古くからお酢は体に良いとされていて、スーパーなどでは様々な黒酢製品を目にするようになりました。
黒酢には、豊富なビタミン、ミネラル、アミノ酸、クエン酸が含まれていて疲労回復効果、ダイエット効果、美容効果、高血圧予防効果、育毛効果、血流改善効果など数えきれないほどの多くの効果、効能が期待されています。
実は、この注目の黒酢には40代中ばころからの女性に起こりやすく更年期障害の症状を改善する効果もあるとして、高い関心を集めています。
そこで、今回は黒酢が与える更年期障害への影響や黒酢を効率よく生活に取り入れる方法など、黒酢の働きについてまとめていきましょう。

スポンサーリンク


黒酢が更年期障害に効く、その理由とは

黒酢

栄養成分が豊富な黒酢には、普通の酢と製造方法と原料に違いがあります。精米が原料となるのが米酢ですが、黒酢では精米より栄養価が優れている玄米や大麦が原材料として使われています。
通常の酢は、精米を蒸してホーローやステンレスの容器に入れて水や麹菌、酢酸菌を加え4カ月ほどで完成します。
しかし、黒酢は壺の中に原材料を仕込み発酵が進められ、1年~3年ほどゆっくり時間をかけて醸造されています。黒酢の独特の色の黒さは、熟成期間が長くアミノ酸が豊富に含まれていて味がまろやかに仕上がっている証拠です。
黒酢には以下のような成分が含まれていて、これらの物質により様々な効果が与えられています。

①必須アミノ酸

黒酢には、心身の健康を守るために欠かせない必須アミノ酸がバランス良く豊富に含まれています。必須アミノ酸は体内で生成することができないという特徴があり、
特に注目したいのは自律神経の乱れを整え不安定な心になりやすい更年期障害を改善させるトリプトファンが含まれているというところです。

②酢酸

黒酢の主成分は酢酸という成分です。酢酸は体内に入るとクエン酸へと変化し、疲労を感じさせる原因となる乳酸などの物質を除去し、血圧を低下させる働きもあります。

③ビタミンB群やミネラル

黒酢にはアミノ酸の他にも、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンB2などのビタミン群とカルシウム、カリウム、鉄分、マグネシウム、リンなどのミネラルを含んでいます。ビタミン群は、代謝の働きを粗寄進し糖をエネルギーに変え、更年期障害でむくみやすい体質を改善し、便秘の解消にもつながります。

また、太りやすくなる更年期での肥満を防いでくれます。また、強い骨を生成するカルシウムの吸収をサポートすることで、女性ホルモン、エストロゲンの減少により更年期以降に起こりやすい骨粗しょう症予防にも非常に優れています。

黒酢を上手に活用する方法、効果的な摂取方法について

考える医師

健康のためや更年期障害に良いとされている黒酢は、効果を最大限に生かすためにも適切な方法で取り入れるようにしましょう。

黒酢の原液の1日の摂取量の目安は、30ml、大さじ2杯程度が適量です。原液そのまま飲みのでは刺激が強く体内を傷めてしまいます。黒酢の原液大さじ1杯に対して、水を大さじ5杯の割合になるように薄めて摂取しましょう。
黒酢は、ドリンクとして割って飲む他に、料理にも活用できます。黒酢でドレッシングの材料として活用するとまろやかな風味が美味しく、栄養も摂れるようになります。
他にも、黒酢あんかけや酸辣湯、黒酢スープなどに活用でき、アイデア次第で黒酢はたくさんのアレンジの幅を持ち合わせています。
最近ではサプリメントタイプの黒酢も多く販売されており、酢の酸味が苦手な方やさらに効率よく黒酢を取り入れて手軽に黒酢に効果を得たい方から支持を集めています。ご自分のライフスタイル合った方法で、黒酢の有効な成分を役立てていきましょう。

まとめ

黒酢は、まろやかな風味が特徴でどんなドリンクにも合わせやすい味ではないでしょうか。通常のお酢よりも酸味が穏やかなので、我が家では酢豚のソースに使用しています。料理にも万能に使えることから、自分なりのアレンジ方法を考えてみると楽しみも広がりますね。

疲れやすくストレスも溜まり、イライラしやすい更年期障害の症状を和らげ、健康、美容にも効果が高い黒酢に対しては、症状が改善されたという口コミも多く、一躍ブームにもなりました。
胃腸の弱い方には黒酢成分は刺激が強いことからサプリメントに切り替えるケースも多いようです。根強いファンが多いことからも、黒酢の効果は確かなものとして安心できますね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います