毎年長期休暇には海外に行くという人も多いのではないでしょうか?
特にLCC(格安航空)などの普及によって韓国や香港には本当に気軽に行けるようになりました。
そこでアジアに旅行に行った友人や知人からお土産に高麗人参の加工品をもらったり、あるいは日頃から薬膳に興味があり、生や乾燥した高麗人参をネットで取り寄せたはいいけれど、どうやって食べたらいいのかわらかない人なども多いようです。
そこで今回は生、あるいは加工品の高麗人参をどうやって食すればいいのかについて役立つ情報をお届けしましょう。

スポンサーリンク


高麗人参の食べ方:生・乾燥・粉末

手で丸を作る看護師男性

生・乾燥・粉末など味の付いていない高麗人参そのままの素材の食べ方を紹介するパートです。

生の高麗人参の食べ方

生の高麗人参を使った料理として最も代表的なものは「参鶏湯(サムゲタン)」でしょう。
ここでは他にも近年薬膳で人気のある「天ぷら」と家庭でも簡単に自作できる「高麗人参酒」のレシピについて紹介します。

参鶏湯:3〜4人分

(材料)

生(もしくは乾燥)の高麗人参(小)一本
鳥骨付もも肉人数分
もち米大さじ4
なつめ6〜7粒(お好みで増減可能)
松の実大さじ1
ニンニク1欠(薄皮を取ってつぶしておくと香りが出やすいです)
三つ葉(薬味なのでお好みで)
長ネギ1本
塩・あらびきコショウ適宜

(作り方)

01.高麗人参は洗って土を落とし、水に3時間ほどさらしてアク抜きをします。(乾燥のものはそのまま水に浸してください)生は調理直前に皮をむくようにしましょう。

02.もち米は洗って10分ほど水に浸してざるにあげ、なつめは水でさっと洗います。松の実は先端の黒い部分を取り除き、三つ葉は3cmに切り、ネギは小口切りにしておきます。
03.鶏肉は中央の関節部分に隠し包丁を入れて肉が離れやすくしておきましょう。モモの付け根も骨に沿って包丁を入れておき、足先側も同様にします。
04.深めの鍋に食べやすい大きさに切った高麗人参、鶏肉、なつめ、もち米、松の実、ニンニクを入れて水1リットルを注ぎ、蓋をして強火にかけます。
煮立ってきたらアクを取り、ネギを半分入れて弱目の中火にしてさらに蓋をして30〜40分煮込んだら出来上がりです。
05.薬味として三つ葉、ネギをのせて塩、コショウで味を整えながら食べると良いでしょう。
*高麗人参は筒切りではなく、短冊切りなど食べやすい形に切っても大丈夫です。スープには高麗人参からでた水溶性の成分が溶け込んでいるので是非スープごと召し上がってください。
参鶏湯

高麗人参の天ぷら(4〜5人分)

(材料)

生の高麗人参200g
小麦粉大さじ3
卵白1個分(ない場合は片栗粉大さじ1)
水500cc
天ぷら油適量

(作り方)

01.高麗人参は水に3時間ほど浸してアクを抜いた後、水気を切って皮をむき1cmほどの輪切り(斜め切り)にしておきます。粉に混ぜる水は冷やしておきましょう。

02.ボールに小麦粉、水、卵白を入れ軽く混ぜます。多少粉っぽさが残るぐらいがさっくりと揚がります。
03.高麗人参に衣をつけて180℃に熱した天ぷら油でじっくりと火を通していきます。
04.高麗人参が上に浮いてきて竹串を刺したらす〜っと通るぐらいまで揚げます。
05.油をよく切ったら出来上がりです。天つゆ、抹茶塩、お塩などお好きな調味料で召し上がってください。
*作り方はサツマイモの天ぷらとほぼ同じ要領ですので、簡単に作ることができると思います。

高麗人参酒

(材料)

生の高麗人参200g(乾燥の場合は100g)
ホワイトリカー2リットル
梅酒用の広口の瓶(ガラス製)

(作り方)

01.漬け込む瓶は熱湯で中を洗い口を下にして水気をよく切ります。

02.高麗人参は軽く洗った後水に3時間ほど浸してアクを抜いておきます。
03.瓶に高麗人参とホワイトリカーを入れて常温の冷暗所で半年ほど寝かせます。
*独特のエグミや苦味があるので飲みにくい場合は蜂蜜などで割ると良いでしょう。

乾燥高麗人参の食べ方

高麗人参

乾燥した高麗人参は水で戻すと生の高麗人参と同じようにして使えますので、上記のレシピを参考にしてください。
また、乾燥高麗人参(白参)は生薬として煎じて飲むのが一般的なので簡単に紹介しておきましょう。
(高麗人参の煎じ方)

01.やかんにお湯を沸かし、沸騰したら高麗人参を入れ再沸騰したら火を落として弱火で3時間〜4時間煎じます。

粉末高麗人参の食べ方

一般的にはパスタやスープなどに振りかけて食べる方法が手軽で多いようです。
しかしここでは一品オススメの食べ方をご紹介しましょう。

高麗人参スムージー

(材料)

豆乳200cc
バナナ1本
きな粉大さじ1
ヨーグルト大さじ2
小松菜1/2束
高麗人参粉末小さじ1〜2
甘酒大さじ2(蜂蜜でも可能)
氷3個ほど

(作り方)

材料を全てブレンダーかジューサーミキサーに入れて混ぜるだけで完成です。
忙しい朝や寝る前のミネラルやビタミン補給にも最適な一杯です。

高麗人参の食べ方:砂糖漬け、蜂蜜漬け、スライス

はちみつ

韓国ではお土産品として高麗人参の砂糖漬けや蜂蜜漬け、スライス(切片)の真空パックなどの加工品が売られています。
砂糖漬けや蜂蜜漬けはそのままでも食べることができます。
また、パウンドケーキに入れるなどの工夫をすればより食べやすくなるでしょう。
スライスはそのまま野菜炒めに混ぜる、お味噌汁の具にするなどの工夫で手軽に日常生活に取り入れられるので是非試してみてください。
高麗人参の砂糖漬けや蜂蜜漬けは自宅でも簡単にでき日持ちもするので保存するために作ってみましょう。

高麗人参の砂糖漬け

(材料)

高麗人参4本
砂糖40〜50g
水飴10g
蜂蜜適量

(作り方)

01.よく洗った高麗人参を軽く茹でます(茹で汁は取っておきましょう)

02,鍋に高麗人参、ゆで汁をワンカップ、砂糖を入れてとろみがつきシロップ状になるまで煮詰めます。
03.水飴を加えてさらに煮詰めます。
04.高麗人参が赤く色づき始めたら火を止めて蜂蜜を加え自然に粗熱をとっていきます。

高麗人参の蜂蜜漬け

(材料)

高麗人参800〜1kg
蜂蜜1kg
梅酒用の広口の瓶

(作り方)

01.高麗人参はよく洗い薄くスライスしておきます(あらかじめスライスされた加工品でも大丈夫です)

02.瓶に全ての材料を入れて1〜2ヶ月寝かせると出来上がりです。
*ヨーグルトの甘み付けやお酒で割るなどして楽しんでください。料理の際砂糖の代わりや照り出しにも使えます。

さらに手軽に生活に取り入れるには

指差す医師

ここまで高麗人参の食べ方について紹介してきました。
材料の分量についてはあくまでも基本的なものなのでお好みで適宜調整してオリジナルレシピを見つけてみてください。
しかし、全ての人が料理が得意というわけではありませんし、男性の単身赴任や仕事をもつ兼業主婦の場合はもっと手軽に高麗人参を日常に取り入れたいという人の方が多いようにも思えます。
そんな時はサプリメントを活用してみるのはいかがでしょうか?
高麗人参サプリメントといっても種類が多いので何を選べばいいか悩みどころですので以下に失敗しない高麗人参サプリメント選びのポイントを紹介しておきましょう。
  • 原料には紅参(6年根の最高級品です)を使ったものを選ぶ
  • 飲み易さ、値段、品質のバランスの良いものを選ぶ
  • 一日の摂取目安量を守れそうなものを選ぶ
です。
サプリメントなら通販でも気軽に購入出来るので検討してみてください。

まとめ

高麗人参の健康効果については世間的にもよく知られていますが、お土産等で高麗人参加工品をもらってどうやって食べたら良いのか途方にくれた経験をした人はいませんか?
今回は自宅でも簡単にできる高麗人参を使ったレシピなどを紹介してみました。

手軽に摂りたい人はサプリメントを活用するのも良いと思いますが、たまには一手間かけて大地の恵みを実感しながら食べるというのも趣がありさらに健康への意識が高まるのではないでしょうか?
よろしかったら本文で紹介したレシピを試してみてください。
以 上 

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。