更年期障害といえば辛い自覚症状がいくつも重なるため、心労やストレスでやつれていきそうなものですが、実はホルモンバランスと自律神経の乱れから体重が増加するという現象が起こります。

これを「更年期脂肪」と言います。ちょうど年齢的にも中年期と重なるため、中年太りと更年期脂肪を混同しがちですが、発症の仕組みが若干異なります。
更年期は閉経が基準となる身体変化なので女性であれば誰もが経験する通過点のようなものですが、そこで体重が増加するというのはちょっと困りものです。
しかも特に食欲が異常に旺盛になるわけでもなく、むしろ食が細くなっても体重増加の傾向が出てくるケースも確認されているのです。
今回は女性であれば誰もが気になるであろう更年期障害時の体重増加について説明していきますので、更年期の肥満対策に役立ててください。

スポンサーリンク


更年期障害と体重増加の関係性とは?

お腹の肉を気にする女性

更年期になると中年太りとは別に「更年期脂肪」という状態で体重が増加する人が急増します。そもそも「中年」と「更年期」はどのように区別しているのでしょう?
中年」というのは若年(青年)と老年の中間の時期という意味でざっくりとしたくくりだと30代〜50代のことを意味しています。
これに対して「更年期」の方は医学的な定義があり“閉経”を中心としてその前後5年間ずつのことを意味しています。閉経を迎える平均的な年齢は50歳〜51歳であることから一般的に更年期といえば40代半ば〜50代半ばを意味しています。
更年期が身体的な変化が基準であるのに対し中年という言葉はあくまでも抽象的な概念という違いがあります。
では同じ時期に中年太りと更年期脂肪が訪れるというのは体の中でどのような変化が起こっているのでしょうか?
中年太りの方は年齢からくる代謝の落ち込みが原因で老年期(60歳以降)になりさらに代謝が落ち込んでエネルギー消費が減り、またさらに代謝が落ちるという負の連鎖に備えて起こるものです。
代謝が落ちてエネルギー消費量が落ちると食が細くなり、栄養不足からやつれていきます。75歳以上の後期高齢者になるとほとんどの人がやせ細っていくのはこのためです。
エネルギー不足を起こすと体が動かなくなってしまうので、老後に備え少しでもエネルギー源となる脂肪を蓄えようとする意識が働くことで中年太りが起こります。
一方の「更年期脂肪」というのは更年期障害の一種で、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ることから起こる体重増加現象です。
お腹の肉をつまむ女性
先にも述べたように更年期は閉経前の5年間と閉経後の5年間に区別されます。
閉経とは12ヶ月以上にわたり生理が停止している状態で確定となりますので、実は閉経を迎えるまで更年期というのは特定できないことになります。
そこで40歳を過ぎた頃から更年期障害に備えた対策を講じることが勧められていて、閉経時期やホルモンの分泌量はその時の身体環境や体質によっても変わってくるため更年期障害の治療適用年齢は40歳〜60歳というのが一般的なガイドラインとなっています。
「閉経」すなわち生理がこなくなるということは女性の生殖器である卵巣の機能が次第に低下していくことを意味しています。
卵巣からは卵子や女性ホルモンが分泌されていて、このうち生理周期や妊娠の前半を支えているエストロゲンという黄体ホルモンには中性脂肪に働きかけて脂肪の代謝を促進させるという働きがあるのです。
脂肪」には皮下脂肪と内臓脂肪があるということはすでによく知られていますが、これは血液中の余剰なブドウ糖(ブドウ糖は細胞の唯一のエネルギー源となります)を蓄えておくために肝臓で中性脂肪に再合成され皮下や内臓に蓄えられていきます。
この脂肪に変わる物質は主にLDLコレステロールと呼ばれるもので通称は悪玉コレステロールと言われています。
悪玉という不名誉な名前を冠していますが実は人が生きていく上では非常に重要な物質で消化吸収には欠かせない胆汁や性ホルモンを含めたホルモンの原料になる物質なのです。
エストロゲンには内臓脂肪の蓄積を抑制し皮下脂肪の量を調整するという働きがあります。中性脂肪を構成する脂肪酸には潤い成分であるコラーゲンの原料となるものもあるので女性にとっては適量が存在していないと非常に困る物質であるとも言えるでしょう。
びっくりしている女性
しかし、更年期になりエストロゲンの量が減るとこの脂肪の代謝がうまくいかずに中性脂肪の血液濃度が高くなりそのまま肝臓では脂肪が作られ続けることになります。
これが「更年期脂肪」という更年期障害が原因で発生する体重増加の原因となります。ここに前述した代謝の落ち込みからくる中年太りが重なるとさらに肥満傾向が加速することになります。
では、ここからは更年期脂肪と中年太りを予防・改善するにはどのような対策があるのかについて説明していきたいと思います。
更年期障害は病気ですので、更年期脂肪の基礎疾患の落ち込みが原因と考えると更年期障害を治療もしくはセルフケアで改善できれば自ずと更年期脂肪も解消され、代謝が上がり同時に中年太りも解消されることになります。
具体的な対策としては
・適度な運動を行う:ダイエットといえば定番中の定番が運動です。しかも筋トレ(無酸素運動)は近年の研究によってウォーキングやジョギングなどの有酸素運動よりもダイエット効果が高いことが明らかにされました。
これには筋肉が持つ発熱量が大きく関わっています。人の体は代謝が落ちると体温が下がることから「代謝=熱化学反応」であることがわかります。体全体の熱量のうち最も発熱をしているのは骨格筋で全体のおよそ60%をまかなっているのです。
つまり筋トレで筋肉量を増やせばそれだけ代謝が上がり、運動後もダイエット効果が持続することになるのです。しかも運動習慣を持つ人は更年期障害を発症しにくいということもわかっていますので、ぜひ運動習慣を取り入れるようにしましょう。
ただし、運動に慣れていない人がいきなり高負荷の筋トレを行うと怪我の原因になります。有酸素運動でもフォームを意識したりヨガやストレッチで普段使っていない筋肉を刺戟することでも十分に鍛えられますのでまずは1日に60分程度の散歩から始めることをお勧めします。
これでも更年期障害(更年期脂肪)の予防・改善には十分効果があると言われています。
ヨガをする女性
・食事の内容を見直す:更年期以降は代謝が自然と落ち込んでしまうので、若いころのような食生活を持続するとバランス的には脂質や糖質が高いのでさらに太りやすくなります。
更年期以降の食事は「高タンパク低カロリー」で腹八分目、またよく噛んで満腹中枢を刺激することを心がけましょう。特によく噛むという行為は脳に適度な刺激を与え自律神経が乱れにくくなるので更年期障害予防対策にもなります。
大豆イソフラボンにはエストロゲンとよく似た作用があるので更年期の女性の食卓には何らかの大豆加工食品を主菜か副菜に取り入れるようにしましょう。
また6大栄養素のバランスをしっかりと考えたメニューも意識するようにします。
*6大栄養素とは・・・従来の3大栄養素であるタンパク質、炭水化物、脂質に加え、体内では合成できない必須アミノ酸、ビタミン類、ミネラルを足した栄養素のことです。
・ダイエット方法に注意する:更年期になって急に太りだすと、極端な食事制限を行う過激なダイエットに走ってしまう人がいますが、これはNGです。
若いころとは代謝の程度が違いまた閉経を迎えるということで体質も異なっていますので、「しっかり食べて、よく運動し、睡眠や休息をたっぷりとってストレスを溜めないようにする」という健康的なダイエットを目指すことが大切になります。
「無理」はストレスを増大させるだけなので更年期脂肪にとってはマイナスですし、老化を促進させて肌荒れや抜け毛を起こしやすくなります。
・更年期障害の治療を受ける:更年期脂肪の基礎疾患(原因疾患)である更年期障害が治療でコントロールできれば体調も回復し更年期脂肪も抑制することができます。
更年期障害は40代〜50代のおよそ60%が発症し、全体のおよそ20%が治療を要する重症例になると言われています。
つまり、多くの人が何らかの体調不良を抱えながら毎日を過ごしていることになるので、無理をせず症状が継続するようなら婦人科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。
病院で診察を受ける女性
・更年期障害のセルフケアの方法:基本的には症状が辛い場合には婦人科受診が前提ですが、「病気というほど辛い状態ではない」というケースも多いのがこの病気の特徴なので、何となく体調が思わしくないなと感じている人は市販薬(命の母Aやルビーナなど)、漢方薬(加味逍遙散、当帰芍薬散など)、年齢対策サプリメント、高麗人参などの健康食品を上手に活用してセルフケアを行ってみるという選択肢もあります。
どれが自分に適しているかなどは個人差がありますのでまずは薬局やドラッグストアで薬剤師に相談してみると良いでしょう。

まとめ

更年期障害は閉経(50歳〜51歳)ころに症状がピークとなるケースが多く、中でも「更年期脂肪」と呼ばれるエストロゲン不足によって起こる脂肪代謝の衰えが原因で急に太りだすことがあります。

また年齢的に中年太りとも重なりさらに太りやすい条件がそろってしまう時期なので、食事の見直しや運動習慣を持つ、正しいダイエットを行う、年齢対策サプリメントなどで代謝ケアを行うなどが重要になります。
閉経を迎えるというのは女性にとって大きな体質変化ですので、若いころのような無理なダイエットや暴飲暴食、不規則な生活習慣を送ることなどは極力避けるようにします。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います