日本人にとって高血圧は非常に身近な病気です。
生活習慣病を代表するだけでなく、脳梗塞やガン、心筋梗塞、アレルギーなどあらゆる病気が高血圧を伴うことが多く、高血圧の背後にはこうした怖い病気が隠れている事も少なくないのです。
高血圧症の患者数は現在1000万人を超えていると言われています。これは検診で明らかになっている人の数ですので潜在的な高血圧患者はもっと増えるという指摘もあります。
この病気の厄介なところは無症状のまま進行していき、中でも動脈硬化症や糖尿病とは非常に因果関係が深く多くの場合合併している可能性が高いという事です。それゆえにこの3つの疾患は「サイレントキラー」とも呼ばれています。
しかし、早い段階で適切な治療や対策を講じれば症状の進行を食い止めることができます。今回は二次性の高血圧(原因不明の高血圧)に対する対策として高麗人参の効果効能を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク


高血圧がもたらす数多くの健康被害

血圧計

そもそも「高血圧」とはどのような状態をいうのでしょう。
私たちは生きていく上で様々なストレスにさらされています。またそれを解消するために睡眠をとりリラクゼーションを心がけています。この「ストレスを感じているとき」と「休息またはリラックスしているとき」とでは血圧が大きく変わってきます。
では「血圧」とは一体なんなのか?というところから理解していきましょう。
血圧とは「血管の内圧」という風に定義されています。“血管の内圧”とは血管の中を流れる血液の流れの強弱によって変わってきます。人の体内の血液の総量はだいたい一定ですので、血流が速くなると血圧が上がる、血流が遅くなると血圧が下がるということになります。
ただし血液は血管壁の収縮運動によって速くなったり遅くなったりしますので、結論的には
  • 血管が収縮する→血流が速くなる→血圧が上がる
  • 血管が拡張する→血流が遅くなる→血圧が下がる
ということになります。
一回の血圧測定では意図的に血管に外圧をかけて血管の伸び縮みの度合いを調べます。
そうして最高血圧と最低血圧を測り、平均値から異常に高い場合は「高血圧」という診断になります。(血圧の測定方法についてはすでに皆さんご承知のことと思いますのでここでは割愛します)
焦っている男性
一般的には75歳未満までは最高血圧値が135(85)mmHg程度、後期高齢者で145(85)mmHg(内は最低血圧値)であれば正常値と言われています。(診察室で計った場合はこれよりも+5mmHgほど高い値が正常値とされています)
さらに「高血圧症」というのは恒常的に(つまりリラックス状態に近い場合でも)この正常値を超えた血圧である状態のことを意味していて、血管もしくは内臓など身体の内部あるいは精神的に何かしらの異常が発生していると考えられるのです。
そして高血圧は無症状のまま進行していき自覚症状が出たときは手の施しようがない状態になる事が多く、高血圧症での死亡者は年間1000人を超えていると言われています。
加えて高血圧症はいろいろな病気と合併しやすいため高血圧を指摘された場合は全身を精査して他に異常がないかどうかが検査されることになります。
つまり、高血圧とは身近でありながら十分な注意が必要な病気であるということです。

高血圧に合併しやすい病気

・血管の病気:動脈硬化症、動静脈瘤、解離性大動脈瘤など
・脳の病気:脳梗塞、アルツハイマー、脳腫瘍、慢性型頭痛、てんかんなど
・目の病気:眼精疲労、白内障、網膜症、緑内障、結膜炎、遠視、近視など
・耳鼻科の病気:慢性鼻炎、蓄膿症、アレルギー性鼻炎、内耳炎、外耳炎、メニエール病、特発性難聴など
・歯科領域の病気:歯肉炎、歯周病、虫歯、顎関節症、舌癌など

・のどの病気:扁桃炎、首のコリ、頚椎症、甲状腺疾患、頸部腫瘤など
・生活習慣病:動脈硬化症、糖尿病、肥満、脂質異常、メタボリックシンドロームなど
・心臓の病気:心筋梗塞、狭心症、不整脈など
・肺の病気:COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺がん、肺炎、間質性肺炎、気管支喘息など
・消化器の病気:胃炎、胃潰瘍、胃がん、便秘、腸炎、イレウス、大腸がん、消化管ポリープ、胆石症、盲腸など
・代謝系の病気:膵炎、各種腎臓病、各種肝臓病など
・泌尿器科の病気:膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大症など
・精神科領域の病気:不眠症、うつ病、統合失調症、パニック症候群、認知症など
・その他:感染症、アレルギー性疾患、自己免疫性疾患、妊娠、更年期障害、腰痛症、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、加齢、発熱、各種がんなど
このように高血圧症はあらゆる病気との因果関係が疑われるのです。そのため高血圧が指摘されたら早めに病院で再検査をしてもらい全身状態を調べ、背後に怖い病気が隠れいていないかどうかを確認してもらう必要性があります。
もし「血圧が高い傾向にある」=高血圧(状態)ならばセルフケアも可能ですので、以下のパートからはより詳しく高血圧の原因やその対処法などを説明していきたいと思います。

高血圧の原因について知る

手を差し出す医師

このパートでは高血圧の主な原因について解説していきます。

動脈硬化

コレステロールや中性脂肪などの影響で血液がドロドロになり血管壁に血栓が付着することでその部分に炎症が起こり血管の機能が低下してしまう状態です。血栓ができた部分は血液の通り道が細くなるので内圧が上がり血圧は上昇します。

また動脈硬化が進むと血液を送る力が低下するため、血圧を高めて全身に血液を送ろうとするため恒常的に血圧が上がります。

塩分過多

味の濃い食事や塩分が高めの食事をすることで体内のナトリウム量が上昇し、余分なナトリウムを代謝しようとして最終的に血漿(凝固成分)が増加し、血管壁への圧力が高まり高血圧になります。
また、ナトリウムの持つ脱水作用によって血管が収縮しやすくなることも影響しています。

肥満

皮下脂肪や内臓脂肪によって血管が圧迫され高血圧になりやすくなります。また肥満になるとインスリンの血中濃度が高まり、これによって血液内のナトリウムの量が増えて上記のように血圧が上がりやすくなります。

精神的なストレス

精神的なストレスには血管を萎縮させる作用があります。これは「失血死を防ぐため」という本来人間が持つ高度な自己防衛本能なのですが慢性的な精神的なストレスは恒常的な高血圧状態を招いてしまいます。

ストレスを溜め込んでいるスーツ姿の男性

慢性便秘

腸には多くの血管が接続されています。慢性便秘になると大腸内に便が留まり続けるため大腸周辺の血管を圧迫して血圧が高くなります。また、便からでる毒性の強いメタンガスの影響で血管の機能が低下することでも血圧が上がりやすくなります。

遺伝的な要因

両親のどちらかが先天的な高血圧症の場合には子供にも遺伝しやすくなります。

その他にも妊娠や更年期障害、自律神経失調、うつ、不眠症なども代表的な高血圧の原因となります。

血圧を適切に下げるためにはどうすればいいの?

疑問を感じる白衣の女性

進行した高血圧症、基礎疾患からくる高血圧症、遺伝性の高血圧症の場合は降圧剤の治療が必要ですが、それ以外の生活習慣の乱れや年齢からくる高血圧の場合は早い段階であればセルフケアが可能です。
このパートでは日常生活の中で実践できる高血圧の対処法を紹介していきましょう。

適度な運動習慣

運動すると心拍数が上がることで血管の動きも活発になります。血管も筋肉で出来ているので、運動することで鍛えられしなやかさや丈夫さが出て高血圧になりにくくなります。

また、自律神経を整えるには1日30分ほどのウォーキングや軽めのジョギングでも効果があると言われているので、無理のない範囲で適度な運動習慣を持つようにしましょう。

血圧をできるだけあげない生活習慣

血圧をコントロールするのは「自律神経」です。自律神経は生きていくことの基本的な部分を制御している重要な中枢神経なので生活習慣や生活リズムの影響を強く受けます。したがって以下に挙げるような生活習慣を実践することで血圧を必要以上にあげないようにすることが期待できます。

・ストレスを解消する:趣味を持つ、スポーツで汗をながす、おしゃべりを楽しむなどでストレスを上手に解消しましょう。
・車の運転を避ける:緊張感を持続させると血圧が上がりやすくなります。
・食事の時間や就寝の時間を決める:生活リズムを一定にすることで自律神経が整いやすくなります。
塩分の摂取量に気をつける:薄味を心がけ、外食の時にはメニュー表にある塩分量を確認するなどして塩分の取りすぎには気を付けましょう。
・休息はたっぷりと取る:質の良い睡眠によって自律神経はリセットされストレスが解消され血圧が適切な値まで下がります。

血圧をコントロールする食材

ニンニク

日々の食事に血圧をコントロールするのに有効な食材を取り入れるようにしましょう。
・ニンニク:ニンニクに含まれているアリシンという成分がコレステロールを抑制する働きがあります。
・オリーブオイル:オレイン酸などの善玉コレステロールは悪玉コレステロールの排泄を促してくれます。
・貝類:貝類(特にシジミ)に多く含まれているタウリンには自律神経の働きを調整する作用があります。また体内の不要な塩分や水分の排泄を促してくれるため高血圧の予防改善に効果的です。
・ごぼう:ごぼうにはリグニンという成分が含まれていて、この成分には血圧を下げる作用があります。またごぼうに含まれている豊富な食物繊維(水溶性、不溶性ともに野菜類でもトップクラスです)によって便秘が解消され血圧を下げる効果が期待できます。
・酢:酢の主成分である酢酸(さくさん)には血圧を下げる効果が確認されています。
・ほうれん草、りんご、バナナ:これらの食材にはナトリウムの排泄を促す「カリウム」が含まれています。
・ナッツ類、豆類、海藻類:これらの食材に含まれている「マグネシウム」はナトリウムの排泄を促すカリウムの働きを助ける作用があります。
・小魚類、乳製品:カルシウムが不足すると血管の収縮が促進されて血圧が上がりやすくなるので小魚類や乳製品でカルシウムを補給するようにしましょう。

高麗人参が持つ血圧に対する効果効能について

高血圧は生活習慣の中でも特に食生活と運動習慣、そして精神的なストレスに強い影響を受けます。

運動習慣や食生活を正すことは高血圧改善の基本なのですが忙しい現代人にとって毎日これらの生活リズムを維持するというのは並大抵のことではありません。
血圧予防のための生活習慣改善の努力が逆にストレスになると本末転倒な話になってしまいます。そうならないためにも手軽に生活習慣の改善をサポートする方法をご紹介しましょう。それが高麗人参です。
高麗人参にはサポニン成分をはじめとしてミネラル、ビタミン、アミノ酸、食物繊維などがバランス良く含まれているパーフェクト食材と呼ばれています。それではこのパートでは特に注目したい「サポニン」について説明していきたいと思います。
サポニンは大豆や根菜類に多く含まれている健康成分で、独特の渋みや苦みの元となります。そして、水と油に溶けるというちょっと変わった性質があります。
現在のところサポニンが持つ健康作用の中でわかっているものが
  • 血流改善効果
  • コレステロールを代謝する効果
  • 中性脂肪を下げる効果
  • 血圧を下げる効果
  • 免疫力を向上する効果
  • 自律神経を整える効果
  • 肥満予防効果
  • 肝機能を高める効果
  • 咳を鎮めたんを切る効果
などです。
ご覧のようにそのものズバリ、「血圧を下げる効果」そして血圧を上げる要因である「肥満予防効果」、「コレステロールを代謝する効果」、「中性脂肪を下げる効果」、「自律神経を整える効果」などがありますので高血圧の予防改善に効果的であるというのがわかります。

まとめ

本文でも紹介しているように高血圧は日本人にとってとても身近であり、放置していると恐ろしい病気を合併する危険性がある警戒すべき病気です。しかも無症状でいつの間にか進行してしまうので、定期的に検診を受けて血圧を把握するようにしましょう。

その高血圧を予防改善するには生活習慣を改め、ストレスを溜めないようにして、運動習慣を身につけ肥満にならないようにするなどいろいろと気を使わなければならないところが出てきます。
ストレス社会と呼ばれる現代を生きる日本人にとってこれはいうに優しく行うに難しいことではないでしょうか?そんな時は高麗人参を取り入れ、サポニンの健康作用で高血圧対策を立ててみてください。きっとあなたの役に立つことでしょう。
以 上 

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。