丸子地区は長野県上田市にある旧町制の区割りで、起源は大正元年にまで遡り、昭和20年代後半から30年代にかけて周辺の村落を合併し2007年に上田市に編入合併されました。
ueda
この地域は明治から昭和初期にかけて養蚕業が非常に盛んなところで、旧丸子町も長らく日本有数の製糸業の町として発展してきました。また昭和8年には「信州人参農業共同組合」が発足し、国内有数の高麗人参産地が誕生したという歴史を持ちます。
高麗人参の栽培地は地区にある山麓の斜面を利用して作られ、その品質の高さから「信州人参」のブランドとして漢方薬向けの生薬やサプリメント、化粧品の原料として広く用いられています。その生産高は国内で栽培されている高麗人参の約70%(150万トン)を誇り、日本国内シェアNo.1の地位をゆるぎないものにしています。また高麗人参の他にもIT関連の下請け企業が複数存在し、生産性の高い地方都市として発展を続けています。

スポンサーリンク


丸子地区(旧丸子町)の歴史について

旧丸子町(現丸子)の名前の由来は古墳時代にまで遡る由緒のある地名です。当時奈良の天理にいた丸子氏の庄がこの地にあったことから名付けられたと言われています。旧町制においては大正元年に正式に丸子町として誕生し、その後昭和29年には隣接する東内村と西内村を統合し、さらに昭和31年には塩川村を編入するということを繰り返し、平成18年(2007年)3月16日に長野県上田市に編入合併されました。
maruko
地経学的には和田川(和田峠水源)、大門川(大門峠水源)、武石川(たけしがわ:美ヶ原水源)、内村川(丸子町鹿教湯水源)に加え、上田市大屋で千曲川に合流する依田川など豊富な水資源に恵まれた土地になっています。また、これらの水系に囲まれた細長い平地を「依田窪(よだくぼ)」と呼んでいて、丸子地区はこの依田窪の中心に位置しています。周囲は山に囲まれていてこの地域では縄文式土器が多数出土し、地理学的にも歴史的にもこの地が重要な位置にあるということがわかります。
武士の世の先駆けとなった平安時代末期にはいち早く平家討伐のために挙兵したのが旧依田村(のちに丸子町に合併される)にあった依田家の武士たちでした。源義仲は依田城で木曽の武士たちを結集し京都を目指したと言われています。それゆえに依田の武士たちはいの一番に京都に馳せ参じた木曽武士の起源とされています。最近では信州上田は戦国時代の英雄、真田家(真田幸村親子)ゆかりの地として人気を博しています。
豊かな水資源と有力な豪族(武士)がこの地にあったということから古くから文明が栄え、周辺は山に囲まれていることから自然の要塞と化していたため安定して産業が発達し、江戸時代には稜線に囲まれた地形を利用して桑畑が開墾され養蚕が盛んに行われました。明治時代にもこの地で養蚕業や製糸業が盛んになったのにはこうした歴史的な背景があります。
maruko
そして、周囲を山に囲まれ気温が年間を通じて低いこの地は高麗人参の栽培にも適していました。丸子町周辺で高麗人参の栽培が盛んになったのは昭和に入ってからですが、
  • 早くから文明が開けていた
  • 豊かな水源があった
  • 山の斜面が多く栽培に適していた
  • 年間を通じて気温が低く、寒暖差が大きい
という人工栽培にとって都合のよい条件が地理的にも歴史的にも揃っていたからになります。

信州人参は高品質、だけどその分高価です

これまで説明してきたとおり、信州上田の丸子地区で栽培されている高麗人参は「信州人参」のブランド名で確固たる地位を築いてきました。そして現在日本で流通している国産の高麗人参全体のおよそ7割が丸子地区で栽培されているという数字からも高麗人参がこの地域の特産品であることがわかります。実際に地元では信州人参を練り込んだ飴がお土産やご贈答品として大人気を博しています。
日本では丸子地区以外にも島根県松江市大根島の雲州高麗人参が有名ですが、こちらは主に海外への輸出用で日本国内ではほとんど流通していません。それに比べ信州人参の方は国内流通向けが大半を占めるので、入手しやすさでは信州人参の方にメリットがあります。
このように確かに国内随一のブランドとして名を馳せる信州人参ですから品質については申し分ないのですが、いかんせん高級ブランドであるがゆえに値が張ります。いくら品質が良くても継続するのが難しいのでは意味がありません。高麗人参は飲み続けてこそ真の価値を発揮するのです。

まとめ

近年、健康ブームの後押しもあり、認知度も抜群な高麗人参はサプリメントの原料としても絶大な人気を誇っています。中でも最高ランクと言われる信州人参は品質面においても信頼性が高いので人気も高く、「信州人参配合」といううたい文句があれば売り上げが増すとまで言われています。

高麗人参を摂取するときに気をつけていただきたいのですが、比較的安価な信州人参配合のサプリメントというのは、実は配合量が少ないのです。でもやはり純度100%の信州人参サプリメントになるとそうおいそれと手が出せる値段ではなくなってしまうのが最大のデメリットと言えるでしょう。
高麗人参がもたらす血のめぐりを良くする働きは飲み続けることで安定していき真価を発揮するものですので、無理なく続けられる値段で、かつ品質的にも最高級ランクの高麗人参と変わらない金氏高麗人参が断然お勧めできる逸品です。
以 上 

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。