高麗人参はウコギ科・多年草の根菜です。主な成分は
  • 炭水化物
  • 各種アミノ酸(ペプチド)
  • 核酸類
  • 各種ビタミン
  • 各種ミネラル
などで、これらをバランスよく含んでいるため、漢方の世界では不老不死の妙薬」や「オールマイティな薬」として重宝されてきました。高麗人参の健康維持力の高さは上記栄養素がバランスよく配合されていることに加え、特筆すべきは「ジンセノサイド」と呼ばれる特有のサポニン群をおよそ40種類も含んでいることです。
一般的に「サポニン」は過剰摂取すると毒性を示す特徴がありますが、ジンセノサイドには毒性がなく、また常習性もないので依存症などに陥ることも副作用もないというメリットがあります。また、「ジンセノサイド」の語源は高麗人参の英名「ginseng」と多糖体を示す「glycoside」とが組み合わさった造語で、この成分が高麗人参特有のものであることを示しています。

スポンサーリンク


高麗人参発!脅威の栄養成分「ジンセノサイド」

高麗人参の主成分として一般的に広く知られているのが「サポニン」です。サポニンは他にも大豆に多く含まれている成分で以下のような働きがあることが判明しています。
  • 活性酸素の働きを阻止(エイジングケア)
  • 病気などに対する抵抗力(感染症ケア)
  • 「めぐり」をうながす
  • コレステロール調整機能
  • 脂肪吸収抑制力(カロリーコントロール補助)
などです。
しかし、一般的なサポニンは過剰摂取すると毒性を示し、かえって健康被害に発展することが示唆されています。ところが高麗人参に含まれているサポニンは「ジンセノサイド」という種類で、これには毒性がなく大量に摂取しても中毒症や副作用などの健康被害が起こる心配もないので安心して摂取できるというメリットがあります。
good5-f
ところで、「ジンセノサイド」という名称ですが、これは「ginseng(ジンセン:高麗人参)」と多糖体を示す「glycoside(グリコシド)」とが組み合わさった造語で、この成分が高麗人参特有のものであるということを示しています。また、ジンセノサイドは単一の成分ではなく幾つかの種類に分類されていて、高麗人参にはおよそ40種類ものジンセノサイドが含まれているとされています(ただし、配合比率は産地や気象条件などによっても異なってきます)。
さらに40種類以上あるとされているジンセノサイドは主に
  1. ジオール系
  2. トリオール系
  3. オレアノール系
の三つに大別することができ、そこからさらに吸収率の違いによって
  • メジャージンセノサイド(分子が大きく吸収率が悪い)
  • マイナージンセノサイド(低分子で吸収率が高い)
に分けられます。
メジャージンセノサイドの中には熱を加えることで低分子化して吸収率が上がるタイプもあります。高麗人参が“加熱しても栄養価が高い”とされているのはこのように熱化学反応によってマイナー化するジンセノサイドタイプが存在するからだといえます。
それでは働きによって分けられる三タイプについてもう少し詳しく説明していきましょう。
  • ジオール系:中枢神経抑制力(鎮静力)
  • トリオール系:中枢神経刺激力(興奮力)
  • オレアノール系:免疫機能の活性化(炎症緩和、体内から毒素や老廃物を取り除く、肝臓機能を助けるなど)
ざっくりと分けるとこのような分類になります。中でもユニークなのが「ジオール系」と「トリオール系」の二律背反する働き(鎮静と興奮)です。高麗人参の有用性のなかでもこの二つの成分の配合バランスは非常に重要視されていて、1:1の配合比率が理想的とされています。
高麗人参関連サプリメントには男性向けの精力剤など主に「興奮力」をサポートすることを重要視しているタイプや、女性の更年期障害(ホットフラッシュ、多汗、不定愁訴など)をコントロールさせるための「鎮静力」を主眼としたものがありますが、この相反する力が高麗人参一つで期待できるのも「ジンセノサイド」の働きのおかげだといえるのです。
doctor-egao-f
もう少し噛み砕いて言えば、人は1日の中で絶えず興奮と鎮静とを繰り返しながら日々を送っています。自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、日中の活動時間中は交感神経が優位にあり、外的なストレスに対して常に神経を張り巡らせているのですが、なんらかの原因で交感神経が異常興奮を起こすとイライラや不満感、不安感、怒りなどのネガティブな思考や感情が先行して情緒不安に陥ります。こうしたことを抑制するために脳内で興奮物質が過剰生産された時は「ジオール系」が働き、興奮を鎮めてくれます
一方、夜は入眠によって副交感神経が優位となり日中に受けたストレスや心身の傷を癒す自己修復を調整する機能が発揮されることになります(人が本来持つ中枢神経の鎮静作用が優位になります)。ところがこの時になんらかの原因で自律神経が異常興奮を起こしてしまうと寝付けなくなってしまい、それが慢性化すると不眠症となり、慢性的なストレスが解消できずにやがてはうつ病や総合失調症などの精神病へのリスクが高まります。
こうした事態を回避する際にもジオール系のもつ鎮静力が非常に活躍するですが、ジオール系ばかりが優位に働こうとすると今度は鎮静力が暴走して、
  • 無気力感
  • 虚脱感
  • 易疲労感
などの「うつ」に近い精神状態に陥り、これが慢性化することでうつ病に進行する可能性が高くなってしまいます。この時に活躍するのが「トリオール系」が持つ興奮力です。
また、トリオール系が働いて神経が興奮する時には「脈が上がる=めぐりが良くなる」ので、生活習慣から起こる不調、男性の更年期特有の悩みや症状、女性に多い「めぐり」の滞りといった状態にも優れた力を発揮するということが判明しています。
このようにたとえ高麗人参に二律背反する働きがあったとしても、必要な栄養素が十分に補給できれば、吸収されてからの働きは脳の指令によって適材適所で起動するようになるので問題ないどころか、逆に「バランスを取りやすくなる」のです。従って一見矛盾するかのようなジンセノサイドの働きこそが高麗人参の高い健康維持力の源であるといえるのです。そしてもちろん「オレアノール系」がもつ免疫機能の活性化が健康に良いということはいうまでもありません。
jinsenosaido-f

ホメオスタシスとジンセノサイド

ここからは少しアカデミック(学術的)にホメオスタシスとジンセノサイドとの関連性について説明していきましょう。ホメオスタシスとは「生体恒常性」という意味の学術用語で、1932年にアメリカのW.キャノン博士の著書「人体の知恵」の中で提唱された概念です。平たく言えば「人が本来持つ自然治癒力」のことを端的に示したもので、自然治癒力とは生体内のバランスが理想的な状態で相互作用していることでもたらされるという考え方です。
つまり、従来の西洋医学で重要視されていた手術などの外科的処置で患部を取り除けばそれで治癒、という短絡的な医術では取り除かれた周囲の再生不能な臓器や器官の機能は失われ、後遺症など別の健康被害がもたらされることなり、それでは本当の意味での健康体ではなくなってしまうという考え方と理解して良いでしょう。
そしてホメオスタシスに関するその後の研究によって生薬やハーブには「アダプトゲン」という働きがあることが判明しました。「アダプトゲン」に関しては特有の成分であるかのような誤解も多いのですが、そうではなく実は”植物がもつ薬効のうち、ストレスやトラウマ、不安感など主に精神的な分野に働きかける力”のことになります。つまり、適度に鎮静と興奮をコントロールして平常心や向上心(モチベーション)を理想的な状態にまで戻してくれるという動きを意味しています。
tenbin3-f
そしてこの「アダプトゲン」の源となる成分が「トリテルペノイドサポニン」と呼ばれる有用成分グループで、「サポニン」という名称から高麗人参には高いアダプトゲンの働きがあることが容易に想像できます。
とはいえ、言いっ放しも心苦しいので、もう少し「トリテルペノイドサポニン」について説明を加えますと、これは”サポニン化合物に分類されるトリテルペン類であり、トリテルペン類は特定の構造に応じて約20種類に分類され、哺乳類全体に対し全てのトリテルペン化合物は生物活性を有する”と定義されています。ここでいう「生物活性」とは「生きていく上で有益に働く」という意味で「健康を維持する力がある」と解釈して良いでしょう。
?i?{ CMYK
つまり、「トリテルペノイドサポニン」とは「トリテルペン構造を持つサポニン」という意味で、非常に高い健康維持力があり、高麗人参特有のサポニンである「ジンセノサイド」も「トリテルペノイドサポニン」に分類され「高いアダプトゲンを有する」ということになります(この場合、主に精神面で有益に働くことになります)。
そして「アダプトゲン」を有することでホメオスタシスに効率的に働きかけ、「トリテルペノイドサポニン」を含んだ食材を食事や生薬として摂取し続けることで高次元のホメオスタシスが継続されていくという理屈になります。
適度な興奮(高揚感)と鎮静(リラクゼーション)は精神のバランスを良好に維持するためには必要不可欠な要素です。またストレスは万病の元と言われるほど精神状態が身体状態を左右することは今では常識として知られるようになりました。「健全な精神は健全な肉体に宿る」のではなく、「健全な精神が健全な肉体をもたらす」のです。このことは「感情が肉体をコントロールしている」ということからも明らかです。
具体的に言えば「楽しいから笑うのであり、笑ってから楽しいと感じる人はいません」。これは喜怒哀楽全ての感情において言えることです。つまり「楽しい、悲しい、腹が立つ、怖い」などの感情がまず最初に湧き出てきてそれによって「笑う、泣く、暴力的になる、震える(怯える)、逃げる」などの行動が決定されるというのが人間を始めとするあらゆる生物の真理と言えるからです。
ここまでのことを総括すると、「精神状態が良い=アダプトゲンが効率的に働いている」状態であれば「肉体は健康」であり「ホメオスタシスが正常機能している」ということになります。そしてホメオスタシスをもたらすアダプトゲンの働きをもつ「トリテルペノイドサポニン」を豊富に含んだ生薬(食材)が高麗人参であると結論付けられます。
ninjinn6-f

高麗人参以外にもジンセノサイドが含まれている植物はあるの

ジンセノサイドが高麗人参の英名である「ginseng」と多糖体を意味する「glycoside」からなる造語であることはすでに述べました。では高麗人参以外にジンセノサイドを含んだ食材があるかどうかを調べてみると
  • 田七人参
  • オタネニンジン
などが出てきます。しかしどちらも元々は高麗人参の苗を日本で栽培できるように品種改良を重ね、土壌や風土の違いから亜種として誕生したものなので、やはりジンセノサイドは高麗人参由来の成分であると言って良いでしょう。そしてジンセノサイドに着目した場合、やはり最も高濃度で配合されているのは高麗人参であることから高麗人参こそが最強であると考えて差し支えないと思います。
1-2-f

ジンセノサイドがもたらす健康への影響力について

  • 活性酸素の働きを阻止(エイジングケア)
  • 有害な菌の増殖を阻害(感染症ケア)
  • 「めぐり」を良くする
  • コレステロール調整機能
  • 脂肪吸収抑制力(カロリーコントロール補助)
  • 鎮静力
  • 興奮力
  • 肝機能調整補助
  • 免疫機能の活性化
  • ストレス耐性力
  • ホルモンバランス調整力
  • 自律神経調整力
などなど。。。
ジンセノサイドがもつ全ての働きを挙げると枚挙にいとまがありませんが、ここまで多様な健康維持力をもつ成分は他に類を見ないと言っても過言ではないでしょう(未だ発見されていない成分があれば別ですが…)高麗人参が長きにわたって生薬の王者として君臨し続けられる最大の理由がジンセノサイドにあるということは、この健康に対する影響力から見てもまず間違いはないでしょう。

まとめ

高麗人参がオールマイティな薬であると言われる理由が「ジンセノサイド」にあるということがこれでお分りいただけたと思います。そしてさらに高麗人参にはジンセノサイド以外にも有益な成分が豊富に含まれ、栄養バランス的にはほぼパーフェクトな食材であると言われています。それゆえに漢方薬をはじめとして色々なサプリメントやコスメの主原料として利用されているのです。

しかし、高麗人参であればなんでも良いかといえばそうではありません。収穫時期や栽培方法、産地の違いなどによって「質の良い高麗人参」と「そうでないもの」とがありますので、選ぶならより高品位な高麗人参を選ぶことが重要となってきます。
以 上 

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。