女性にとって肌コンディションは年齢を重ねるごとに大きな関心事になっていきます。シワやたるみ、シミなどの肌の悩み(エイジング)は40代を過ぎると急激に増え始め、その対策は急務となります。そして、このエイジング対策として重要視されるのが「活性酸素を追い出す」ことです。なぜならエイジングとは肌細胞が活性酸素によって酸化させられることで起こると考えられているからです。
そこで思い浮かぶのが「ポリフェノール」。この成分は主に植物に含まれている色素で、植物を紫外線から守る強力な抗酸化力があることで知られています。
また、古くからオールマイティな漢方として重宝されてきた高麗人参にも活性酸素の働きを阻止するパワーがあることが判明していて、エイジングケアサプリの中にはこれらを混合しているタイプのものも見受けられ人気を博しています。確かに掛け合わせることで相乗効果が得られそうですが、果たしてそれは本当なのでしょうか?
hatena-f

スポンサーリンク


ポリフェノールの抗酸化力は人体にとって無益?

最近その高い抗酸化力から美容の世界で高い注目を集めているのが「ポリフェノール」という成分です。ポリフェノールとは主に植物の皮部分に多く含まれている色素成分で、植物の果肉や種子を紫外線のダメージから守る役割があるとされています。紫外線は毒性の強い光線で長時間紫外線ダメージにさらされるとタンパク質の内部では活性酸素が合成され、過剰につくられた活性酸素は健康な細胞を傷つけ、老化を早めてしまいます
確かに植物は過酷な自然環境で生き抜くために日差しの強いところでは色素を増やすことで紫外線ダメージからその身を守っているので、ポリフェノールには高い抗酸化力があることが確認されています。
porifenoru-f (2)
しかし、ここに大きな盲点があることにお気づきでしょうか?
ポリフェノールの持つ「抗酸化力」とは紫外線ダメージを和らげ、極力体内で活性酸素ができないようにするという役割なのです。このことはポリフェノールが皮付近に多く存在していることで理解できます。もしポリフェノールが合成されてしまった活性酸素を追い出すのに効果があるなら、皮ではなく果肉部分に多く存在しているはずです。
しかし、人の肌のエイジング対策というのは
“体内で合成されてしまった過剰な活性酸素をどうやって効率よく追い出すか”
になります。
つまり、「活性酸素の合成を予防する」効果の高いポリフェノールを沢山摂取したからといって「できてしまった活性酸素の除去には直接繋がらない」ということになります。直接肌の上に塗る化粧品ならいざ知らず、サプリメントで体内にいくらポリフェノールを補給しても思ったような抗酸化力が得られるという事実は確認されていないのです。
batsu-f

活性酸素の働きを阻止する役割以外のポリフェノールの効果と高麗人参との類似性について

一口にポリフェノールといっても実はその種類は現在確認されているだけでも数百種類以上あり、種類が違えば効果にも違いがあります。そこで、ここでは「抗酸化力以外」のポリフェノールの効果について調べていきましょう。
  • 赤ワインなどに含まれる赤い色素「アントシアニン」:肝機能の調整、心臓病や認知症のケア
  • そばなどに含まれる「ルチン」:血管強化、動脈硬化や高血圧のケア
  • ココアやチョコレートの原料であるカカオに含まれる「カカオマス」:疲労回復、ストレス軽減、ピロリ菌駆除
  • 緑茶に含まれる苦味成分の一種「カテキン」:コレステロールのコントロール、血糖値の正常化機能
  • 「ウーロン茶重合ポリフェノール」:脂肪吸収の抑制、メタボの正常化サポート
  • 「コーヒークロロゲン酸」:脂肪の燃焼、代謝向上、抗ガンケア
  • 大豆に含まれる「大豆イソフラボン」:女性ホルモンのバランスを維持、美白ケア
などがあります。
wine-porifenoru-f
ここに挙げたものはあくまでも代表的なもので、他にも植物の数だけポリフェノールは存在しているといっても過言ではありません。このことからも、ある目的を持ってそれに適したポリフェノールをチョイスし、消化吸収率を上げて摂取することである一定の健康をサポートできるということは間違いありません。
しかし実際には拮抗力(混合することでその働きを弱めてしまう力のこと)や配合比率の問題、また人体への悪影響の有無などを検証するには莫大な費用と時間を有することであり、単一のポリフェノールでは効果が限定されるという点でもメリットとデメリットの両面があると言えます。
一方古くからオールマイティな薬として漢方の世界で親しまれてきた高麗人参はどうでしょう?
こちらもポリフェノール同様、活性酸素の働きを阻止する力があることが研究の結果明らかにされています。そして、それ以外の働きについても
  • めぐりを良くする
  • 元気になる
  • ホルモンバランスの調整:女性の更年期の悩みや男性特有の悩みを緩和
  • 悪い菌や細胞と戦う
  • 肌ケア
  • 有害な菌の増殖を阻害:免疫機能の活性化
などがあることが確認されています。一見して上記の各種ポリフェノールが持つ働きのほとんどを網羅していることがわかると思います。これらが高い次元で各役割を発揮するため、高麗人参は古くからオールマイティな薬として大事にされてきたのです。
このように、高麗人参単体で複数のポリフェノールが持つ働きの多くをカバーしていることと、長年に渡りその影響力の研究が進められ高い健康維持力が立証されているので安全性についても問題はありません。

maru-f

ポリフェノールと高麗人参を併用する有用性は?

ポリフェノールについてはもともとが植物由来であり現在サプリメントで利用されているものの多くは食品由来のものですので、過剰摂取をしない限り目立った健康被害については報告されていません。一方の高麗人参についても同様です。
現在流通しているサプリメントのなかには“より消費者への訴求力を高めるため”に「相乗効果」を謳ってポリフェノールと高麗人参エキスとが混合された製品も数多く出回っています。しかし、過剰に摂取した成分については吸収されずに排泄されていくものも多いですし、重複する働きについては複数の原料を用いることへの優位性についての根拠は希薄になります。
また、複数の原料を掛け合わせることでどのような働きや副作用をもたらすかを検証するには莫大な費用と時間がかかり、そのコストは製品の値段に跳ね返ってきます。
okane-tondeiku-f
それならば、そもそも論として単一でも健康維持力の高さが確認されている高麗人参に特化した方が無駄なコストがかからずに済みますし、安全性についてもより確実性が増します。また、余計な混合物を増やして高麗人参エキスの配合量が減ったり、コスト圧縮を追求するために質の悪い高麗人参エキスを使用されるよりは、質の高い高麗人参一本にしてもらった方が商品の質としても高いものができるというのは自明の理になります。
つまりは、一見すると掛け合わせることでより影響力が高まるかのように見せかけている「混合製品」よりも、もともとそれだけで高い健康維持力が立証されている高麗人参単一の商品の方が何かとメリットは多いか、少なくともデメリットに関してはは少なくなると考えられるのです。

まとめ

サプリメントに関しては「原料数に比例して健康に対する好影響も増す」というのは完全に誤解です。もちろんたゆまぬ研究によって相乗効果が確認された有用性の高い混合製品もありますが、えてしてそういう製品はコスト高になります。また多くの成分をそれぞれ「最大量配合」しているからといってそのまま有用性を発揮するものでもなく、肝心なのはその成分が過不足なく働きかける成分バランスなのです。

こうした観点からも古(いにしえ)よりオールマイティな薬として珍重され、現代においてもその高い健康維持力が確認されている高麗人参は、歴史の浅い他の成分と混合するより単一成分で高品質のものを選ぶのが得策であると言えるのではないでしょうか。
以 上 
PR

各種ポリフェノールが持つ働きのほとんどを網羅しているのはこちらの高麗人参

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。