどに多く含まれています。

イチゴの写真
  • 葉酸

細胞の代謝を助ける成分です。特にビタミンB12と連携して赤血球の産生を助け、貧血を予防する効果に優れています。
たたみいわし、納豆、焼き海苔、レバーなどに多く含まれています。

  • 亜鉛

生殖器や神経に作用し、やる気の向上や活力を生み出す成分です。また不足すると易疲労感、味覚異常、倦怠感などをもたらします。男性の精力増強の主成分というイメージがありますが、女性も卵巣には多く含まれていて、卵巣機能を維持する作用があります。
特に牡蠣やしじみなどの貝類、黒ごまなどに多く含まれるミネラル成分ですが、不足しがちなためサプリメントなども活用すると良いでしょう。ただし、摂りすぎると腎臓に負担をかけてしまうので、一日の摂取目安量を守るようにしてください。

  • 良質なタンパク質

身体中の細胞の元となる重要な物質です。良質なタンパク質は若返りの源と言われています。
赤身肉や魚介類、大豆などから積極的に摂取するようにしましょう。

  • 善玉コレステロール

悪玉コレステロールを代謝し、血栓の合成を妨げ血液をサラサラにしてくれるのが善玉コレステロールです。
魚介類やオリーブオイル、ごま油などに多く含まれています。

などを摂取することで更年期障害の諸症状を緩和することになります。
また、食事療法では栄養バランスに気を配り三食きちんと食べることが重要になってきます。過激な糖質制限や脂質制限、またカロリー制限などは不健康にやつれていくだけなので絶対にやめましょう。

運動習慣を身につける

ウォーキングする女性

更年期前から運動習慣を身につけている人はそうでない人に比べると更年期障害になりにくく、また、なったとしても症状が軽いと言われています。
これは運動によって神経と脳に適度な刺激が与えられ、心肺機能が鍛えられることで血流が良くなり、さらに筋繊維が太くなることで代謝が向上するからです。
理想的なのは筋トレですが、運動に不慣れな人はウォーキングやストレッチなど軽い有酸素運動から初めて少しずつ負荷を増やしていくと良いでしょう。
近年では高齢者でも運動習慣を身につけることで老化やロコモーティブシンドローム(運動機能障害)の予防改善に効果があることが認められています。

自分なりのストレス解消法を持つ

自律神経やホルモンバランスはストレスの影響を受けやすいとされています。したがって趣味を持ったりおしゃべりを楽しむなど自分なりのストレス解消法を持てばそれだけ自律神経が乱れにくく、更年期障害の症状も出にくいということになります。

ただし、趣味だからといって、根を詰めたり異常に興奮してしまうような以下のものは逆効果なので避けるようにしてください。
  • ギャンブル
  • 輝度の高いモニターを見続ける長時間のSNSやスマホ、テレビゲームにはまること
  • 買い物依存やタバコなど依存性の高いこと
などです。

まとめ

更年期が気になりだしたらたとえ具体的な自覚症状がなくても本文で紹介したような対策を早めに立てておくのが良いでしょう。
しかし、食生活の改善や運動習慣はなれない人にとっては大変なことでそれがストレスになってしまっては元も子もありません。

したがって出来る範囲で生活習慣を改善しながら、どうしても補いきれない部分は高麗人参のように和漢の世界では古くから万能選手として認められてきた原料を用いたサプリメントを活用するとよいでしょう。
単一成分のものであれば漢方薬のように呑み方や副作用を意識する必要はありませんし、副作用のないサポニン成分で高麗人参にしか含まれていないジンセノサイドと呼ばれる健康成分をそれだけたくさん摂ることができます。更年期対策に迷った場合はオススメです。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います