40代半ば頃から女性は「更年期」と呼ばれる年代を迎えます。

そこで起こる様々な健康被害が更年期障害です。かつては老化現象の始まりであり病気とは認知されていなかったのが更年期障害ですが、現在では病気、しかも自律神経失調症の一種とされていて治療法も確立されています。
医学的な定義上「更年期」とは閉経を迎える5年前から始まり、その後およそ10年間続くとされています。閉経は女性であれば全員に訪れるものですから、かつて更年期障害は自然な身体変化と捉えられていたのです。
この考えに従えば更年期障害も全ての女性が発症するものだと思われがちですが、実際のところはどうなのでしょう?実は現在は病気と認識され治療法も確立された事で「更年期障害」に関する考え方も大きな変化を遂げているのです。
今回は更年期になると全員が更年期障害になるのかどうか?について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害は更年期になると全員なってしまうもの?

疑問を感じる女性

今ではれっきとした病気と認知されているのが「更年期障害」です。この病気は病名からも分かる様に「更年期になると起こる健康被害の総称」になります。
また自律神経失調症の一種であることから症状は一様ではなく実に様々な自覚症状を起こすことが確認されています。
自律神経といえば“人が生きていくために必要な中枢神経”で、内臓を動かしたり、体温を一定に保ったり、あるいは免疫力や血流を調整し、女性の場合は生理周期をコントロールしています。
したがって考えられる症状は代表的なものだけでも10種類以上あります。
また女性の更年期障害の場合はエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が不足することで起こるとされていてエストロゲンには400種類近い働きがあるため、その自覚症状は身体的なものだけでなく心の不調もおこし、不定愁訴やうつ状態、不眠など一度発症すると治りにくいやっかいなものも多いのです。
ところで、冒頭の方でも触れていますが、更年期とは「閉経の5年前から始まり、その後10年間続く」と定義されています。日本人の平均的な閉経年齢は50.5歳なので基本的には45歳ころから55歳までを「更年期」と称しています。
また閉経とは昔風に言えば初期の老化状態で生理が12ヶ月以上連続して停止していると確定します。したがって、閉経は全ての女性に訪れるものなので「更年期」も全ての女性が迎える事になります。
このようにかつては初期の老化現象と捉えられていたのが更年期障害ですので、更年期が全ての女性に訪れるなら更年期障害も訪れて然りのように思えますが、この健康被害が「病気」と認定された事でその事情は大きく異なってきました。
更年期障害を最も代表する症状には
生理不順
不正出血:生理でも無いのに出血が起こります
があります。
これは閉経に向かい卵巣機能が低下して卵子と女性ホルモンの分泌量が低下していくのでほぼ全ての女性が経験する症状です。
ここだけをみれば「更年期障害は全ての人におこる」と捉えることが可能ですが、現代の更年期障害の治療ガイドラインでは40代〜50代のおよそ60%の女性が更年期障害を発症するとされています。
つまり、残りの40%近い人は無自覚のまま更年期を過ごす事になります。
そして治療が必要とされる重症例は全体の20%に絞られます。そこで現代の「更年期障害」の基準となる症状には何があるのかを説明していきましょう。
顎に手を当てる医師
上記のように「生理不順」や「不正出血」はほぼ全員が経験する症状ですが、生理の間隔が不安定になるというだけで特に痛いとか辛いという自覚症状を伴うものではありません。
したがって程度の軽い生理不順や不正出血は病気であるとは言えないのです。
では、何をもってして更年期障害を発症したというのかといえば、生理不順に加えて
ホットフラッシュ:自律神経の体温調整機能が異常を起こし、突然頭部に血流が集中するため強いのぼせ感や大量の汗をかくという症状で、更年期障害を発症する人のおよそ80%がこれを経験します。一回の発作時間は20分から2時間程度ですが重症化すると1日に何度も発作を起こし、発症期間も長期化する傾向があります。時と場所を選ばず発作が起こるので真冬でも汗対策が必要になります。
下半身の冷え、末端冷え性:もともと女性には冷え性が多いのですが、ホットフラッシュを起こすと上半身に血流が集中するため下半身は逆に冷えます。つまりホットフラッシュに対して高頻度で合併するのが下半身の冷え性です。発作中は心臓から最も遠い位置にある足の指先は特に冷えを強く感じる様になります。ホットフラッシュは真冬でも汗対策が必要ですが、同時にこの症状では真夏でも冷え対策が必要になります。
寒がる女性
・不定愁訴(ふていしゅうそ):これもホットフラッシュに合併しやすい症状です。ホットフラッシュ発作で急激に頭部の体温が上昇することで熱感を起こして意識が朦朧となり、記憶力や集中力が低下します。そしてちょっとした事でもイライラして怒りっぽくなります。いわゆる「頭に血が上っている状態」や「血が逆流している状態」です。また、自律神経の乱れから神経伝達物質のバランスが狂い、特に理由があるわけでも無いのに強い不安感を覚えて取り満たすようなこともあります。不定愁訴が長引いたり重症化すると「うつ状態」や「うつ病」に進行します。
腰痛、肩こり、首筋のこり:日本人はおよそ80%が腰痛や肩こりなどの筋肉障害を持っていると言われていますが、更年期障害を起こすと自律神経の乱れから血流障害を起こすため、筋肉痛やコリの傾向がさらに強まります。
とこれらの症状が単発または複合的に起こっている場合に「更年期障害を発症している疑いが高まる」ということになるのです。
そして「閉経」は全ての女性に起こる現象ですが、卵巣機能の落ち込むスピードやホルモンバランスが乱れるスピードには個人差があるため“更年期障害は全ての人が起こす病気では無い”と結論づけることができます。
一方で更年期障害を起こしやすい人の傾向としては
  • 心配性
  • 責任感が強い
  • 真面目
  • 潔癖性
  • 人付き合いが苦手
  • ネガティブ思考
などが挙げられます。
これらはストレス耐性が弱い人といえますので楽天的でポジティブ思考の人は逆に更年期障害を発症しづらいと言えるのです。
さらに人生において40代〜50代というのは仕事での責任感が増したり、町内会の世話役をしたり、子供が独立して親の介護が必要となるなど何かとストレスフルな出来事が重なりやすい時期でもありますので、個人の性格を見つめ直し、少し神経質でネガティブ思考を持ちがちな人はちょっとずつポジティブな思考を持てる様にすると良いでしょう。
また、運動をして血流と代謝を上げることも更年期障害の発症リスクを下げる効果がある事が立証されています。

まとめ

本文でも説明しているように「更年期」が全ての女性に訪れるなら更年期障害もまた全員に起こるものなのでしょうか?その答えは「NO」です。

更年期障害は病気なので全ての女性が発症するわけではなく、およそ60%の発症率となっています。病気としてはかなり高度な発症率ですので、「更年期障害が起こる」という前提で早い段階から対策を立てておくことが必要といえます。
中でも治療が必要な重症例は全体の20%程度ですが、重症化しやすい人に見られる共通点としては「ストレス耐性に弱い」「生活習慣が乱れがち」「運動不足」などがありますので、楽観的かつポジティブな思考を持ち、ストレスを溜めないようにして、運動も含めた生活習慣の見直しを行う様にしてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います