あなたは更年期障害を知っていますか?
高年齢社会の今、更年期障害はここ10年でだれもがひと事ではなくなってきています。特に女性であれば自分を含め母親や家族、だれにでも起こりうる症状であることを理解すべき時代といえます。
更年期とは、女性の場合年齢を重ねるにつれて女性ホルモンのバランスが変化し、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの減少とともに「閉経を迎える前後の期間」のことを言います。
日本女性でいうと平均的な閉経の年齢が50歳前後となるので、実際は45歳〜55歳あたりの年齢が更年期と呼ばれています。
この閉経を迎えるにあたって女性の体内では女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が急激に減少し、その際に様々な症状が現れる場合があり、その症状を総称して更年期障害と呼びます。
ここからは更年期障害の症状についてと、その原因と予防策、治療方法、またおすすめできないサプリ等について解説していきたいと思います。
困り顔の女性

スポンサーリンク


更年期障害の多様な症状とは?

以下の項目からあなたはいくつの症状が当てはまりますか?
更年期障害予備軍チェックシート

  • 運動器官系症状

 ・しびれ
 ・手足の痛み
 ・肩こり
 ・関節痛
 ・腰痛
 ・筋肉痛

  • 消化器系症状

 ・食欲不振
 ・吐き気、嘔吐
 ・胃腸症状(胃痛、胸焼け、胃もたれ)

  • 精神神経系症状

 ・不定愁訴(イライラしたり、怒りっぽくなる)
 ・不安感に襲われることがある
 ・疲れやすい
 ・不眠症
 ・うつ状態
 ・だるさを感じる
 ・やる気が起きない

  • 血管・自律神経系症状

 ・ホットフラッシュ症状(顔がほてり赤みを帯びる)
 ・のぼせ、発汗
 ・高血圧
 ・動機・息切れ
 ・頭痛
 ・目眩

  • 生殖器系症状

 ・性欲が高まる
 ・性交時に痛みを感じる

チェックマーク
あなた、またはあなたの家族はいくつ当てはまりましたか?
ここにあげた症状を自己診断でチェックしてみて、当てはまる数が多いほど更年期障害である可能性が高いです。

更年期に起こる生理不順と閉経について

更年期には、これまで25~38日間で起こっていた月経周期に変化があらわれてきます。これは卵巣機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少し始めるからです。

更年期の生理不順には様々なパターンがありますが、生理周期が短くなったり、逆に長くなったりと個人差がありますが、その不規則な期間後にやがて生理が来なくなり「閉経」を迎えるケースが一般的です。この不規則な月経を経て、1年以上生理のない状態が続くと「閉経」を迎えたということになります。
月経周期の変化として、24日間以下の短い周期で月経が起こることを「頻発月経」と呼び、39日間以上期間があく場合を「稀発月経」と呼びます。また、月経血量にも変化が起き、生理ごとに出血量が多かったり、少なかったりする場合があります。
さらにはこの時期には排卵が起こらなくなるため、月経とは違う不規則な出血=「機能性出血」が起こることも多くなり、月経前の少量の出血や、月経後にダラダラと出血が続いてしまうこともあります。
機能性出血は自然と治まることが多いですが、他の病気が原因で不正出血を起こしている場合もあるので注意が必要です。これは機能性出血とは別に「器質性出血」と呼ばれ、子宮筋腫や子宮ガン、卵巣の病気で出血している場合もあります。
不正出血の際には、まずは産婦人科を受診するようにしましょう。

更年期障害にならない人について

悩む医師

実は更年期障害が起きない人も中にはいます。私たちの体には本来、ホメオスタシスという「生理機能の調整能力」“恒常性”という能力があり、外的ストレス(環境や気象などの変化)の影響を受けても生理機能を一定に保つこと能力のことを言います。

医学的にも自律神経並びに内分泌系の機能維持、血管(血液)の緩衝作用、腎臓の浸透圧調整機能維持にとって重要な能力であると認識されています。

40歳半ば前後になると閉経に向けて女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が徐々に減っていきますが、人間の身体はこの恒常性の機能があるので、女性ホルモン(エストロゲン)の量が少ないことに慣れてくるということになります。
しかし、女性ホルモンの分泌の減少のスピードがその人の持つ恒常性の機能より上回ってしまうと更年期障害を引き起こし、逆に恒常性機能が高ければ更年期障害は起きないのです。
つまり、更年期障害の予防策としては恒常性の機能を向上させることが大変重要になります。

自律神経失調症と更年期障害の関係

更年期障害の正体を理解する上で自律神経とは何かしっかり押さえておく必要があるのでここからは2つの関係性を解説していきます。

自律神経とは脈拍や血圧、発汗、消化運動などを調節している神経のことをいいます。
興奮や緊張している状態で優位になる神経を「交感神経」、抑制やリラックスしている状態で優位になる神経を「副交感神経」と呼びます。自律神経は、自分の意思とは関係なく刺激や情報に反応して、からだの機能をコントロールしています。
逆にいえば、意識してもできないことを担当しているのが自律神経ということです。
眠っている時に呼吸する、血液を流す、胃で食べ物を消化する、腸で栄養を吸収する、老廃物や疲労物質を集めて便や尿で排泄する、などはすべて自律神経のはたらきです。
お腹を抑える女性
また、昼間の活動で疲れた交換神経を、夜間の睡眠で副交換神経が休息させ修復しています。この正反対の2つの神経がバランスよくはたらくことで、いつも健康でいられるようになっているのです。
ほぼすべての臓器を動かしているのが自律神経のため、自律神経が乱れると脳や心臓、血流含め体中のありとあらゆるところの機能に不具合が生じます。
更年期障害になるといろんな症状に悩まされますが、ほぼすべての原因は自律神経の乱れから来ており、医学的に更年期障害が自律神経失調症の一種とされているのはそのためです。
同じく、うつ病も自律神経失調症の一種です。そのため更年期障害の際に、併発することも多くなるということです。
憂鬱そうな女性
次にホルモンと自律神経の関係性を解説します。
女性が40台半ばくらいになるとだんだんと女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減っていき生理不順が常態化してきます。
若いころに生理不順で悩んだ方なら経験していると思いますが、生理不順になると体調が崩れます。
ここで抑えておきたいのがホルモンと自律神経の関係です。大脳に視床下部というところがあり、そこで自律神経をコントロールしています。
そして視床下部のすぐ近くにある脳下垂体というところでホルモンを分泌していて、相互は密接に影響しあっています。
ですので、自律神経が乱れるとホルモンバランスが崩れるし、ホルモンバランスが崩れると自律神経も乱れます。
更年期障害の主症状としてホットフラッシュという症状がよく挙げられますが、ホットフラッシュとは真冬でも大量の汗をかいたり、運動をしていなくても上半身の顔や首筋、背中などからシャツがぐっしょりするほどの汗が噴き出たりする症状のことをいいます。
また、頭に血が上ったような感じになり、顔も紅潮したりします。
自律神経が正常であれば少し緊張したとしても交感神経と副交感神経が相互に作用して精神性発汗をコントロール、つまり汗をかくまでには至らないのですが、更年期障害になってホルモンバランスが乱れることで自律神経が乱れてくると、外出時やお友達と会う時など、様々なシーンで交感神経が過度に働いてしまいホットフラッシュになるのです。
ホットフラッシュ含め更年期障害特有の症状は、ほぼすべて自律神経の乱れが原因であるため、医学的に更年期障害は自律神経失調症の一種とされているのです。

若年性更年期障害とは?

疑問を感じる女性

最近、20~30代でほてりやのぼせ、イライラなど更年期のような症状を感じる女性が増えています。
これらは「プチ更年期」「プレ更年期」などと呼ばれています。
閉経前後に起きる純粋な更年期障害は、ホルモンバランスの乱れ自律神経の乱れを誘発して各種症状が起きますが、若年性更年期障害も同じく、ダイエットやストレス、過労、不規則な生活などによってもホルモンバランスが崩れ、自律神経の乱れを誘発して起きます。
若年性更年期障害の症状は更年期障害の症状とほぼ同じですが、ストレスを浴びてもホルモンバランスは乱れず自律神経だけ乱れて各種の症状が出ることもあることから、厳密に「若年性更年期障害」なのかどうかを判定するには病院に行って検査をするしかないでしょう。

更年期障害って何科を診すればいいの?

更年期障害にはさまざまな症状がありますが、病院で診てもらう場合に何科に行けば良いか悩む人もいるでしょう。

基本的には女性ホルモンが関係しているので、婦人科を受診するのがいいでしょう。病院によっては更年期外来があるので、更年期外来に行くのが最善です。「もしかしたら更年期障害かも」と思った際はがまんせずに早めの受診をおすすめします。

病院での治療法について

出ている症状が更年期障害かどうかの診断のためにはまず血液検査をします。

病院

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)は、減少したエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する療法です。

また、子宮を有する場合には、黄体ホルモン(プロゲステロン)を一緒に投与します。保険適用で、自己負担も少なく、更年期障害の根本的な治療法としてもっとも期待されています。

漢方薬治療

東洋医学から生まれた漢方は、症状の改善によいといわれています。

ホルモン補充療法(HRT)が使用できない場合や、多彩な更年期障害の訴えを持つ場合にはまず試みられる方法です。ホルモン補充療法(HRT)エストロゲンが低下することによって起こる直接の症状、のぼせ・ほてり・発汗・膣の乾燥感等への対処が得意ですが、すべての症状に対応できるわけではありません。
漢方はある決まった症状に効くというより、全身の「血液」「水分」「気」の「巡り」を良くして、バランスを整えることで不調を改善します。

プラセンタ療法

プラセンタは「胎盤」を表す英語ですが、一般的には哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスのことを「プラセンタ」と呼んでいます。

プラセンタ(胎盤エキス)の摂取方法には主に「注射」「飲む(経口摂取)」「皮膚に塗る」の3つがありますが、プラセンタの効果は体内に原液を直接注入する注射での摂取が一番高いとされており、経口摂取時の効果は科学的な根拠が少ないとされていますが、最近では経口摂取の有用性が示されたという研究結果も少なくありません。
プラセンタは、ヒト胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスで、多種のアミノ酸やビタミン・ミネラルを豊富に含みます。新陳代謝や血行を促進して免疫力自己治癒力を高めます。

各療法における副作用について

副作用に関してですが、ホルモン補充療法(HRT)は治療開始初期に、乳房や下腹部の張りや痛み、不正性器出血が起きることがあります。しばらくすると改善することが多いのですが、投与方法や量の変更をする場合もあります。

漢方治療やプラセンタ療法に関しては副作用が少ない分、効果が穏やかとなります。

大豆イソフラボンは女性ホルモンの代わりになる?

豆腐

大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンのような働きをすることでよく知られていますが、内閣府食品安全委員会が発表しているアメリカ米国心臓協会の試験結果によると「大豆イソフラボンは更年期障害に効果がないだけでなく、女性ホルモンによって起こる乳癌のリスクを排除する根拠がない」と結論づけています。
また、同じく内閣府食品安全委員会が公表している米国医療研究・品質調査機構のヒト試験の結果の報告では「大豆イソフラボンの健康への影響について更年期障害への効果、月経周期への効果については裏付けがない」としています。ですので、実際には大豆イソフラボンは更年期障害にはおすすめできません。

市販の医薬品における落とし穴

例えば、有名なタケダ漢方のルビーナですが、この薬は血のめぐりを良くして体を温める“四物湯(しもつとう)”と、水分代謝や乱れた自律神経のはたらきを整える“苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)”を組み合わせた「連珠飲」(れんじゅいん)という処方にもとづく漢方ベースのサプリメントで、更年期障害といえばルビーナというくらい有名な薬です。

しかし、多少の効能はあるようですが漢方処方ですので、ホルモンバランスを整える効能と「恒常性」への効能がないので、ルビーナは恒常性およびホルモンバランスへの効能がないので更年期障害の対策とするには十分とは言えません。
恒常性とホルモンバランス対策を別途行うようにしましょう。

結局何をすれば更年期障害に完璧な対策となるの?

不思議そうにする女性

ここまで述べさせていただいたように、とにかく更年期障害への対策として有用なのはこの3つに尽きるのです。
  1. ホルモンバランスを整えること
  2. 自律神経のバランスを整えること
  3. 恒常機能を向上させること
しかし女性ホルモンの分泌が減ることを食い止めることはできません。
また、だからといってホルモン注射も副作用がありますのでおすすめはできません。
更年期障害の女性ホルモン対策にとって大事なことは「ホルモンの分泌の減少スピードを緩やかにすることであり、つまり閉経までゆっくりシフトさせること」が大事であり、それがホルモンバランスを整えるということなのです。
大豆イソフラボンに関しては女性ホルモンの代役にならない上に乳がんのリスクが否定できません。
また、市販の漢方医療薬品として有名なこうじルビーナでいうと、血のめぐりや自律神経への効能はあるもののホルモンバランスや恒常性への働きかけの効能はないのです。
他にも、ロイヤルゼリーやマカにも女性ホルモン(エストロゲン)と同様の副作用があるとうたわれますが、どちらもそれを裏付ける臨床データや論文はどんなに探しても見つかりません。

更年の悩みには高麗人参のパワーが最適

高麗人参

更年期障害への対策・予防として自律神経の崩れを整えること、また、ホルモンバランスの乱れを整えること、この2点の症状の改善と緩和ですが、これは「高麗人参」が最も得意とする効能です。
高麗人参とは2000年ほど前に中国で作られた医学書にも既にその存在が明らかにされており、「万能薬」として泰の始皇帝も愛用していたといわれ、中国では古くから不老長寿の万能薬として使われてきました。日本でも徳川家康が愛用していたという記録が残っているようです。
高麗人参には“ジンセノサイド(サポニン)”という物質が豊富に含まれます。ジンセノサイドの大きな効能の1つが“自律神経への働きかけ”なのです。ジンセノサイドは主として、中枢神経を落ち着かせる“ジオール系”と、中枢神経を元気にする“トリオール系”に分類されますが、高麗人参はこの2種をとても良いバランスで含んでいます。ジンセノサイドは中枢神経を落ち着かせ、元気にもする。
これはつまり“交感神経・副交感神経の両方に作用し、適切に働くようにうまく調節してくれる” まさに万能薬であるといえるでしょう。

更年期障害における症状とその対策のまとめ

更年期とは人生の折り返し地点です。すべての女性が経験するものなのです。更年における様々な不快な症状を知り、上手に知ってうまく付き合い改善することで、あなた自身またはあなたの家族をサポートし快適に過ごしましょう。

「これって更年期かも?」誰しもそう感じる時はやってくるのです。その時は更年期障害を恐れず、まずはがまんをせず病院へ行くこともいいでしょう。変わり目世代なのですから、自律神経とホルモンバランスの乱れを整えればいいのです。
病院に行くにはおおげさだという方へは、高麗人参のサプリが手軽でその予防や緩和のサポート役にいいでしょう。市販薬ではなかなか手に入らない、良質な高麗人参のサプリなんかは通販で簡単に買える時代です。
目眩、ほてり、動悸、息切れ、疲労、イライラなど、更年の悩みは知識で改善できるのです。
悩んでいた症状を改善し、元気にはつらつとした毎日を送りましょう。
以 上 
PR

更年期対策にはこちらのサプリメントがおすすめ

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います