近年急増しているのが大人ニキビです。思春期にできる「一時的なホルモンバランスの乱れが原因のニキビ」とは違い生活習慣の乱れや日々のストレス、加齢などによる慢性的なホルモンバランスの乱れからくる皮膚炎なので、とても治りにくいという嫌な特徴があります。
ニキビ治療の基本は洗顔で皮膚を清潔にしてニキビの原因菌をやっつけることなのですが、大人ニキビはこれだけでは不十分。体の中のホルモンバランスの乱れを調整してあげないといくら念入りに洗顔しても再発を繰り返すことになります。一度できてしまった大人ニキビには“規則正しい生活と十分な栄養そして血流を整える+正しい洗顔”で対処しましょう。

スポンサーリンク


思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?

「ニキビは青春のシンボル」というのも今は昔のこと。ストレスフルな現代では大人にもニキビができてしまいます。かつては「吹き出物」と呼ばれていたタイプが今は「大人ニキビ」と呼ばれるようになり、近年は大人ニキビに悩む人の数が増加しているというのです。
nikibi-f
そもそも「吹き出物」が「大人ニキビ」と呼ばれるようになったのは医学的には「ニキビ」も「吹き出物」も“尋常性?瘡(じんじょうせいざそう)”と呼ばれる皮膚炎であり、原因も肌表面の衛生環境が悪化することで起こる雑菌の繁殖によるものだからです。
しかし、思春期に出来るニキビ(以降これを「思春期ニキビ」と記していきます)が一過性のホルモンバランスの乱れによって肌のバリア機能が低下し原因菌(主にアクネ菌)の異常増殖を招くのに対し、大人ニキビの場合は「慢性的な」ホルモンバランスの乱れが原因なので病態としては全くの別物であると言ってよいでしょう(事実「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」という呼称の違いで区別されています)。
では、ニキビについてもう少し詳しく知るためにここからはニキビ=尋常性?瘡(じんじょうせいざそう)が発生するメカニズムについて解説していきます。
私たちの皮膚は健康な状態だと「弱酸性」を示しています。酸性では多くの雑菌やウィルスが生存することができないので肌は清潔な状態を維持することができるのですが、この「弱酸性」の状態を作り出しているのが
  • 皮脂の酸化作用(酸素と反応すること)
  • 表皮常在菌と呼ばれる微生物
という2つの働きによるものです。
この「表皮常在菌」とは文字通り皮膚の表面に住み着いている菌類で、代表的なものとしては
  • アクネ菌
  • ブドウ球菌
  • 黄色ブドウ球菌
  • マラセチア菌
などがあり、これらは弱酸性でも活動可能で、人間とは本来共生関係にあるのですが、なんらかの原因(免疫力の低下など)で皮膚がもつバリア機能が低下すると異常増殖を始めて健康被害をもたらします。
ニキビの原因になるのは主に「アクネ菌」ですが、実はこの菌はとても有意義な存在で通常の肌コンディションのもとでは皮脂汚れや雑菌類を餌にしていて表面の汚れを取り除くことで皮膚の衛生環境を良好に保ってくれているのです。しかし、ホルモンバランスの乱れで皮脂の分泌量が増えてしまうと餌が増えることになり、もともと弱酸性の環境でも生きていける菌なので、毛穴内で異常増殖を起こし炎症反応を起こすようになります。これが尋常性?瘡(じんじょうせいざそう)の発生メカニズムになります。
思春期ニキビの場合は成長過程で起こる一過性のホルモンバランスの乱れが根本的な原因なので成長とともにホルモンバランスが安定すれば自然と肌のバリア機能が回復し、アクネ菌の異常増殖も落ち着きを見せて、ニキビは自然と消失していきます。ところが、大人ニキビの場合は原因が
  • 精神的なストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 加齢
などによるものなので症状は一過性ではなく「慢性的なもの」になりやすいという特徴があります。
また、ニキビは皮膚炎の一種なので皮膚科で治療すれば治ると思われがちですが、皮膚科の治療では抗菌作用のある塗り薬(ニキビ治療薬)が処方されるだけで、大人ニキビの場合は原因が上記に挙げたものになるので根本的な治療は不可能です。塗り薬によって一時的に症状が落ち着いても再発を繰り返すことになると理解してください。抗菌剤は使用し続けると菌が耐性を持つようになり、その薬が効かなくなってしまうというリスクもあります。
nikibi1-f

アレルギーとニキビの因果関係について

ニキビの根本的な原因が「ホルモンバランスの乱れ」であることはすでに述べましたが、ホルモンバランスの乱れを起こす原因としては上記の原因以外にも“アレルギー”が考えられます。皮膚炎が起こるベースには、免疫力の低下による肌のバリア機能の低下以外にも、アレルギーのように特定の物質に対し免疫系が過剰反応する(暴走してしまう)場合にも起こりうるのです。
肌に起こるアレルギーの代表的な症状としては
  • 蕁麻疹
  • 薬疹(薬の副作用によるアレルギー反応)
  • 花粉症による皮疹
  • アルコール性紅斑
などがあります。大人ニキビの場合も皮膚のバリア機能の低下と亢進が不規則に繰り返すことによって肌本来の機能を失い、ちょっとした刺激でもニキビを起こしやすくなることが考えられます。
アレルギーによるニキビの場合は免疫機能の異常をきたす原因物質(これを“アレルゲン”と言います)の特定が治療の際に求められることになるのですが、地球上のあらゆる物質はアレルゲンになりうるので、全ての項目に対して血液検査(アレルゲン反応テスト=免疫グロブリンテスト)を行うのは現実的ではありません。そのため、医療機関ではとりあえず対症療法として抗菌作用のある塗り薬が処方されるだけなのです。
nurikusuri-f
*通常ニキビの原因特定のための血液検査は行われません。どうしても希望する場合は全額自費で検査を受けることになりますし、実施可能なものも病理学的統計上で分類されている代表的なアレルゲンに対してのみということになります。それ以外のアレルゲン特定に関しては試薬が開発されていないので検査そのものが不可能になります。
しかしながら、恒常的にニキビが発生するということは「食生活に原因があるのではないか?」ということがまず第一に懸念されます。食生活に起因するアレルゲンの代表的なものには
  • 甲殻類
  • グルテン
  • 牛乳
  • そば
などが挙げられますが、この中でも「グルテンアレルギー」には特に注意が必要です。「グルテン」とは小麦などの穀物に含まれる物質で、グルテンアレルギーはいわゆる「小麦粉アレルギー」のことになります。小麦粉はパンやパスタ以外にも揚げ物やスイーツ、スナック菓子などの原料となるとても身近な食材なので知らず知らずのうちに摂取していることもあり、グルテンアレルギーになると皮膚炎以外にも
  • 頭痛
  • 慢性疲労
  • 消化器症状(下痢、便秘、腹部膨満感など)
  • 自己免疫性疾患(アレルギーは自己免疫性疾患の一種で他にもALSや慢性関節リウマチなどの難病も含まれています)
  • 特発性難聴、メニエル病などの神経性疾患
  • (女性の)不妊症、PMS(慢性的な月経不全、女性型の更年期障害様症状)
など重症度の高い多様な健康被害をもたらすことで知られています。
komugi-f
グルテンは代表的なアレルゲンに数えられていますので血液検査によって特定は可能ですが、前述した様にグルテンアレルギーを疑わせる様な強い自覚症状の存在が前提でないと保険診療の適用外になってしまうため、ニキビだけで検査を受ける場合は自費となってしまいます。またグルテンを例にとって自力でアレルゲンの特定を行うやり方を説明すると、アレルギー治療の際の大原則として「アレルゲンを極力排除する」というやり方に沿って、グルテンを3週間ほど摂取しないようにする「グルテンフリー」という方法があるので紹介します。
グルテンフリーを行う際には
  • 惣菜やお菓子など加工された食品は一切口にしない(少しでも小麦が使用されているものを口にするとグルテンフリーにはならないため)
  • 投薬治療やサプリメントも中止する(医薬品(特に錠剤や顆粒)やサプリメントも原料としてグルテンが使われている頻度が高いため。治療の中止は必ず医師の指示を仰いで行う。自己判断は絶対にNG)
などの注意点を“徹底して”実践する必要があります。この様にしてアレルゲンが強く疑われる物質ひとつひとつを排除していくことでいつかはアレルゲンの特定が可能となりますが、どう考えてもこんなやり方は非現実的でしかありませんね。
utsu2-z

大人ニキビは体の中からケアしなければならないということ

ここまでの説明で「ニキビは単なる皮膚炎ではない」ということがお分かりいただけたと思います。どちらかといえば体の内側で起こっている
  • ホルモンバランスの異常
  • 代謝機能の異常
が深く関与していて、むしろこれらが根本的な原因であり、ここをなんとかしないと肌本来の機能を回復させることができないので「大人ニキビ」は再発を繰り返してしまうという結論になります。しかし、逆説的に考えれば「原因」と「結論」がはっきりとしているので、そこを見直せば大人ニキビには十分対処できるということになります。
ポイントは「体内環境を整えて、ホルモンバランスを正常化させること」に尽きます。ホルモンバランスは色々な要素で異常を起こしやすいのですが、基本的には
  • 「めぐり」を正常にする
  • 栄養バランスを整える
  • しっかりと休息を取る
  • 適度に運動をする
ということで十分ケアが可能です。「休息」と「運動習慣」についてはしっかりと自覚を持って臨んでもらうとして、「めぐりを正常にする」と「栄養バランスを整える」は「高麗人参」を日々の生活に取り入れることでほぼ完全な状態にすることも不可能ではありません。
ninjinn6-f
大人ニキビの根本的な治療には「原因の特定」が必須ですが、これが非常に困難でコストも手間もかかってしまうものです。だから皮膚科では塗り薬による対症療法のみが行われることになるのですが、皮膚表面に何かを塗って原因菌の増殖を抑えるだけでは再発を繰り返してしまうというのは周知の事実ですし、現にニキビ関連コスメや医薬品は市場に星の数ほど出回っているにもかかわらず年々大人ニキビに悩む人が増えているというデーターはこの対処法だけでは不十分であることを如実に物語っています。
また、仮に大人ニキビの原因がアレルギーだとして、アレルゲンの特定までにはこれまた大変な道のりを経なければならない挙句にできることといえばアレルゲンを近づけないことと、体内のホルモンバランスを整えることぐらいですから、それならば最初からオールラウンダー的な活躍が期待できる「高麗人参」を導入しておけば良いと言えます。

ショック!?食の欧米化が大人ニキビを増加させている!?

ニキビの原因菌であるアクネ菌は汗に含まれている皮脂を餌にしているということはすでに説明しましたが、今回はこの「汗」と「食習慣」の意外な関連性について説明していきましょう。
「汗」の主成分は「グリセリン脂肪酸エステル」という物質です。これだけでは何のことかわからないので他にも身近な存在でこの成分を主として作られている製品を挙げるとするならその代表は「マーガリン」です。『え?』と思われる方もいると思いますが、実は「汗」と「マーガリン」は成分的にみてほとんど一緒ということになります。
magarin-f
マーガリンは第一次世界大戦後にバターの代用品として開発されたもので、バターよりも扱いやすく低コストであることから今では市販のパンの殆どに使用されています。戦後日本の食生活は欧米化が進んでいると言われていますが、学校給食をはじめとして日常的に米飯からパン食を好む傾向が進み、パンの消費量は年々増加の一途をたどっています。
パンはご存知の通り小麦が主原料であり、小麦は前述したようにグルテンが大量に含まれています。近年日本においてグルテンアレルギーが増加傾向にあるのはこうした小麦の摂取機会が飛躍的に増えたからだと指摘する研究者もいて、潜在的なグルテンアレルギー患者(これを隠れグルテン過敏症と言います)を含めるとグルテンアレルギーは日本人全体の約3割に上るという試算も公表されています。
komugiguruten-f
つまり、「日常的にパン食の人」はアレルゲンである「グルテン」とアクネ菌の餌となる「グリセリン脂肪酸エステル」を大量摂取しているということになり、大人ニキビへの罹患リスクが米飯中心の人よりも高いということになります。食の欧米化は20代~30代の若年層ほど顕著なため、この年代の人に大人ニキビの罹患率が高いというのは果たして偶然の一致と言えるのでしょうか?

まとめ

アクネ菌は皮脂汚れ=酸化した皮脂を好んで餌にしています。ということは体内のpHバランスが酸性に傾きすぎると皮脂が酸化しやすい環境となり、アクネ菌の異常増殖を招く原因となりかねません。そのためにも活性酸素の働きを阻止する成分を食事やサプリメントで補うことが重要となります。

活性酸素の働きを阻止する物質として注目を集めているのが「ポリフェノール」ですが、実はポリフェノールの力というのは
  • できてしまった活性酸素を除去する能力
ではなく、
  • 活性酸素の合成を阻止する能力
にあるとされていて、人体内で合成された活性酸素をポリフェノールで取り去るという働きを疑問視する専門家もいます。したがって、現状では活性酸素の働きを阻止するパワーに期待してサプリメントでポリフェノールを摂取するにはリスクがあると言わざるを得ません。
porifenoru-f
そこで、体内の環境を良好に保ってくれるオールマイティな漢方として古来より重用されてきた「高麗人参」がイチオシです。高麗人参は
  • めぐりを良くする
  • 活性酸素の働きを阻止する
  • ホルモンバランスを調整する(代謝コントロール)
点に優れ、栄養学的にも必須アミノ酸やミネラルが豊富に含まれていることが立証されている「完全栄養食品」だからです。大人ニキビは体内の生理的なバランスを総合的に整えることでケアすることが可能ですから、完全栄養食である高麗人参を是非日常に取り入れてみてください。
以 上 
PR

大人ニキビのための高麗人参はこちら

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。