健康に気を使った方が良い年齢に差し掛かって何か健康食品でも取り入れようかと思い、高麗人参なら歴史もあるし信頼できそうと思って色々と調べているとその数の多さに圧倒されてしまい、果たしてどれを選んで良いものか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
高麗人参を原料とした加工食品やサプリメントを選ぶ時は使われている高麗人参の「種類」で選ぶようにすると間違いのない商品選びが可能になります。
しかし、高麗人参にそんなにいろいろな種類があるということ自体知らない人も多いということは容易に想像できます。そこで今回は高麗人参の種類を紹介し、種類によってどんな違いがあるのかについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


高麗人参の種類

納得している看護師女性

高麗人参は加工法によって3つの種類に分けられています。そしてそれぞれの加工法によって使用する目的や有効成分の含有量が異なってきます。
したがって高麗人参の種類を知ることで間違いのない商品選びが可能となるのです。

水参(すいじん)

収穫されたばかりの生の高麗人参です。主に食用に用いられています。
韓国料理で高麗人参が使われている料理(サムゲタンなど)はこの水参になります。料理に使われる際にはエグミや苦味を取り除くためにしばらく水に浸けておきます。

ただし、高麗人参には水溶性ビタミンやサポニン(水にも油にも溶ける性質があります)がありますのであまり長時間水にさらしておくと洗う際についた傷口から水溶性の栄養素が流れ出る可能性があるので洗う際にはあまりゴシゴシとこすらないようにする必要性があります。
また、調理したものはスープごと飲むことで水溶性の栄養素なども同時に摂取することができます。

白参(はくじん)

白参は収穫された4年根の皮を剥いて乾燥させたものです。水分量が14%以下なので長期保存に向き生薬や人参茶などに利用されることが多い種類です。

高麗人参に含まれている有用成分サポニンは6年でピークを迎えますので4年根はサポニンに関しての含有量が少なくなりますが、それ以外の成分は十分に蓄えています。
白参は後に紹介する紅参よりも興奮(覚醒)作用が強いとされていて、滋養強壮、疲労回復などに対して高い効果があるとされています。
ただし、血圧の高い人や心臓に問題がある人は避けるようにしましょう。(このような人には次の紅参が向いています)

紅参(こうじん・べにさん)

高麗人参では紅参が最も高級品とされています。これは6年根を皮のまま煮て蒸した後に乾燥させたものです。こちらも水分含有量は14%となります。

紅参にもランクがあり、大きさや形状によって「天・地・人(良)」という品質に分けられています。また加工する過程で様々な成分が生まれていくのも特徴の一つです。紅参は完成すると淡い赤褐色になるためこのように呼ばれています。
長期保存に向き、エキスや粉末などに加工されサプリメントなどに広く利用されています。
したがって高麗人参関係のサプリメントや健康食品選びの際は原料に「紅参」が使われているかというのが一つの選択基準になると思います。

韓国産高麗人参の種類と有用成分「サポニン」

指差す手

高麗人参の本場朝鮮半島では忠清道錦山産を「錦参(くんさむ)」、江原道産のものを「江参(かんさむ)」、北朝鮮の開城産のものを「松参(そんさむ)」と呼んでいます。これらが朝鮮半島における主な栽培地になります。
高麗人参に含まれている独自成分の「ジンセノサイド」はサポニンという健康成分の一種です。現在ジンセノサイド自体30種類以上が確認されていますが、全ての高麗人参に等しくジンセノサイドが豊富に含まれているわけではありません。
それではどのような高麗人参にジンセノサイドが豊富に含まれているかを紹介しましょう。

栽培年数

6年根と呼ばれる6年ものが一番含有量が多いとされています。7年以上経過してしまうと逆に含有量が少なくなってしまうため品質は落ちますので注意してください。
6年ものの次にランクされるのが4年もの(4年根)です。

形状

昔から高麗人参は人のような形をしたものが高級とされてきました。6年根は特に人の形をしたものが多いようです。(なぜ人型が良いのかについては詳しく究明されてはいません)

加工方法

最もサポニン(ジンセノサイド)が多い6年根はじっくりと煮て蒸した後に乾燥した薄い赤褐色の紅参という形に加工されて流通しています。高麗人参関連の製品(特にサプリメントや健康食品)はこの紅参を原料としたタイプを選ぶと良いでしょう。

手軽にサポニン(ジンセノサイド)を摂りたい場合は?

高麗人参の加工品(健康食品やサプリメント)にはいろいろな種類がありますが、最も手軽にサポニンを摂取したい場合はサプリメントが良いでしょう。

飲み方は摂取目安量(一日あたり)を守っていれさえすれば自由です。また他の加工品同様副作用などの心配もほとんどありません。
もし、サプリメント導入にあたり注意すべきポイントがあるとしたら、「紅参」を原料として使用していることを確認することです。またサプリメントにもいろいろなタイプがあるので継続できる値段、品質などをきちんと吟味した上で購入するようにしましょう。

まとめ

高麗人参には大きく分けて「水参」、「白参」、「紅参」という3つの種類があります。いずれも加工の方法や内容成分が違いますので購入するときはそれぞれの種類の特徴をしっかりと把握した上で選ぶようにしてください。

高麗人参は6年根が最もサポニンが多く含まれていて7年ものからは次第に減っていきます。したがって6年根が最高級品として紅参に加工されます。
サプリメントを選ぶときは品質や値段、飲みやすさなどを吟味し、できるだけ紅参を原料としたものを選ぶようにすると良いでしょう。
以 上 

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。