うつ病は進行すると自己否定が頭の中で渦巻くようになり、やがて強い自殺願望が目覚めてしまう恐ろしい病気です。また、薬物治療では依存性の高い薬が投与されるためなかなか薬から離れられず、治療は一生涯続くことも珍しくありません。

kusuri-f

うつ病は心の病ですが、脳や神経の異常でもあり、「体内のめぐり」が大きく関与しています。めぐりを良くする漢方薬として古くから重用されてきたのが「高麗人参」です。高麗人参の持つ健康への影響力は現代の研究でも立証済みで、元気になる力や生活習慣の予防ケアには絶大な働きがあるとされ、多くの漢方薬やサプリメントの原材料として用いられています。
うつ病は慢性疲労を感じやすく、またストレスの蓄積で発症する病気です。体のめぐりを良くしてくれる高麗人参は「うつ病」にも適していると考えられています。

スポンサーリンク


うつ病は国民病?いつの間にか忍び寄るうつ病の今について知る

平成14年に厚生労働省が行った調査では、うつ病の有病率(病気を発症している確率)は日本人全体の15人に1人(6.5%)の割合だということです。自分の周囲に15人(自分も含めて)いたとして、そのうちの1人はうつ病を抱えているということになります。本人も気づかない「隠れうつ」まで含めると日本人のうつ病患者はさらに増えると考えられています。一般的に国民の10%以上の人がかかる可能性のある病気は「国民病」と呼ばれます。したがって「隠れうつ」まで含めたうつ病は立派な国民病といえるでしょう。
(平成14年度厚生労働省によるうつ病関連調査より)
  • 日本人のうつ病有病率:6.5%(15人に1人の割合)
  • 精神科や心療内科など医療機関で治療経験のあるうつ病患者数:100万人以上
  • 専門医に相談した経験のないうつ病患者の割合:75%(4人に3人の割合)
この調査からも潜在的なうつ病患者まで含めると、この病気は私たちにとって非常に身近な存在であると考えられます。元来辛抱強く規律を重んじる日本人はストレス耐性が強いといわれる反面、本人もそれとは気づかずにいつの間にか「隠れうつ」にかかっている可能性もあるのです。
stress1-f

そもそもうつ病ってどんな病気?うつ病の原因と症状について

“あなたはうつ病についてどんなイメージを持っていますか?”―――こう聞かれたら多くの人が

  • だらしない
  • 怠け者
  • たるんでいるからかかる
といったネガティブなイメージを持つのではないでしょうか?実際にかつてはうつ病を「怠け病」と捉える風潮がありました。現代では「心の風邪」とも呼ばれ「うつ病患者」=「怠け者」というイメージは次第に払拭されつつありますが、それでもうつ病に対する理解はまだまだ浅いと言わざるをえません。
実際のうつ治療の現場でも患者さんからは
  • 働かないことでイライラされている
  • 働きたいけど体が動かない、でも会社を休むといつ解雇されるかわからない
  • 自分が精神病患者とみられているかもしれないということが辛い
という声をよく耳にします。こうした不安を患者にもたせてしまうほど世間一般の人にとってはうつ病が「病気」であるということに対する十分な理解が得られていないというのが現実です。その結果うつ病は隠されることとなり、少しずつ進行していき、或る日突然牙を剥きます。
うつ病も他の病気と同様、早期発見、早期治療を行えばかなりの確率で治療可能であり、日常生活に支障が出ない程度にまでは回復可能です。その早期治療を可能にするためにはうつ病のことをもっとよく知る必要性があると考えます。
それではここからは具体的に“うつ病とはなんたるか?”について説明していきましょう。
ほとんどの人にとって一番の関心事は「うつ病になるとどんな症状を起こすのか?」ということです。うつ病には「心(精神)の症状」と「体の症状」とがありますので、それぞれの症状を細かく見ていきましょう。

心の症状

  • 抑うつ気分:気分が落ち込む(特に朝が辛い)、意味もなく悲しい気分になる、憂鬱
  • 思考力の低下:集中力の欠如、仕事が手につかなくなる、些細なことでも決断ができなくなる、注意力散漫となり人の言う事が理解しづらくなる
  • 意欲の低下:今まで好きだったものに興味が持てなくなる、人との付き合いが面倒になる、世間に対し無関心になる、オシャレに気を配らなくなった、落ち着きがなくじっとしていられない、生活に張り合いがなくなってしまう

体の症状

  • 不眠:気分が落ち込む(特に朝が辛い)、意味もなく悲しい気分になる、憂鬱
  • 食欲の低下や過食
  • 慢性的な倦怠感や疲労感
  • 自律神経の不調:ホルモンバランスが乱れ、更年期障害のような症状が出る(頭痛、肩こり、関節の痛み、便秘、動悸息切れ、不整脈、多汗、火照り、圧迫感、呼吸障害など)
ochikomu-f
このように実に多彩な症状が身体中のいたるところに現れるというのが理解いただけたと思います。では、次にうつ病の原因について見ていきましょう。

うつ病の原因

  • 精神的なストレスの蓄積
  • 生活習慣病
  • 脳や神経の異常(主に血流障害によるもの)
  • 過去のトラウマ(虐待や厳しすぎる躾など)
  • 幼少期に引越しを繰り返したり、両親の離婚や再婚など生活環境が劇的に変わることで人間関係が築きにくくなる
  • 家庭内不和
などが主な原因になるとされています。

薬でも困難なうつ病対策には高麗人参が最適な理由とは?

前述したように、うつ病も早期発見、早期治療が確実に行えれば健常者と変わらない程度の日常生活を送れるまでに回復を図ることは十分に可能だと言われています。しかし、
  • 周囲や社会の無理解
  • 自分自身のうつ病に対する恐怖心
  • 自分ではそうとは気づかない「隠れうつ」
などによって日本におけるうつ病の実態は「治療が困難になるまでこじれてしまってから治療が開始される」という事態に陥ってしまっています。特に「隠れうつ」の存在が厄介で、無自覚のため治療を受けることすら思い至らないケースが多く、治療の開始が遅れてしまう原因と考えられています。では、ここで一旦「隠れうつ」について簡単に説明していきましょう。
「隠れうつ」になると主な自覚症状は前述した「体の症状」に限定されていきます。つまり、身体面の不調は感じていても、本人にとってはそれは「疲れ」や「ストレス」あるいは「加齢」などによって起こるもので、自分がうつ病だという自覚がないのです。うつ病だとわかれば精神科や心療内科にかかることも可能ですが、無自覚なのでマッサージや一般診療科の受診にとどまってしまいます。冒頭の方で厚労省の調査でうつ病患者の4人に3人が医療機関を受診したことがないと述べましたが、その大きな原因が「隠れうつ」にある可能性は十分に考えられます。
そして、こうした原因不明な身体的症状で一般的な診療科を受診した場合、症状を和らげるための対症療法が治療のメインとなります。つまり、頑固な肩こりや関節の痛みには痛み止めや湿布薬が処方される程度なのです。しかし、うつ病は「心の病」であると同時に「脳や神経の異常」であり、その主な原因は「頭部への血流障害」なので、身体的症状に対処するだけの対症療法ではうつ病の進行は止めることができず、或る日突然強い精神症状が出現し、自分では制御不能な状態に陥ってしまいます。これが「隠れうつ」の怖さです。

stress-f

無自覚な「隠れうつ」に対処するには普段から「体内のめぐり」を潤滑にするための対策が必要です。それにうってつけなのが「高麗人参」です。最近ではサプリメント等でも高麗人参を主原料とした良質なものが出回るようになりました。錠剤やカプセルを1日数回飲むだけなので簡単に「めぐりを良くする」サプリが摂取できるというのも、倦怠感や意欲の低下を伴う「うつ病対策」にとっては必要な要素と言えます。
高麗人参の持つめぐりを良くする力の影響力は特に高麗人参に多く含まれる「サポニン」と呼ばれる有用成分によるものです。

サポニンの2大有用性

  • からだのめぐりを良好な状態にコントロールします
  • 悪い菌と戦い、免疫機能を助ける働きが確認されています

saponin2-z

このサポニンが持つ2大有用性によってめぐりを良好な状態にコントロール、脳にも十分なめぐりが行き渡るよう手助けをし、また、免疫機能を活性化することによって代謝を助け、老廃物の排泄が順調に行われるようになり、次第に自律神経の働きが整えられて「隠れうつ」からくる様々な体の症状を緩和してくれます。さらに、「めぐり」によってホルモンバランスも正常になっていけば

  • 不眠
  • 食欲不振
  • 意欲の低下
  • 集中力の欠如
といった心身の症状も緩和されていくので、うつ病の総合予防対策としても適しているのです。

kouraininjin-f

また、うつ病治療で投与される抗うつ剤や向精神薬、睡眠薬などの薬は依存性が高く、一度服用してしまうとなかなかその薬から離れることができなくなってしまいます。さらに、多剤投与の影響で薬に対する耐性ができてしまい、効かなくなるとさらに強い薬が必要になっていきます(効き目が強い反面副作用も強い薬が多いので注意が必要です)。
うつ病治療では「減薬(次第に薬を減らすように治療計画を立てること)」が重要なのですが、患者さん側の不安感が強く現実的ではないという指摘もあります。薬漬けになりがちな重度のうつ病にならないようにするにはやはり日頃からの心身のケアが重要な意味を持ってくるのです。その点「高麗人参サプリメント」ならうつ病以外にもあらゆる健康面のケアに働きかけてくれるので、人目を気にせず気軽に導入できるというメリットもあります。
“薬でも治療が困難なうつ病対策には高麗人参が最適な理由”とは高麗人参が持つ「めぐり」機能と免疫機能の活性化が最大の理由といっても過言ではありません。

まとめ

ストレス社会と呼ばれる現代人にとって「うつ病」はとても身近な病気と言えます。近年の研究からうつ病は心の病であると同時に様々な身体的症状を伴う「心身の病気」であることが解明されました。人の体は「めぐり」によって全身に栄養素と酸素が運ばれるようにできています。そしてストレスには血管を収縮させる作用があります。

つまり、うつ病でもたらされる身体的な症状の原因(ストレス)と「めぐり」には深い因果関係があるのです。高麗人参に多く含まれる「サポニン」にはめぐりを良くする働きが確認されているので、うつ病のケアにも穏やかにアプローチしてくれます。
以 上 
PR

ぐっすり眠って翌朝すっきり!高麗人参の詳細

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。