更年期障害はホルモンのバランスが崩れてしまい、その結果自律神経のバランスまで狂わせてしまうという、自律神経失調症の一種でもあります。

更年期障害の症状は数多くありますが、人によって強く出る症状・ほとんど現れない症状もあります。
ただ漠然と「ホルモンのバランスを整える」のか「自律神経の調子を取り戻す」のか、ホットフラッシュ・めまい・イライラという個々の症状に焦点を絞って治していくのか、何をどのように改善したいのか方針をはっきりとさせてから薬を選ぶようにしましょう。
また症状の度合いでも選ぶ基準が変わっていきます。
もちろん副作用についても考えておかなければいけません。「えー、そんなのめんどくさい…」なんて言わないで、一緒に見て勉強していきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害はどのように治す?病院での治療方法について

指差す医師

更年期障害はエストロゲンが卵巣から分泌されにくくなることから始まります。
このエストロゲンが出にくくなると、そのあとに続いて分泌されるはずのプロゲステロン(黄体ホルモン)も出にくくなってしまいます。
正常な働きをしているときは、生理の始めから終わりまで、これらの女性ホルモンがバランスよく分泌されています。
ところが更年期障害の場合、生理の前に出てくるエストロゲンが分泌されにくくなっているので、体外からエストロゲンを補充するような治療方法となります。
この場合のリスクは、エストロゲンのみを長期間にわたって補充すると子宮体がんになる危険が高くなる点にあります(3か月ぐらいの期間であれば問題はないようです)。そのためプロゲステロン(黄体ホルモン)をミックスした補充治療となります。
女性ホルモンを人工的に増やしていく、という不自然な治療になるので副作用も懸念されるわけです。あまりおすすめできませんが、症状がかなりつらいのであれば女性ホルモンの補充という治療方法を選択せざるを得ません。
では、病院で治療に使用される医薬品にはどんなものがあるのでしょうか。

エストロゲンを補充することがメインである病院の処方

診察室の入り口

ホルモン補充療法(HRT)は、更年期障害ではポピュラーな治療法です。
国内で流通している薬の種類として「エストロゲン単剤」「エストロゲン黄体ホルモン配合剤」「黄体ホルモン製剤」があります。種類も、錠剤・貼り薬・塗り薬があります。
エストロゲンのみを投与されていると、子宮体がんのリスクが増加することが分かっています。
そのため子宮体がんを予防する目的でプロゲステロン(黄体ホルモン)もエストロゲンと一緒に投与されます。手術などで子宮を取り除いている人にはエストロゲン単剤を使用します。
エストロゲン・プロゲステロンもステロイドホルモンの1種です。
つまりどちらもステロイド剤なのです。ご存知だとは思いますが、ステロイドは効果があります。
しかし副作用は深刻です。エストロゲンは主に卵巣から分泌されますが、副腎皮質からも分泌されます。エストロゲンが増加しすぎると、今度は甲状腺ホルモンの量が低下して甲状腺の機能に異常をきたします。
閉経によって、女性ホルモンが低下していくのは自然の理でもあります。そこで無理やり元の状態に戻そうとステロイドホルモンを投与してしまうと、下垂体・副腎、甲状腺、卵巣など内分泌系すべてに副作用が発生する可能性があり、とても恐ろしい結果を招きます。
例えて言うならば、それまで日本に存在しなかった外来種の魚(ブラックバスなど)が、在来種の生態系を破壊するのに似ていますね。

安心だけど効果なし?大豆・ザクロ由来のエストロゲン様作用の成分

大豆イソフラボンザクロもエストロゲン様作用を持つポリフェノールの1種を豊富に含んでいるので、更年期障害においての注目されることが多いのです。

豆腐
これらの作用に着目し、主成分にしたサプリメントもあります。
日本ではすっかり認知度が上がっているので、大豆イソフラボンにエストロゲン様作用があり、更年期障害のような症状に効果があると広く信じられています。
しかし意外にもアメリカでは乳がんへの作用が積極的に肯定されていないこともあって、サプリメントなどの商品は日本ほど市場に出回っていません。

自律神経調整薬でつらい更年期障害を乗り切れる?

とくに視床下部へ働き、自律神経の交感神経・副交感神経のバランスを整える薬です。
一般的によく知られている主なものをご紹介します。

  • グランタキシン(トフィソパム)

交感神経が緊張して血流が悪いために起こる、肩こり・手足の冷え・頭痛といった症状を改善します。副作用として眠気があるため、服用後の乗り物の運転・機械類の操作は行ってはいけません。

  • ハイゼット(ガンマオリザノール)

更年期障害の症状である、のぼせ・発汗といった症状を和らげます。副作用は少ないです。

自律神経調整役は基本的に穏やかに効いて副作用がほとんどなく、長期間でも使用できます。しかし即効性はあまり望めません。
更年期対策の手段の一つとして試すのは構いませんが、効果はほとんど期待できないと言っていいでしょう。

市販されている更年期障害のための漢方薬とは

ここでは一般的によく知られている、更年期対策の市販薬を2つご紹介します。

薬

  • ツムラのラムールQ

更年期障害の症状を和らげる薬としてポピュラーなツムラのラムールQ。漢方では更年期障害は血に原因があると考えています。婦人薬として用いられている中将湯処方に、鎮静・鎮痛効果のある生薬を配合した漢方薬です。

  • タケダのルビーナ

江戸時代の漢方処方「連珠飲(れんじゅいん)」は血の巡りを改善し、自律神経を調整する作用があります。この連珠飲をもとに、更年期障害のさまざまな症状に対応してくれる薬となっています。

この2つの漢方薬は副作用などによって、日常生活に支障をきたす健康被害が発生する恐れがある「第二類医薬品」になります。利用上の注意をよく確認してから服用するようにしましょう。

副作用の危険がないサプリメント「高麗人参」

更年期の対策として副作用が少ない薬・漢方薬はほとんど見当たらないのですが、唯一、高麗人参は副作用がこれといって見当たりません。

高麗人参は医師が推薦してもいいのではないかというぐらい、ホルモンのバランスを整えたり、栄養補給の総合的なバランス食として非常に優れています。更年期対策における1つの選択肢として考えてもいいのではないでしょうか。
副作用が全くないとは言い切れませんが、実際に高麗人参を利用した人から副作用に関する報告は上がってきていません。
今までご紹介してきた更年期対策の薬と比較すれば、安全性については間違いなく高麗人参に軍配が上がります。つらい更年期の症状に、高麗人参はその役割を十分に発揮してくれるのではないでしょうか。
PR
更年期の症状にも副作用の心配がないサプリは安心感がありますね

まとめ

更年期障害の症状に即効性を求めるのであれば、間違いなく病院での治療、または市販の薬を利用するのがいいでしょう。

しかし、一番の心配はやはり「副作用」です。
実際に副作用がひどかったという結果になってしまったら、いったい何のために薬を服用したのかわからなくなってしまいます。
逆に副作用は少ないが、効果もさほどないといった薬も存在します。副作用のリスクや効果などを総合的に考えた場合、やはり期待できるのは自然由来の高麗人参ではないでしょうか。
以 上 
PR

更年の悩み対策に「高麗人参」サプリメント

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います