冬の屋外でも、エアコンの効いた涼しいオフィスや電車内でも時間と場所を選ばずに突然玉のような汗が・・・。

もし、あなたが40歳を過ぎて突然こうした「大汗」を経験するとしたらそれは更年期障害のサインかもしれません。また更年期障害は女性の疾患というのが世間一般の認識ですが、実は男性も40歳を過ぎた頃から同様の症状が起こります。
ただし厳密には女性の更年期障害とは異なるためこちらはLOH症候群と呼ばれています。そしてこの玉のような大量の汗をかくのは「ホットフラッシュ」と呼ばれる更年期障害を代表する症状の一つになります。
ホットフラッシュは女性の場合更年期障害を発症する人のおよそ80%が経験すると言われていて、この発作で更年期障害を起こしていることに気づく人も多いと言われているのです。
今回は更年期障害を知るきっかけにもなるホットフラッシュと男女の更年期に於ける体調不良について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期になると異常なまでに汗をかく理由とは?

説明する医師

更年期というのは男女共一般的には45歳〜55歳頃までの10年間を指しています。
もともと医学的な「更年期」というのは女性だけの生理的な現象である「閉経」を挟んだ前後5年づつのことと定義されていることから女性にのみ当てはめられる言葉として使われてきましたが、近年男性もやはり40代半ば頃から性ホルモンの分泌量が落ちてきて「ED(勃起障害)」、「前立腺肥大」、「易疲労感」など女性ほど極端な自覚症状はないまでも放っておけない深刻な症状の数々を起こすことがわかっていて、根本的なメカニズムは異なるとはいえ女性の更年期障害と重複するような症状をきたすことがあり、これら男性版の更年期障害を「LOH症候群」と区別して呼ぶようになりました。
とはいえごく最近のことなので女性の更年期障害のように治療法が確立されているわけではなく、今の所症状によって健康保険が使えるものと使えないものとに区別される「対症療法」がメインとなります。
更年期障害とLOH症候群に重複するような自覚症状があるというのは先にも述べた通りですが、その中の一つが今回のテーマでもある「多汗」です。
汗をかく男性
女性の更年期障害は女性全体のおよそ6割が発症すると言われていて、中でもこの「多汗」は更年期障害全体のおよそ8割が経験すると言われています。
それゆえに更年期症状を代表する症状の中でもトップに数えられていて、この発作がおこることで自分が更年期障害を発症しているのではないかと気づく人も多いとされているほどです。
一方の男性はといえばやはり40代頃から汗を大量にかく人をオフィスや通勤電車でよく見かけるように、実は男性側にもこの症状は高頻度で出てきます。
しかし、元来男性には更年期という概念が一般的に認知されていなかったことと、中年になると太って汗が出やすくなる(親父くさくなる)というイメージが定着していたことからあまり問題視されてきませんでした。
ところがこうした更年期に見られる「多汗」は医学的には「ホットフラッシュ」と呼ばれる体温調整機能の異常であり、場合によっては深刻な事態に発展しかねない危険性も秘めているため看過できません。
それでは、まずホットフラッシュについて説明する前に、どうして更年期障害やLOH症候群が起こるのか、またこの両者の違いを簡単に説明してきましょう。
まず、女性の更年期障害の方ですが、これは冒頭の方でも説明したように「閉経」が定義の根拠となっています。「閉経」とは12ヶ月以上連続して生理が訪れない状態のことで、5年ほどかけて次第に女性の生殖器官(卵巣、子宮、乳腺、膣など)の機能が低下していきます。
卵巣とは卵子や女性ホルモンを作り出す臓器のことで更年期や更年期障害に最も関係が深い女性器官です。というのも、更年期障害とはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの一種の分泌量が次第に減っていくことに原因があるからです。
エストロゲンには生殖に関する働き以外にも自律神経中の心身の癒しや体のメンテナンスを受け持つ「副交感神経」を活性化させる作用があります。女性の更年期障害に辛い自覚症状が多いのはこのメンテナンス機能が十分に発揮されていないからです。
ぐったりする女性
一方で男性のLOH症候群では同じように40代頃を境にして精巣の機能が低下し、男性ホルモンの分泌量が低下していきます。
テストステロンには自律神経中の交感神経を活性化させる働きがあるのですが、交感神経とは活動中に活性化して外的なストレスや危険から身を守るために集中力を向上させたり、あるいは興奮をコントロールするという働きがあります。
したがって交感神経の不活性化は
  • 意欲の低下
  • 性欲の低下
  • 前立腺肥大(男性ホルモンの働きで精子を保護したり射精時に精子をより遠くに飛ばすポンプの役割をする臓器です)
  • ED(勃起障害)
  • 易疲労感、慢性的な倦怠感
  • うつ状態
などの精神的な症状や生殖に関わる機能に悪影響が出ます。
では、更年期障害とLOH症候群との共通点は一体なんなのでしょう?
それはどちらも「性ホルモンのバランスが崩れることで起こる自律神経失調状態」という点です。
自律神経には
  • 内臓を動かす
  • 体温を維持する(汗をかく)
  • 免疫力を調整する
  • 自発呼吸を促す
  • 代謝を行う
など生きていく上で最も重要かつ基本的な活動を支えている中枢神経です。
つまり自律神経失調状態になると体のいたるところで不調を生じるようになります。
今回のメインテーマである「多汗」は更年期障害を代表するホットフラッシュの発作時に起こる症状ですが、ホットフラッシュ自体は自律神経失調時に起こるということ以外詳細は明らかにされていない「体温調整異常」です。
考える医師
特に上半身に一時的かつ急激に血流量が増すことで
  • 多汗
  • 顔面紅潮
  • 集中力の欠如(頭がぼーっとする)
  • 熱感
  • 首の腫脹
  • 血管膨張
  • 目の充血
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • いらいらする(情緒不安)
などが起こります。
これは男女ともに見られる状態なのですが、どちらかといえば交感神経優位になりやすい女性に多く見られる症状です。
汗腺は額、首筋、背中、脇、股間、膝の裏、足の裏などに集中しているため、全身に大量のあせをかくこともあります。
一回の発作は20分から2時間程度ですが、悪化すると1日に何度も発作を起こすようになり周囲が驚くほどの大量の汗をかくため
  • 外出するのが怖くなり次第に「うつ」や「ひきこもり」状態になる
  • 体臭が気になるようになる
  • 脱水症状を起こす
  • 寝ている間にも発作が起こるため寝不足から不眠症を合併する
などの深刻な症状に発展することもありますので軽視しないほうが良いでしょう。
このように細かい原因は不明の厄介な症状がホットフラッシュですが、対策としては
  • 水分補給をこまめに行う
  • 発作時には首筋や脇の下など太い血管が通っているところを冷やす
  • 発作を起こしたら安静にする
  • 運動不足の人は汗腺が未発達で体温調整機能に異常をきたしやすいので日頃から運動習慣を持ち運動で汗をかいて汗腺を鍛えておく
などの対処法が功を奏します。
運動が苦手な人はいきなり負荷の強い筋トレをするのではなくストレッチやラジオ体操、30分〜1時間程度のウォーキングなど軽めの運動から始めるようにしましょう。毎日継続することが重要になります。

まとめ

40代〜50代は一般的に男女とも更年期と呼ばれる年代です。この年代になると多くの人が大量の汗が突然噴き出してくる「ホットフラッシュ」という症状を経験します。

これは更年期障害やLOH症候群(男性版更年期障害)を代表する症状の一つで、ホルモンバランスの乱れからくる自律神経失調状態が原因と言われています。
体温調整機能は運動不足で汗腺が十分に発達していない人ほど発症リスクが高まるので、更年期を迎えたら積極的に体を動かして運動で汗をかき、汗腺を鍛えておくとホットフラッシュ発作が起こりにくくなります。
また、発作時の対策等は本文に私指定ありますので参考にしてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います