あれ、風邪を引いたかなぁ・・・風邪の引き始めに感じるようなぞわぞわとした不快な感覚は、特に上半身に感じやすく更年期で起こりやすい症状のひとつです。
ぞわぞわという表現でまとめてみましたが、ふわふわして宙に浮いた感じや、何かが肌を這うような感覚も当てはまり、「何だか落ち着かない」とお悩みの声がよく聞かれる症状です。
更年期になると様々な不快な症状が起こりますが、何とも表現しにくいぞわぞわとした感じは、他の病気ではないかと心配される方もいらっしゃるようです。
そこで今回は、ぞわぞわとした感覚に注目し更年期障害による影響を見ていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害に感じる不快な「ぞわぞわ」の正体とは

悪寒を感じる女性

更年期障害の症状は様々で、症状の中には人間の体温に関係するものまであります。
女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、自律神経が乱れやすくなります。
自律神経は、体温や血流のコントロールも行っているので、更年期障害の代表的なホットフラッシュという症状(ほてりのぼせ、上半身がカーっと熱くなるような感覚)を引き起こします。
熱くなったかと思えば、急に寒気がしたり感じる体温の変動が大きくなり調整が困難になるのです。
今回は気になる症状として取り上げた「ぞわぞわ」という感覚も、体温調節が上手に出来ないという不調から起きている可能性が高く、対策方法としては、やはり女性ホルモンの「エストロゲン」を補う方法、また自律神経を安定させることに着目したセルフケアを行うことです。
それでも症状に改善が見られない場合は、速やかに病院にかかり診察を受けるようにしましょう。

まとめ

寒気のようにも感じるぞわぞわとした感覚は、女性の場合は月経前にも感じられることがあり、風邪などの不調以外にもやはりホルモンのバランスが関係しているのでしょう。

減少していく女性ホルモンを完全にストップすることはできませんが、減少するスピードを緩やかにすることは可能です。まずは、少しでも女性ホルモンの手助けをできるように努力してみましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います