現在日本ではおよそ10%の人がワキガを抱えていると言われています。しかし、これは世界的に見れば圧倒的に少ない数字です。

目を世界に向けてみると西洋人(白人)のおよそ80%、黒人は100%がワキガを持っているとされているのです。しかし、数が少ないからこそ逆に目立ってしまうもの。
また、近年ワキガに悩む人の数は女性を中心に増加傾向にあるとされていますので、今回はかかると気になる嫌なワキガにスポットを当ててその原因と対策について学んでいきましょう。
服の脇を気にする男性

スポンサーリンク


ワキガとは何か?について

ワキガは日本での正式な病名を「腋臭症(えきしゅうしょう)」と言います。飲んで字のごとく「腋(わき)が臭う病気」という意味です。

脇の下には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という二種類の汗腺(汗を分泌する器官)があり、
  • エクリン腺からはさらさらとした水分の多い汗
  • アポクリン腺からはべたつく油分の多い汗
が分泌されてきます。この二つの汗が混ざり合ってそこに雑菌が取り付き、異常増殖を起こすとあの独特の嫌な臭いが発生するのです。
ワキガに悩む人の割合は若干女性の方が多いとされていますが、これは女性の場合乳輪付近にも発達したアポクリン腺が存在しているからです。
また、脇の下以外にも性器や肛門付近にアポクリン腺は存在していてワキガと同じ仕組みで独特の臭いを発することがあります(これがフェロモンと考えられています)。このように腋以外で起こる腋臭症を「すそわきが」と呼んでいます。
前述したようにワキガはある程度原因が特定できていて、対処法や外科手術も含めた治療法も確立されています。当サイトではできるだけ外科手術に頼らない方法で嫌なワキガを改善できるよ方法を紹介していきたいと考えています。

ワキガの元凶?アポクリン腺について

悩んでいる女性

ワキガの根治術が行われる時は「アポクリン腺摘出術」が行われます。したがって、アポクリン腺がワキガの元凶のように思われがちですが、これは誤った認識です。
確かにエクリン腺から出る汗は99%水分で体温調整のために分泌される水のような汗なので流れ落ちるのも乾燥するのも速いため雑菌が繁殖しづらいのに比べ、アポクリン腺から分泌される汗には油分や内容物も多くべたつく汗で皮膚にとどまっている時間が長く、乾燥しづらいことから雑菌が繁殖しやすい環境になります。
しかし、実際にアポクリン腺を摘出する手術を受けてもワキガが治らない人もいます。また、日本人の場合多くの人がアポクリン腺があってもワキガを発症しない人もいて、その割合の方がはるかに多いのです。このことから考えてもアポクリン腺を切除すればワキガが治るというのは早計ですし、またアポクリン腺だけがワキガの原因ではないことがわかります。
では、アポクリン腺についてもう少し詳しく説明していきましょう。
全身にくまなく存在(1平方センチメートルあたりに100個以上)するエクリン腺に対しアポクリン腺は
  • 脇の下
  • 陰部、肛門
  • 耳の中(外耳道)
  • 乳輪付近
など限局的に存在している汗腺です。形状は小さなあわ粒のような汗腺がぶどうのように連なって皮膚の裏側に存在しています。アポクリン腺の線細胞はエクリン腺より大きいので「大汗腺」という呼ばれ方もあります。
アポクリン腺から分泌される汗は白っぽい色で粘り気があります。この汗の中には水分以外にも
  • 脂質
  • たんぱく質
  • 鉄分
  • アンモニア
  • 糖質
などが含まれています。たんぱく質や糖質は雑菌(主に常在菌)の餌になるためアポクリン腺から出る汗では菌が繁殖しやすいのです。
アポクリン腺内部では上記の成分が混ざり合ったのちに外的な刺激や気温の上昇、自律神経からの指令などによって崩壊し汗となって分泌されます。
ここで、誤解を生じやすいのは「雑菌が繁殖する前の汗は臭わない」という説です。エクリン腺から出る汗は99%が水分ですので分泌された直後は臭いはありません。しかし、アポクリン腺から出る汗はすでに内包物が多いのでその分臭いはします。
ただし、この臭いはワキガ独特の臭いとは別物です。したがって「ワキガ」と捉えて臭いの説明をするならもともと臭いのあるアポクリン腺の汗の中で雑菌が繁殖しその際に出す臭気にアポクリン腺汗の臭いが混ざることであの独特のワキガ臭が完成し、さらに分泌量が増えることで臭いのキツさが増すと考えるべきでしょう。
説明する医師
このことからもアポクリン腺がどれだけ発達して機能亢進が進んでいるかによって臭いの強さは左右されると考えられます。日本人は欧米人に比べるとアポクリン腺が小さく機能的にも未発達なのでワキガが少ないとされているのです。(小さい分機能亢進度合いは欧米人ほど大きくはないですが、物理的な大きさと機能亢進具合とはまた別問題なので汗腺の大きさがワキガ臭の強さに比例するというわけではありません)
このように考えると確かに汗の内部に内容物が多く、粘度が高い汗を分泌しやすいアポクリン腺を除去すればワキガは完治しそうですが、実際にはエクリン腺の汗にもわずかながら内容物は含まれていますし、分泌後に皮脂や皮脂よごれを取り込んでいくため、時間が経てば雑菌が繁殖しやすい環境になり脇の下のように汗が溜まりやすい場所では同様にワキガが起こるということは十分に考えられます。
したがって、アポクリン腺だけがワキガの原因と考えるのは間違いということになります。
現実にアポクリン腺摘出を受けてもワキガが治らず医療機関との間でトラブルに発展するというケースは少なくありません。

ワキガ臭の原因?皮脂について

ワキガ臭は汗に雑菌(常在菌)が混ざることで異常増殖起こし汗の臭いと雑菌が増殖する際に発生する臭いとが混ざり合ってあの独特の臭気物質が作られるのですが、雑菌が増殖するには餌が必要になります。

その餌となるのが「皮脂」です。
ではここでもう少しワキガ臭が発生するメカニズムを詳しく説明していきましょう。
皮脂とは皮膚を覆う脂質が酸化して薄い皮膜を作り肌を乾燥や外的なストレスから守るバリヤーの役割を担っています。しかし、長時間そこにあっては酸化が進み不都合となるので汗や表皮細胞の代謝と同時に適宜更新され古い皮脂は垢などの皮脂よごれとなって剥離していきます。
指示棒を持って説明する医師
しかし、一部の皮脂は毛穴内部に入り込んできてそこでアポクリン腺や皮脂腺から分泌される汗や皮脂の成分に常在菌の増殖活動が反応し臭いの原因となる物質を作りだします。
毛穴の中は常在菌にとって餌が豊富なパラダイスのようなものです。
このことは逆説的に言えば、いくら遺伝的にアポクリン腺の機能が亢進していたとしても皮脂と混ざり合わなければそこで原因菌が異常増殖することもないという理屈になるのです。つまり、アポクリン腺だけがワキガの原因ではないということですので対策は総合的に講じなければなりません。

常在菌について

皮脂は弱酸性を保つことで病原菌などから体を守っているのですが、この時皮脂のpHを一定の弱酸性に保つために役立っているのが常在菌の存在です。常在菌は皮脂に含まれているタンパク質や糖質を餌として活動し、増殖の際に一定の弱酸性に保つ物質を分泌しそれが酸化してpHを保っているのです。

この常在菌として一番有名なのがニキビの原因菌である「アクネ菌」です。
アクネ菌は皮脂と一緒に毛穴に侵入し、そこで汗の成分や皮脂の成分を栄養にして異常増殖を起こしニキビが発生させます。
このように適量が存在している状態ならば皮膚の健康状態を良好に保つために必要な常在菌も異常増殖を起こすと皮膚病やワキガなどをもたらす原因となります。

脱毛すればワキガが治るは誤解?

ワキガ対策として謝った認識で世間に広まっているのが「脱毛すればワキガは治る」説です。この様な誤解が生じる理由としては以下の様なことが挙げられています。

  • ワキガ臭はワキ毛を通じて拡散する
  • ワキ毛越しに汗(皮脂+常在菌)が侵入者すくなる
  • ワキ毛に異臭成分が付着しやすい
こうした理由から外科処置やレーザー脱毛で毛根ごと脱毛してしまえばワキガは治るという説が拡散していますが、上記の理由をよくご覧下さい。
脱毛はワキガの根本原因であるアポクリン腺と皮脂、そして常在菌には何ら対策は施していません。確かにワキ毛があることで臭いは拡散しやすくなりますから脱毛することで多少臭いが和らぐ様な感じはするかもしれませんが、「治る」ということはないのです。

汗腺摘出術と皮脂腺焼灼術について

アポクリン腺を取り除いただけではワキガの根本治療にならないことは前述した通りです。
しかも切開部では皮脂腺が同時に取り除かれずに残ってしまうと、皮脂腺の入り口が創部処理で塞がれてしまうことで分泌液の行き場がなくなり更に重大な皮膚病を続発するリスクがあります。

またニキビが悪化した際に行われる皮脂腺焼灼術(皮脂腺を焼いて皮脂の分泌を抑える外科処置)は皮脂腺一ヶ所に対し焼灼は一度しか行えないため、再発のリスクがあるのと同時に根治術ではなく一時的に急性増悪を抑えることが目的の処置になります。
したがって美容外科等でワキガの治療として皮脂腺焼灼術を希望する場合はこの点をしっかりと理解しておく必要性があります。

もう一つの汗腺、エクリン腺について

疑問を持つ女性

人類が持つ二つの汗腺のうち全身にくまなく配置されているのが「エクリン腺」です。その数は皮膚1㎠につきおよそ100個。そしてエクリン腺の役目はズバリ「汗を出すこと」にあります。
この場合の汗とは私たちが一般的に認識している「体温調整」のための汗です。したがってエクリン腺から出る汗の内容成分は99%が水分で残り1%にアンモニアやナトリウム、カリウムなどの成分が含まれています。
内容物の多いアポクリン腺汗とは違い、水の様にサラサラで臭いもほとんどありません。ですから、普段「汗」というのはエクリン腺汗を指していることが多いのです。
「ワキガ(腋臭症)」を病気という観点から捉えた場合エクリン腺は「脇役」となります。その理由は臭いの原因となる要素がアポクリン腺に比べると圧倒的に少ないからです。
したがって汗をかいてもきちんと拭いてこまめに着替えをして、エクリン汗が酸化して雑菌が繁殖しない様な環境にしておけば汗かきの人でもほとんど「臭う」ということはありません。
実はここが重要なポイントとなります。
私たちは「ワキガ」=「汗かき」という認識を持ちがちですが、通常の汗とはエクリン腺汗のことを意味するのであり、エクリン腺のもう一つの重大な役割が流れ落ちることで皮膚表面にある余分な皮脂汚れや病原菌を洗い流すことにあるからです。言い換えれば皮膚表面の衛生環境を良好に保つという働きです。
サラサラなエクリン腺汗は毛穴内部にも止まりにくく、エクリン汗に関しては分泌が盛んなほどニキビやワキガになりにくいということになります。
言い換えれば汗をあまりかかない人というのはエクリン腺の機能が未熟なので、鼻を近づけるとワキガ臭がしやすい環境であるということになります。(同時にこういう人は汗が拡散しづらいので周囲にはわかりづらいのですが。。。)
笑顔で説明する医者
ここまで説明してきた様に「ワキガ」とはアポクリン腺だけをなんとかすれば治るというものではありませんし、脱毛によって治るものでもありません。真の原因はどこにあるかをしっかりと見極め正しい知識をもって総合的な対策を講じることが何よりも肝心です。
もし、ワキガ治療として外科手術を選択する場合はワキガの原因がどこにあるのかをしっかりと見極めないと無駄にお金を使った上に傷跡とワキガが残るという残念な結果になりかねないのでくれぐれも慎重に決めるようにしてください。

脂汗とアポクリン腺汗対策として

ワキガ対策としてまず見過ごせないのは「アポクリン腺汗」と呼ばれる臭いが強く粘り気のある分泌液です。

アポクリン腺は「大汗腺」とも呼ばれエクリン腺の何倍もある腺細胞で構成されています。手術で摘出されたアポクリン腺の中には人の親指よりも大きなものがあることも珍しくありません。
この腺細胞の中には
  • たんぱく質
  • 糖質
  • アンモニア
  • ピルビン酸
  • 色素リポフスチン
  • 鉄分
などの血液内容物が蓄積されていく仕組みになっています。
これらの物質がアポクリン腺の中で混合し、ストレスや体温の上昇などの身体状況によって腺細胞が崩壊しアポクリン腺汗となって分泌されます。
そして皮脂腺や常在菌と反応してあの独特のワキガ臭に成るのですが、この中で「ワキガ臭」の元となる原因物質
  • たんぱく質
  • 脂質
  • 糖質
です。
主に食事から摂取されるおなじみの成分ですね。このことからも食生活がワキガにいかに深く関与しているかが伺えると思います。近年食の欧米化が進み、日常的に肉や揚げ物、高カロリー食などを食べることが増えたのもワキガ患者の増加の原因だと指摘されています。
もともと欧米人に比べ日本人のワキガ発症率が極めて低いのは主食に肉ではなく魚を食べていたからで、他にも野菜を中心とした献立が多かったからだとされています。
また、油や糖質の多い食事は肥満の元であり、同時にアポクリン腺に臭いの元となる成分が蓄積しやすくなるので「デブは臭い」という不名誉な方程式が出来上がるというわけです。

ストレスとワキガ臭

また、ストレスもワキガ臭を強める原因と言われています。

ストレスを感じている女性
自律神経は強いストレスを感知すると交感神経を活性化させ、副腎皮質と呼ばれる器官(腎臓の上にある副腎を覆う皮膜組織)からはストレスに負けないようにするためにステロイドの一種であるコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンを血液中に放出します。
コルチゾールにはストレスに対抗するためにできるだけエネルギー源や栄養素を体内に蓄えようとする作用があるので、血液中の臭い成分の元であるたんぱく質や糖質、脂質は代謝されずにアポクリン腺にも蓄積されていくことになります。
アポクリン腺汗内に内包物が多いほど比重が増し、テクスチャーもドロっとした触感になり、臭い成分も豊富なのでいわゆる「脂汗」が出やすくなります。
厳密に言えばアポクリン腺汗に含まれている内包物だけではあの独特のワキガ臭にはならないのでアポクリン腺汗の臭い=ワキガ臭ではありません。分泌された後毛穴の中や表皮で皮脂と混じり合い常在菌によって分解されることであの強い臭気となります。

ワキガ臭対策として食生活を見直してみる

皮脂腺は非常に重要な物質でありこれを意図的にコントロールするのは困難ですが、アポクリン腺汗の方は臭いの元になる物質が

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 糖質
なので、これを食事で適正量を摂取していればかつての日本人のようにワキガの罹患率は大幅に減少することになります。
したがって、肉中心の食生活を送っている人は魚や野菜中心の食生活に切りかえることで有効なワキガ対策となります。ぜひ実践してみてください。

悪玉活性酸素について

このセクションの最後にもう一つ、悪玉活性酸素の話をしておきましょう。

ストレスや肥満などで自律神経に負担をかけると脳から出る指令によりストレス対抗物質を作り出す過程で活性酸素が大量に作られてしまいます。活性酸素自体は免疫系の重要な役割を担う物質なのですが、過剰に作られた活性酸素は脂質を酸化させるという作用を持ちます。
アポクリン腺汗やエクリン腺汗の中にも脂質が含まれているので、余剰活性酸素によって酸化してしまいさらに臭いを強める原因となります(時間が経ったあとの汗の酸っぱいような酸味の強い臭いは酸化脂質が原因です)。この余剰に作られ健康被害をもたらす活性酸素の事を“悪玉活性酸素”と呼んでいます。
食生活の改善は肥満防止にもなるので悪玉活性酸素対策やワキガ対策として非常に効果的なのですが、脂っこい食事や肉食をどうしてもやめられない人はせめてストレス対策を適切に講じてワキガにならないようにしてください。

皮脂をコントロールしてワキガ臭を撃退

皮脂の主成分となるのは「グリセリン脂肪酸エステル」という物質です。あまり耳慣れない名称ですが実はとても身近な物質であり、これを主成分として作られている食品が「マーガリン」です。

びっくりマークと指
皮脂は汗の成分でもあるので、汗とマーガリンは同じ様な組成を持つ物質であると言えます。マーガリンは近年バターの代用品としてパンやお菓子を作る際にも頻繁に用いられています。ここ数年パン食の需要は増えていて日常生活の中で「グリンセリン脂肪酸エステル」を摂取する機会が飛躍的に増加しています。
つまり、皮脂の原料となる物質がたやすく摂取できる環境にあるということです。皮脂はアポクリン腺から分泌される汗と混じり合い常在菌がそれを餌として分解する際にあの独特の苦々しい臭いになります。
さらに皮脂の増加はニキビや吹き出物などの肌トラブルの原因となるので、ワキガ対策というだけでなく肌コンディションのためにもパンやマーガリンを使ったお菓子などは食べ過ぎに注意すべきでしょう。
また、「グリセリン脂肪酸エステル」は名前に酸がつくことからも分かるように“酸性物質”です。酸性物質は悪玉活性酸素を増加させる原因となりワキガ臭を強めることになるということも覚えておいてください。

良い汗と悪い汗とは?

人がかく汗には「良い汗」と「悪い汗」があります。
「良い汗」とは“サラサラしていて、かいても爽快感が残る汗”のことです。一方で「悪い汗」とは“べたついて、臭いもあり不快な感じがする汗”のことです。

一般的にはエクリン腺のかく汗は成分の99%が水分でありサラサラしていて臭いもない「良い汗」で、アポクリン腺から出る汗は油分が多くべたついて臭いがあるので「悪い汗」だという風に解釈されています。
この解釈自体は間違いではありません。が、しかしエクリン腺から出る汗も身体状況やストレスの度合いによっては臭いの元となる「悪い汗」になりえますし、アポクリン腺から出る汗が毎度毎度不快な思いのする「悪い汗」であるとは限らないのです。
その理由は血液から汗腺に供給されるミネラルのバランスと血流状態、そして活性酸素の作用によって変わってきます。
ミネラルはもともと鉱物ですので鉄にせよマグネシウムにせよ独特の臭い(重い金属臭)があります。そのミネラルは血液にのって身体中の細胞へと供給されているのですが、汗腺細胞に供給されたミネラルが作用したのちに血液側に再吸収されればミネラル成分が少ないさらりとしている上に臭いの少ない汗になります。
逆にストレスや生活習慣病、運動不足、肥満などが原因で汗腺細胞の機能が低下しているとミネラルの再吸収の効率が落ち、汗の中にミネラルが残りがちとなり汗の比重が増し全体的にベタついた感じと臭いが残ることになります。こうして悪い汗が出来上がっていきます。
–悩む女性
では次にアポクリン腺汗の方がエクリン腺汗よりも臭いが強くなりがちな原因について考えていきましょう。
通常ミネラルはアポクリン腺の汗腺を通じて毛根にたまり、それがアポクリン腺からの分泌物と混ざり合うことで「臭いの元」となる物質になります。つまり通常の状態でも臭い物質はアポクリン腺の方にたまりやすい構造をしているのです。
この時血流が悪ければミネラルの受け渡しがスムーズにいかず活性酸素が多い人は悪玉活性酸素ができてそれがミネラルを酸化させ酸味臭(酸っぱい感じの臭い)を発生させるだけでなくミネラルの再吸収を邪魔するので臭いが強くなりがちになるという仕組みになっています。
つまり、「悪い汗」を抑制するにはミネラルバランス、血流、ストレスを適切にコントロールして、汗腺の機能を正常化させることが有効な対策になるという結論になります。

高麗人参とワキガ

これまでワキガ対策として食生活の改善を説明してきましたが、どうしても脂っこい食事や肉食中心の食生活、パン食などをやめられない人もいるかと思います。そういう方のためにおすすめしたいのが「高麗人参」です。

高麗人参に含まれているジンセノサイドの働きで悪玉物質から細胞を守り、「めぐり」を改善し、ワキガの原因からあなたを守ってくれます。
ジンセノサイドの抗悪玉成分と同様の働きをもつ成分としては「カテキン」や「ポリフェノール」が挙げられますが、ジンセノサイドほど悪玉物質への対抗力は強くありません。
高麗人参
ジンセノサイドとはサポニン成分の一種で、高麗人参にしか含まれていない独自成分です。一口にジンセノサイドと言ってもその種類は現在49種類ほどが確認されていて、鎮めてくれる「ジオール系」と目覚めのための「トリオール系」という二つの異なる作用が同居しています。
そして、その時足りない栄養を単一原料で適宜補ってくれるのは数あるサプリメントのなかでも高麗人参だけだといわれているのです。
これまでワキガ(腋臭症)の原因として挙げてきたものは「めぐり」が悪くなり体が不健康な方に偏った状態ストレス過多の時に起こりやすくなります。
ところが不均衡を正常な状態に戻すためには本来は専門的な知識が必要で、場合によっては医療機関で検査を受けなければなりません。そんな時、これ一つで異なる二つの作用をもつ高麗人参ならとりあえずこれさえ飲んでおけばバランスは良好な状態で保たれるということになるのです。
また、高麗人参にはジンセノサイド以外にもビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富に含まれていて和漢の世界では「万能選手」とも「和漢の帝王」とも呼ばれて珍重されているパーフェイクト食材なのです。
あれこれ考えるのも面倒臭いし、なにより専門的なことは言われてもわからない。でもワキガは嫌。そんな人にこそ高麗人参を是非一度試してもらいたいと思います。事実、高麗人参大国である韓国や中国ではワキガの発症率は日本よりも低いというデータが報告されています。

まとめ

ワキガの治療法と対策には幾つかの選択肢があります。しかし現在根治術として行なわれているアポクリン腺の摘出術は臭いが和らぐことは確実ですが、完治に至るという保証はないのであまりおすすめすることはできません。(完治の保証がない上に傷跡が残りリスキーです)

また対策としては肉食や脂っこい食事、パン食などをできるだけ控えるように食生活を改善するのが確実な方法になります。
しかしこれらの方法が困難な場合にはせめて高麗人参を導入してめぐりを改善し体の状態が不均衡を起こさないようにしましょう。これだけでもワキガ対策としては十分有効です。
以 上 
PR

手軽に続けられる高麗人参サプリメントでワキガ対策を

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。