パーキンソン病とは脳内に存在している神経伝達物質の「ドーパミン」の放出量が減少する事で起こる「運動障害」を主訴とした脳の病気です。

代表的な症状には
  • 振戦
  • 無動
  • 固縮
  • 姿勢反射障害
の4種類があり、完治に至る治療法は現在のところありません。したがって症状を薬物で軽減させる「対症療法」と不足しているドーパミンを補う「補填療法」が治療のメインとなります。
こうした治療法では症状は確かに軽減されますが、脳の機能が回復する訳では無いので経過観察と投薬は継続します。
一方、薬の副作用やアレルギーなどで投薬治療が困難な場合には外科手術の適用も視野に入りますが、こちらも完治させる治療法ではありません。
また、高齢者に多い病気なので手術の適用が困難となるケースもあります。
そこで投薬治療をサポートするために漢方ではめぐりをよくする作用で名高い「ジンセノサイド」を取り入れてみることを検証していきたいと思います。

スポンサーリンク


パーキンソン病とはどのような病気か?

説明する医師

パーキンソン病とは
何らかの原因で脳内のある神経伝達物質「ドーパミン」の量が減少することで発症する運動障害を主訴とした病気
です。
運動障害には4大症状と呼ばれる以下の症状があります。
  • 振戦:手足の震えです。
  • 無動:全ての動作が遅く緩慢になります。
  • 固縮:筋肉がこわばり、動きが悪くなる症状です。
  • 姿勢反射障害:バランスが悪くなりちょっと押されただけでも倒れたりします。
また、これらの運動障害以外にも
  • 自律神経症状:便秘、よだれ、発汗、顔が脂ぎるなど
  • 精神症状:うつ、幻視、不眠、記憶力の低下、認知症
などが合併しやすくなります。
パーキンソン病は進行性の難病で重症度のレベルによっては医療費補助を受けることができます。
それほど重症度が高い病気でありかつては有効な治療法すらなく、“やがては寝たきりになる病気”とすら言われていたのですが、現在では治療法も進み早期発見、早期治療が可能であれば、投薬によって症状の進行を食い止めることができるようになりました。
しかし、こうした最新の治療法も脳の機能を回復させるものではないので「完治」は望めません。あくまで薬を飲み続ける事で症状を抑えるための「対症療法」になります。
*医療費補助をうけることができるのは「ヤール重症度診断で3度以上の認定を受けた患者」です。この等級では姿勢反射障害や歩行障害が発生していることが条件となります。
パーキンソン病の男性

パーキンソン病の原因について

現代医学をもってしても原因の究明が出来ていないのが「パーキンソン病」です。
したがってこれから挙げる4つの原因についてはあくまでも仮説のレベルを出ていないのでその点は注意してください。

しかし、いずれもパーキンソン研究ではベースとなっている考え方になります。このように「原因が不明」であるがゆえに完治に至る治療法を確立することができないのです。
では、4つの原因について個別に解説していきましょう。

遺伝的素因説

脳神経に異常が起こる病気ですので「遺伝的な要因」が考えられています。
しかし先天的な要因であれば「高齢者に多い」ということでは矛盾が生じる事になり、若年性のパーキンソン病患者以外では遺伝以外の要因のほうが可能性としては高いのではないかと考えられています。

神経毒説

自然界には人体にとって有益な栄養素が沢山存在するのと同様に有害な物質も数多く存在しています。
神経毒」もその一つで、有効に使えば局所麻酔剤のように痛み止めや精神的な苦痛の緩和・治療に応用できますが、蓄積するとパーキンソン病のような運動障害や神経障害を引き起こすことが考えられています。

神経毒にはフグ毒やトリカブトのように動植物に含まれるタイプ、水銀やヒ素、放射線など自然界にもともと存在しているタイプ、カドミウムや光化学スモッグ、PM2.5のように重化学工業の生産活動の結果生じた合成タイプ(環境ホルモン)などがあります。
これらの神経毒の蓄積を排泄しようとするのが「デトックス効果」や「キレート効果」になります。

ミトコンドリア呼吸不全説

脳神経の機能不全として考えられるのが、細胞内に存在して脳の代謝機能を支えている「ミトコンドリア呼吸不全説」です。
人の体を構成している細胞の一つ一つには「ミトコンドリア」という物質が存在していて、この中にあるATPという物質から作り出される熱エネルギーによって代謝活動が行われています。

ミトコンドリア
ATPが熱を発するためには酸素の存在が不可欠なのでミトコンドリアが何らかの原因で呼吸不全を起こすとATPが不活性化してしまい代謝不全を起こします。
これが脳や脳神経で起こることでパーキンソンが発症すると考えられています。ミトコンドリアが呼吸不全を起こす原因としては血流障害が最も大きなものとして考えられます。
何故なら細胞の呼吸に必要な酸素は赤血球によって運搬されているからです。
したがって、このケースの場合以下のような基礎疾患の存在が強く疑われます。
  • 低血圧症
  • 鉄欠乏性貧血
  • 高血圧症
  • 動脈硬化症
  • 血栓性疾患
  • 器質性脳疾患(アルツハイマー、脳腫瘍など)
などです。

酸化的ストレス説

ストレス過多による活性酸素の過剰生産により、凶暴化した活性酸素(悪玉活性酸素)が脳細胞や神経細胞を攻撃することで生じると考えられているケースです。
この場合ごく初期の段階で発見できれば抗酸化作用の高い成分の摂取で予防・改善が可能であると考えられます。

パーキンソン病の治療薬について

パーキンソン病は原因不明の進行性疾患です。
進行性疾患とは放置しているとどんどん症状が進行していく病気で適切な治療を行わない限り良くなる事はありません。

しかし、パーキンソン病の場合「原因不明」というところがさらに病気を深刻にしています。というのも「原因不明」ということは「完治させる治療法が確立できない」ということだからです。
しかし、この病気は脳内のドーパミンという神経伝達物質の量が減ってしまうことで引き起こされる疾患だということがわかっています。したがってドーパミンを薬で補填する治療法に加え、出現している自覚症状を軽減させる薬を投与する対症療法を組み合わせた治療法がメインとなります。
それではパーキンソン病の治療で用いられる薬にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。
薬
  • L-ドパ(レポドパ製剤)

脳内に直接ドーパミンを補填する薬。パーキンソン病治療の中心的な役割を果たす薬です。ただし長期的に服用すると薬の作用時間が短くなるため、治療開始当初は少ない量から始め次第に量を増やしていく投与方法が選択されます。

(副作用として)
急性期には悪心(気分が悪くなる)があり、長期投与時には不随意運動(体が意思に関係なく勝手に動く症状)、ウェアリングオフ(薬の効いている時間が短くなり、調子の良い時と不調とが交互に現れること)、幻覚、妄想などがあります。
  • ドパミンアゴニスト(ドパミン受容体刺激薬)

ドパミンは単独で作用するわけではなく、放出されてから神経細胞とのやりとりを行う「ドパミン受容体」の働きが不可欠です。ドパミンアゴニストは少なくなったドパミンの代わりに受容体を刺激して、神経細胞に作用するというドパミンの代わりに働く薬です。作用時間はL-ドパよりも長いのですが、効き目は弱まります。

(副作用として)
急性期には強い悪心、長期使用時には心臓弁膜症、幻覚、妄想、眠気などが起こりやすくなります。
  • COMT阻害剤

レボトバの代謝を促すCOMT(コムト)という酵素の働きを阻害してレポドバの消費を抑制する薬です。レポトバ製剤と併用することで作用時間を長くしてウェアリングオフを起こしにくくする効果があります。

(副作用として)
着色尿、悪心など
  • MAO-B阻害剤

ドパミンの分解を促すMAO(マオ)という酵素の働きを阻害してドパミンの消費を抑える薬です。

(副作用として)
幻覚、妄想など
  • アマンタジン類

脳内の神経細胞からドパミンの放出を促す薬です。

(副作用として)
幻覚など
  • レポドパ割賦型パーキンソン治療薬

ドパミンの前駆体であるドパの合成を促す作用にMAO-B阻害剤を合わせた薬です。

(副作用として)
眠気、食欲不振など
  • 抗コリン薬

ドパミンの減少によって増えるアセチルコリンという物質の作用を抑える薬です。

(副作用として)
口乾感、かすみ目など
(ウェアリングオフとパーキンソン様副作用について)
パーキンソン病の治療薬の主役とも言えるレポドパ製剤(製品名:L−ドパ)を長期間服用すると体が薬物耐性を持ってしまい、薬の作用時間が短くなって効果が出ている時と切れてしまった時の作用が交互に現れる「ウェアリング・オフ」という状態になりやすくなります。
これを抑制するためにCOMT阻害剤などを併用するのですが、複数の薬を服用しなければならない分心理的負担や経済的負担が増えてしまいます。
また、副作用には幻覚や振戦などパーキンソン病で見られる症状が出る場合があるので注意が必要です。
注意

パーキンソン病とジンセノサイド

パーキンソン病の原因は今もって不明で、謎の多い病気ですが、仮説の中でも活性酸素の健康被害説やミトコンドリアの呼吸不全説などが存在していて研究が進められています。
仮説とはいえ、有力視されているのには理由があって、現に「活性酸素」や「ミトコンドリアの呼吸不全」などは確認されている現象なのです。

また、肝機能もパーキンソン病の治療では重要視されます。なぜなら神経毒説があるからです。神経毒を代謝するのは肝臓の役割です。
パーキンソン病は完治することができない難病と言われています。また進行性疾患なので薬物治療は非常に重要です。そこで薬物治療をしっかりとサポートすることで体調面をケアすることもとても大切になってきます。
抗酸化作用、血流改善、デトックス効果(肝機能のサポート)が確認されている成分といえば「サポニン」ですが、中でも「ジンセノサイド」と呼ばれる種類の成分であれば、サポニンのデメリットもしっかりカバーしているのでサポート役としては最適の成分と言えるのではないでしょうか?
サポニンのデメリットというのは摂取しすぎると毒性を示すということです。あくまで「過剰摂取した場合」という前提ですが、パーキンソン病は未だに謎の多い疾患ですからデメリットはできるだけ回避しておきたいところです。その点ジンセノサイドであれば、このデメリットがないですし、食品由来の成分ですから安全性については問題ないでしょう。
また、パーキンソン病はうつ病を合併しやすいのですが、ジンセノサイドはめぐりを調整し、覚醒作用のあるトリオール系成分を含んでいるので、うつ状態のサポートとしても和漢ではよく利用されています。

まとめ

現代医療においてパーキンソン病の治療の第一選択肢は「薬物治療」です。
ただし、対症療法がメインであり長期に服用しているとウェアリング・オフ(薬の作用時間が短くなる状態)を起こしたり、副作用への懸念が高まってきます。

そこでそれを補助する成分として和漢由来の「ジンセノサイド」が最適だと前のパートで説明したのですが、ジンセノサイドは高麗人参にしか含まれない成分なのです。和漢成分の中でもジンセノサイドの働きには化学的な裏付けもあり、高麗人参は自然食品なので安全にサポート作用を実感できることでしょう。
以 上 
PR

パーキンソン病のサポート役に安心して続けられるサプリメントはこちら

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。