忙しくて体調を崩してもちょっとしたことでは病院に行くことができない人、または年齢からくる体調不良があって不安な人、家族の健康を第一に考えたい人、そういう人はとても多いのではないでしょうか?
健康食品やサプリメントにはいろいろな種類があってどれを選べばいいのか正直迷っている人も多いことと思います。
そんな人にはまず古くから日本でも和漢成分として重用されてきた「高麗人参」を試してみてはいかがでしょうか?高麗人参には高麗人参にしか含まれていない独自成分「ジンセノサイド」という健康成分が含まれています。この成分が長きにわたって和漢の世界で万能の妙丹と言われてきた所以であると言えるのです。
今回は日本人にも馴染みの深い高麗人参の効能についてできるだけわかりやすく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


高麗人参由来のサポニンの効能とは?

説明する博士

高麗人参には「ジンセノサイド」という独自のサポニン成分が含まれています。サポニンとは健康成分の一種でほぼ全ての植物にも含まれていますが、特に大豆やごぼう、高麗人参に豊富に含まれていることが有名です。
そして中でも高麗人参だけにしか含まれていないジンセノサイドは現在30種類以上の成分が確認されており、この成分が「疲労回復」や「更年期障害」「糖尿病」のサポートに有益だということが判明しています。
このパートではジンセノサイドが持つ以下の生活習慣病に対する効能を説明していきたいと思います。

高麗人参の肝臓に対する効能

サポニンに共通する効能として「肝機能を向上させる作用」があります。サポニンには肝臓のアルコール分解酵素の産生能力を高める作用があることが確認されています。

加えて高い血流改善効果によって「血の塊」とも称されている肝臓への血流量が増え、肝機能が順調に機能することをサポートします。こうして肝臓の各種機能が高まり、肝機能障害を予防することにつながります。

高麗人参の血圧に対する効能

またサポニンには「コレステロールの代謝を促す作用」が確認されています。

高血圧とは血中の悪玉コレステロールが血管壁に張り付いてそこから「血栓」ができ、それが大きく成長することで血液の通り道が細くなって血圧が上昇することと、血中のコレステロール値が高くなると血液がドロドロになり、比重が増すことで血管と心臓に負担がかかり、より強い圧力で血流を上げようとするので血圧が上がるパターンが同時に起こる場合があります。
この状態が常態化すると「高血圧症」になるので、サポニンのコレステロールの代謝を促す効能は高血圧予防に効果的と言えるのです。

高麗人参の痛風に対する効能

痛風とは何らかの原因で血液中の尿酸という物質が結晶化し、関節や骨に張り付いてそこから炎症を起こす病気です。
尿酸結晶ができる原因には

  • アルコールの摂取
  • プリン体を多く含む物質の過剰摂取
  • 肥満
  • 30代以上の男性
などが挙げられています。
普段は健康に良いとされている魚介類もプリン体の多い食材ですが、プリン体に関しては食べ過ぎなければ問題ないので栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。
また尿酸は体の中が酸性に傾くと結晶化しやすくなるということがわかっています。体が酸性に傾く(酸性体質になる)場合というのは
  • 肉食が多い
  • 砂糖などの甘い物をとりすぎる
  • 脂肪分のとりすぎ
などが主な原因となります。
これを防ぐにはサポニンの持つ
  • アルコールを分解する効能
  • コレステロールを代謝する効能
が特に効果があることになります。

高麗人参は男性と女性とでは効能が違う?

指差す白衣女性

高麗人参の男性への効能

高麗人参は男性向けの精力強壮剤の原料としても用いられています。これはサポニンの働きにより血流が改善し、自律神経の働きが活性化することで男性機能を回復するベースを作る作用があるからです。

また慢性的な疲労感や倦怠感などからくる性欲の減退には興奮系のトリオール系サポニンが作用して体力と気力を蘇らせ性欲の向上にもつながると考えられています。

高麗人参の女性への効能

高麗人参のもつ血流改善効果や自律神経を再調整する作用は女性特有の悩み(生理痛や生理不順),更年期障害の改善などにも有効だとされています。

さらに豊富な食物繊維が便秘を改善し、水溶性ビタミンなどの働きで新陳代謝が活性化するので肌荒れやアンチエイジング、下腹部のポッコリ解消にも役立ちます。

高麗人参の効能に副作用はあるのか?

高麗人参のレビューを見ると「喉の渇き」、「下痢」、「湿疹」、「頭痛」、「不眠」、「動悸」などの副作用とも思える表現を眼にすることがあります。

食品ですのでアレルギーの存在は否定できませんが、これらは東洋医学でいう「好転反応」である可能性が高いと思われます。
人間の体は調子が悪くてもそれ以上悪くならないように“悪いなりに状態を維持しようとする”意識が働きます。体がその状態に「慣れる」ことで苦痛がある程度和らぐからです。
東洋医学ではこの状態になると体内の「血」、「水」、「気」のいずれかの巡りが悪くなっていると考えます。高麗人参は「血」、「水」、「気」のいずれにも作用し、体内の巡りを良くする効能があるため、それまで悪いなりに保っていたバランスが一時的に大きく崩れることになります。この時にでるのが「好転反応」です。
この「好転反応」は合成薬でも似た様な作用があり、病院からもらう薬で医師や薬剤師から「飲み始めの頃は副作用が出やすいですが体が慣れれば問題なくなるので続けてください」と言われるタイプの薬がこれにあたります。(西洋医学では好転反応という概念がないので「投薬初期に現れる副作用」と表現されます)
好転反応は1週間〜1ヶ月程度で消えていきますが、症状が重い人や1ヶ月以上長引く人は一度医療機関に相談してみてください。その上でアレルギーなどの問題がなければ量を調整して飲むなどの工夫をすれば良いでしょう。

高麗人参を加工した健康食品等について

ティーポット

高麗人参にはいろいろな関連商品があります。有効成分のジンセノサイドの効能は以下の様な加工の方法であれば劣化するようなことはほとんどないとされています。
したがって自分のライフスタイルに合った高麗人参の加工品を選ぶようにしてください。

高麗人参茶

高麗人参を粉砕して粉末茶やティーバックにしたタイプです。
昔ながらの長時間煎じて飲む方法や普通のハーブティーのように蒸らしてから飲むタイプなどがあります。

高麗人参酒

生の高麗人参をホワイトリカーや40度ほどの焼酎に漬け込んだ健康酒です。
自作している人もいますので基本的な作り方を紹介しましょう。

  • 梅酒作り用の瓶のように口の広い瓶を用意します(ガラス製にしてください)
  • 生の高麗人参200gに対してホワイトリカー2リットルが基本となります
  • 直射日光のあたらない涼しい場所で半年ほど付け込めば完成です。使用する高麗人参は無農薬か低農薬のものを選ぶ様にしましょう。(乾燥した高麗人参の場合は100gが目安となります)

高麗人参エキス

高麗人参から抽出したエキスを高濃度に濃縮した健康食品です。
紅参という最高ランクのものが使われているタイプがオススメです。

高麗人参サプリメント

より手軽に高麗人参を飲みたい場合にはサプリメントがオススメです。ただし、サプリメントの場合は一日の摂取目安量を守る様にしてください。
飲み方や飲むタイミングなどは自由です。

まとめ

健康意識の高い人やこれから何か健康に良いものを探している人には高麗人参がオススメです。その理由は高麗人参にしか含まれていないジンセノサイドというサポニン成分が持つ多くの健康効能のためです。(効能については本文を参照してください)

高麗人参を日常に取り入れるには加工品を利用するのが一番便利でしょう。人参茶、人参酒、濃縮エキス、サプリメントなどがあります。ご自身のライフスタイルにあう形で取り入れて健康生活に役立てましょう。
以 上 

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。