円形脱毛症を引き起こしてしまう原因に、更年期障害が関係していることもあります。女性場合は40代半ばからの更年期を迎える時期の差し掛かると、抜け毛が増えやすく円形脱毛症に悩まされるケースもあらわれてくるのです。
今回は更年期障害と円形脱毛症との関わりをご紹介し、大切な髪の毛を守るために出来ることを見直していきましょう。

スポンサーリンク


円形脱毛症とはなに?

円形脱毛症の女性

円形脱毛症とは、毛が抜けてしまい円形や楕円形に脱毛症状が現れる疾患です。性別や年齢に関係なく発症し、円形脱毛症は、頭部の髪の毛だけでなく眉毛やまつ毛までに及ぶこともあります。
また、10円ハゲなどと言われることもありますが、脱毛する大きさの範囲はそれぞれ異なり小さなものから進行すると頭部の全体に広がる大きさになったり、一つだけでなく複数ヵ所出来てしまうケースもあります。
円形脱毛症は、症状によって次のような種類に分けられ、ご紹介する中でも下に行くほど進行した状態で範囲が広くなります。
●単発型
比較的軽度の初期に起こりやすい基本的な円形脱毛症で、10円玉くらいの大きさの丸い形の脱毛が1箇所~2、3箇所起こるタイプです。自然治癒によって約50%の人が治ることが多いのですが、次のタイプへ進行していくこともあります。
●多発型
単発型から進行し、脱毛箇所が2~3箇所以上に増え、一度治っても何度も繰り返してしまうタイプです。
●蛇行型
後頭部や側頭部の生え際に起こりやすく、蛇が通った後のように帯状に脱毛します。単発型が悪化して範囲が広がった状況で、自然治癒がする見込みは低く治療には数年単位の期間がかかると言われています。
●全頭型
数か所で起きていた脱毛がさらに広がり広範囲になり、最終的には頭の髪の毛全体が抜けてしまうタイプです。
●汎発型
円形脱毛症の中でも重度とされていて、頭部の髪の毛だけでなく眉毛やまつ毛など体にある毛のほとんどが抜け落ちてしうタイプです。円形脱毛症の中でも最も重い症状で、思うように治療が進まないこともあります。

円形脱毛症の原因はなに

円形脱毛症を引き起こしてしまう原因は、ストレスであるということが一般的に知られていますが、医学的にははっきりとした因果関係は解明されていません

内分泌系の不調、毛の周期の異常など様々な原因が考えられていますが、最も主流となっているのが自己免疫疾患が原因であるということです。しかし、これらの原因についても未だ断定ははされていません。

更年期の女性の脱毛の多くは、びまん性脱毛

円形脱毛症は、ある程度の量の毛が束になり頭皮の一部分に集中してごっそり抜けてしまうことが多いのに対して、更年期障害ではびまん性脱毛症が多く見られます

びまん性脱毛症は、髪の毛全体から少量ずる脱毛することで少しずつ薄くなり地肌が透けるように見えてしまうという違いがあります。また、薄くなるだけでなく髪質が細く弱くなります。
更年期に起こりやすいびまん性脱毛症は、加齢に伴って女性ホルモンが減少し男性ホルモンが活発になりホルモンバランスが崩れることで起こりやすくなります

抜け毛、薄毛の悩みの改善へのアドバイス

シャンプーとコンディショナー

円形脱毛症、びまん性脱毛症、どちらの症状にしても、早い段階で病院で治療を行うことが進行を防ぐ上で大切なことです。更年期障害が原因によるびまん性脱毛症の場合、婦人科などで女性ホルモン治療を行うこことで改善されることもあります。
はっきりとした脱毛後はなく、抜け毛の多さが気になるという程度であれば、食生活を栄養のあるものに整え、成長ホルモンが多く分泌される22時以降は眠りにつくようにし、適度な運動によって血流をスムーズに促してあげることも必要です。
ストレス解消はもちろん、シャンプーやトリートメントなどのヘアケア用品も見直すとさらに効果的です。

まとめ

40代を過ぎたあたりから、抜け毛が気になります。頭頂部が明らかに薄くなってきたことはとてもショックです。しかし、抜けてしまった髪の毛はもう戻りません。

これから出来ることは、今後抜け毛を最小限に抑えることです。女性ホルモンは見えないけれど、体内のあらゆる場面に影響するなくてはならないホルモンです。更年期が影響しているなら女性ホルモンが減少していくスピードを緩やかにし、いつまでも女性ホルモンの恩恵を受けて行くことですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います